障がい者の方のアート利用について

障がい者の方のアート起用について

解説ページをご覧頂き誠にありがとうございます。
株式会社レボル代表の平井です。

今回障がい者の方のアート作品を起用するに至った経緯を簡単にご説明させて頂きます。
はじまりは私が一つの作品を偶然目にしたことがきっかけでした。
山下重人さんの「ギターとりんご」という作品です。
作者のことを調べると、幼少より進行性筋ジストロフィー症となり、1999年以降は人工呼吸器を使用し、指先しか動かず寝たきりの状態で、このような作品を描いていることを知りました。
その流れで障がい者アート協会さんの「アートの輪」というサービスを知り大変興味を持ちました。

美容師の仕事は目の前のお客様それぞれに感性を活かしながらオーダーメイドで似合わせていくのですから、とても難しくそして価値のある仕事です。
しかし時に挫けそうになってしまうことがあるのも事実です。
そんな時、ハンデキャップを抱えながらも創作する方の意欲からたくさんの勇気をもらってほしいと思いました。
私たちのこの活動が同時にアーティストの方たちの制作支援・認知拡大に繋がればと思います。

※直営店11店舗でも作品の掲出をしておりますので、お近くの方は是非お気軽にお立ち寄り頂きご覧ください。
https://revol.co.jp/column/modelsalon/

代表対談を行いました

看板画像で使用させていただくアーティストさんが所属されている、一般社団法人障がい者アート協会代表の熊本豊敏様と、弊社代表取締役平井伸幸が対談させていただきました。
団体立ち上げの経緯や、障がい者の方の社会との繋がりの創出に込められた想い、アートと美容業界との親和性など様々なお話を伺いました!

看板画像のアート紹介

動物達が使える猪 のっち:作

のっちさんプロフィール

 沢山の人に自分の描いた絵を見て貰いたいです。水彩画から、始め、今はアクリル絵の具を使って大好きな動物を、思いのまま描いて居ます。

のっちさん

作品についての想い、制作背景と作品をご覧頂く方へのメッセージ

猪の中に大好きな動物を描くこと、色を考える事を、楽しみながら、仕上げました。
この作品も、障害者と言う事を言わず、一般の方に混じって展示して頂いた結果、秀作を頂き、皆さんに楽しんで見て頂きました。
その気持ちのまま、再度楽しんで見て頂けると嬉しいです。

看板画像のキャッチコピーについて

鏡越しに見るたくさんの笑顔 それが私のやりがい

誰もが夢見て美容業界に入ってきたはず レボルの社員でも小さい頃から美容師に憧れ、入社してくる人が多いです。

レボルでは新卒入社試験で「10年後の自分」というテーマで作文を書いてもらっています 以下のような夢をもっている人がいます。
・お客様を心から笑顔にできる美容師になっている
・地元で出店するお店の店長になっている
・後輩を指導できるトップスタイリストになっている
・独立して自分のお店を持っていたい

しかし美容師の仕事は大変な面も多いです 。
仕事に慣れてくる一方マンネリしたり、思うようにいかない壁にぶつかったりして、初心を忘れてしまう人も多いのでは?
・大きく立ちはだかる課題があっても
・チャンスがなかなかめぐって来なくても
・怒られたり失敗して挫折しそうになっても

夢をあきらめず前向きに努力していれば、夢は必ずかないます。

障害でハンデを持ちながらでもアート作品で自己表現を続ける人がいます 。
寝たきりでも自分の夢を叶えようとしている人がいます 。

ハンデを言い訳にせず、自分がやりたいこと、自己表現をしている方々から勇気とパワーをもらいました。