(公庫)特別利子補給制度

作成日:2020/04/29

新型コロナウィルス感染症特別貸付」で借入をした上で、さらに売上ダウンの場合、実質無利子に
※令和2年度補正予算の成立が前提となります

特別利子補給制度のまとめ

もくじ

1. だれが使えるのか?

2. どういう制度か?

3. いつから使えるのか?

4. 何を用意すれば良いのか?

1. だれが使えるのか?

日本政策金融公庫の「新型コロナウィルス感染症特別貸付」で借入をしている事業主が対象会社形態により条件が異なる
① 個人事業主 : 要件なし
② 従業員5人以下 : 売上-15%減少
③ 従業員6人以上 : 売上−20%減少

2. どういう制度か?

借入後、最初の3年間の利息が補給される(支払った利息が返ってくる=つまり無利息ということになる)対象になる借入上限
日本政策金融公庫の国民事業からの借入の場合・・・3,000万円
日本政策金融公庫の中小事業からの借入の場合・・・1億円
国民事業・中小事業の違いはこちら

借り換えにも対応
公庫等の以前からあった借入の借り換えも対象になります。
条件の悪い以前からある借入を見直せるチャンス。


3. いつから使えるのか?

令和2年度補正予算の成立が前提になっています。
現在国会審議中で、4月30日成立見込みです。
公庫さんでも、ほぼ確実視されているようです。

4. 何を用意すれば良いのか?

まだこの制度がはじまっていなく、申し込みをしていないので、分かり次第記入します



■総まとめ ■

無利息で借り入れができる!?普段ではうそのような話です。
コロナで大ピンチですが、有利な条件で借入をできる絶好のチャンスです。
他の制度もそうですが、予算が決まっているので、早めに申し込みが必須と思われます。

【お問合せ先】
中小企業 金融・給付金相談窓口 0570ー783183
※平日・土日祝日9時00分~17時00分