コロナ感染者が来店していたら、まず何をすべきか、美容室の初期対応例

作成日:2020/08/24

コロナ感染者が増加する中、美容室のお客様が感染していた、という事例も多くなってきました。緊急事態に瀕した場合、サロンオーナーのリーダーシップが問われます。
正解がない、経験もない中、何をどのように判断すべきか、レボルで用意している事例を紹介します。
ないことを願いますが、万が一の場合に、お役に立てればと思い書きます。
お困りの場合はご連絡下さい、個別相談におこたえします。

お客様がコロナ感染していた、どうする

もくじ

1. 保健所からの連絡、そしてオーナーの決断

2. コロナ感染者が来店してた時の6つの対応

3. 保健所から連絡があったあと、美容室はどうする?

1. 保健所からの連絡、そしてオーナーの決断

ある日突然、保健所から連絡があります

「●月●日に来店した●●さんがPCR検査陽性でした・・・」

その瞬間、頭の中が真っ白になります。

🤢 営業はどうすれば良いのか
🤢 お客様にどう説明するのか
🤢 スタッフはどうする
🤢 資金はもつのか、潰れてしまわないか
🤢 ・・・。

まず、冷静になって下さい、オーナーがパニックになると、被害が広がります
何から順に考えるべきか、実例をもとにつくったポイントを説明します☝

2. コロナ感染者が来店してた時の6つの対応

<前提>
保健所からの連絡あり・ご来店いただいたお客様でPCR検査陽性が判明

① サロンの営業
継続するかは保健所からの指示による どうやら来店のみなら営業は継続できるよう

② スタッフの出勤
保健所の指示により接触者(担当者とアシスタントなど)のみ、来店日から2週間出勤停止
保健所の指示によりPCR検査を受けられる
出勤停止中、毎日体温、体調を報告してもらう

③ 感染状況の客観的な把握
(スタッフとお客様の不安解消のため)抗体検査を実施
接触者には2個、店舗スタッフには1個ずつ送付
到着次第、全員抗体検査を実施 その後のフローは別紙にて(以下、全員陰性だったと仮定して)

④ お客様に事情を説明
●接触者のお客様について・・・感染者の来店日から現在までのお客様に連絡、状況を丁寧に説明(症状が出た場合は保健所に連絡をしてもらう)
●接触者の出勤停止中の予約について・・・事情を説明(抗体検査陰性も伝え)し、予約の変更をお願いする、後日、PCR検査の結果も出れば伝える

⑤ サロンの除菌
店内の清掃除菌 塩素系(ハイターなど)を利用して徹底除菌
オゾン機を使用して手の届かないところ、空間除菌まで

⑥ 関係者への連絡
・社内の他の店舗や本部など
・出入りのあるお取引先
・スタッフの家族
へ連絡をする

3. 保健所から連絡があったあと、美容室はどうする?

Flow1

接触者(保健所指示の施術担当者など)


Flow2

接触者以外のその他の店舗スタッフ