障がい者の方のアート利用について

障がい者の方のアート起用について

解説ページをご覧頂き誠にありがとうございます。
株式会社レボル代表の平井です。

今回障がい者の方のアート作品を起用するに至った経緯を簡単にご説明させて頂きます。
はじまりは私が一つの作品を偶然目にしたことがきっかけでした。
山下重人さんの「ギターとりんご」という作品です。
作者のことを調べると、幼少より進行性筋ジストロフィー症となり、1999年以降は人工呼吸器を使用し、指先しか動かず寝たきりの状態で、このような作品を描いていることを知りました。
その流れで障がい者アート協会さんの「アートの輪」というサービスを知り大変興味を持ちました。

美容師の仕事は目の前のお客様それぞれに感性を活かしながらオーダーメイドで似合わせていくのですから、とても難しくそして価値のある仕事です。
しかし時に挫けそうになってしまうことがあるのも事実です。
そんな時、ハンデキャップを抱えながらも創作する方の意欲からたくさんの勇気をもらってほしいと思いました。
私たちのこの活動が同時にアーティストの方たちの制作支援・認知拡大に繋がればと思います。

※直営店11店舗でも作品の掲出をしておりますので、お近くの方は是非お気軽にお立ち寄り頂きご覧ください。
https://revol.co.jp/column/modelsalon/

代表対談を行いました

看板画像で使用させていただくアーティストさんが所属されている、一般社団法人障がい者アート協会代表の熊本豊敏様と、弊社代表取締役平井伸幸が対談させていただきました。
団体立ち上げの経緯や、障がい者の方の社会との繋がりの創出に込められた想い、アートと美容業界との親和性など様々なお話を伺いました!

看板画像のアート紹介

Cherry Flow 山下重人:作

山下さんから株式会社レボルへのメッセージ

 はじめまして、作者の山下と申します。この度は日々の業務でご多忙の中、私の作品を選んでくださり、本当にありがとうございます。選定に関わったお一人お一人のご感想をぜひお聞きかせ願えるとありがたいです。

 今回の作品は、複製画による売却、ポイントカードのデザインに採用されるなど、今まで多くの方々にご好評いただいております。また新たにレボルの皆様のもとでご活用いただけることを大変嬉しく思います。私は創作に関してもまだまだ修行中の身です。今後ともあたたかく見守っていただけると幸いです。

 余談になりますが、私は個人のホームページを開設しております。その中にインスタグラムのリンクもあり、そちらには多くの新作を掲載しておりますので是非ご覧ください。
SHIGETO YAMASHITA(@shigeart) • Instagram写真と動画

 私は自身の障害に対して常にオープンマインドを心がけております。私の作品を気に入ってくださるお客様がおられましたら、ぜひ詳しくご紹介ください。作品をつうじて少しでも誰かのお力添えになれれば本望です。どうぞよろしくお願いいたします。

 また、この度は平井様のお力添えにより本企画のご発案、ご推進等を賜りまして心より感謝申し上げます。私の作品を以前からご覧いただいているとお聞きし、さらに絵をつうじた出会いに大変感動しております。

 私は幼い頃から絵画に興味があり、自分のオリジナルを大切にしながら今まで創作活動を続けてまいりました。身体的な理由でなかなか思うようにいかず、様々な葛藤もありましたが、「絵を描くこと、絵で自分を表現することの喜び」が活動の支えとなり、また様々な方々に支えられているおかげで、なんとか創作に取り組むことができております。

 私は指先のわずかな力だけでパソコンを操作しております。そのため、全ての動作が大変ゆるやかです。しかし、ウサギとカメの童話に出てくるカメのように、ようやく最近ウサギを追い越し、自分が誇れるような状況になりつつあると実感しております。これも、今まで私が絵画に捧げた情熱、私の分身ともいうべき作品を平井様に大変評価していただいたおかげと受け止めております。改めてお礼申し上げます。  大変微力ではございますが、私の作品がレボル様のご発展に少しでもお役になれることを願って止みません。今後とも末永くご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

山下重人さん

作品についての想い、制作背景

この「Cherry Flow」(2018年制作)は、宮城県仙台市内にある「三神峯公園」で花見をした際に出会った枝垂れ桜をモチーフにした作品です。私は、その桜を見た瞬間、まるで花火の「かむろ菊(花火の名称)」が花ひらいて自分に向かって垂れ下がってくるような美しさ、感動を覚えたのでした。私は夜の風景を知りません。正確には長い間、星空を見上げたことがありません。一見、その願望は叶えられるように思えますが、いちばんの望みは「一人で好きな時間に星と会話をすること」です。私にとってそんな憧れを実現できるのはキャンバスの上でしかありません。こんな桜を星空の中で花火を見るように楽しみたい……そういった思いを作品に閉じ込めて制作しました。

看板画像のキャッチコピーについて

あなたの夢、なんでしたか?

誰もが夢見て美容業界に入ってきたはず レボルの社員でも小さい頃から美容師に憧れ、入社してくる人が多いです。

レボルでは新卒入社試験で「10年後の自分」というテーマで作文を書いてもらっています 以下のような夢をもっている人がいます。
・お客様を心から笑顔にできる美容師になっている
・地元で出店するお店の店長になっている
・後輩を指導できるトップスタイリストになっている
・独立して自分のお店を持っていたい

しかし美容師の仕事は大変な面も多いです 。
仕事に慣れてくる一方マンネリしたり、思うようにいかない壁にぶつかったりして、初心を忘れてしまう人も多いのでは?
・大きく立ちはだかる課題があっても
・チャンスがなかなかめぐって来なくても
・怒られたり失敗して挫折しそうになっても

夢をあきらめず前向きに努力していれば、夢は必ずかないます。

障害でハンデを持ちながらでもアート作品で自己表現を続ける人がいます 。
寝たきりでも自分の夢を叶えようとしている人がいます 。

ハンデを言い訳にせず、自分がやりたいこと、自己表現をしている方々から勇気とパワーをもらいました。