サロン様のオンリーワンパートナー株式会社レボル

「美容室の組織化」について 幹部育成、権限委譲、多店舗経営

担当 / 営業部MGR  佐藤雅也


先日、5店舗経営の美容室のミーティングに参加させていただいた時に感じた「美容室の組織化」について、今回は述べさせていただきます。
 

弊社もそうですが、店舗が増えてくると、店長、マネージャーという役職が出来てきます。

特に多店舗展開していくにあたっては、幹部教育や後継者育成が大切であり、その為に弊社でも、店長の仕事を学んだり、オーナー・経営者の仕事を学ぶ機会を設けています。

 

もちろん、学ぶ機会だけでは育成にはなりませんが、機会を設けてコミュニケーションをとることで、少しずつでも、お互いの立場での役割を認識出来ていくと思いますので、継続していく必要があります。

 


 

ここで述べたい点は、「店長」の仕事を伝える場面はあるものの、自社の組織を伝える場面はあまりないということです。

 

■そもそも組織とは何か?

簡単に言うと「目的を持った人の集まりが組織」で、人の集まりは「集団」です。組織は何かの目的があり、目的を果たす為の役割を持つ集団です。ですから、組織がどうなっているかを理解する事で、よりその役割が理解出来、生産力が上がると思います。

 

そもそも、美容室に組織は必要なのか?

一人の美容室であれば、当然必要ありませんが、二人以上であれば組織になり、組織という認識を持つ必要があります。

 

組織の3要素があります。

①共通目的

②貢献意欲

③コミュニケーション

 

もう少し、噛み砕いてお伝えすると、共通目的を持つことが必要です。ただ、共通目的ですので、組織のスタッフ全員が目的を理解しなければなりません。その為には、コミュニケーションが必要です。会話により関係性を築かなければ、本当に考えていること、思っていることが正確に伝わらず、共通目的を持つことができません。共通目的を持ったら、それを達成する為に貢献することです。目的が理解されていれば、貢献する意欲も産まれます。組織を理解し行動出来る事で、個人の成長も会社としての成長も出来ると思います。

 

■名ばかり店長

私が美容業界に入って感じた疑問が組織絡みでありました。オーナーがお店に現役でいるのに、店長もいます。店長の仕事ってなんだろうって思っていました。ちゃんと権限委譲されているなら問題ないですが、多くのお店はそうじゃなかったので、やりづらいだろうな、と思っていました。


ここも組織の問題として先ほどの3要素が出来ていれば問題ないのですが、なかなかそうはなってないのも現状です。形の役職ではなく、組織を考えてもらう事で、目的を再認識出来、会話をすることが出来て、みんなで頑張っていければ、まだまだ向上出来ると思います。

 

いろんな縁で一つの会社、美容室に入ったのであれば、ぜひ盛り上げていく為に、組織を考えることも取り組んでもらえると、幸いです。

 

ちなみに、掻い摘んで述べましたが、上記のお話は全て、美容室の店長さんが話されていた内容です。私も勉強になりましたが、同じ美容師の店長さんのお話ですので、参考にしていただけたらと思います。

関連記事

新着記事

  • 「美容室の生産性アップ」 フロント・受付・アドバイザー・清掃スタッフの活躍、育成

    担当 / 取締役 副社長 平井伸幸 …

  • 女性客を増やす為の考え方 美容室メンズ比率、ターゲット設定

    担当 / ブランド開発部 MGR  佐々…

  • 「美容室の組織化」について 幹部育成、権限委譲、多店舗経営

    担当 / 営業部MGR  佐藤雅也 …

サロン様 interview

400万 ⁄ 月 達成

売上も上げながらスタッフの成長も同時に考えられるレボルシステム導入で他店と差別化できる経営の仕組みができました。

当初売上 400万 ⁄ 月 

売上も上げながらスタッフの成長も同時に考えられるレボルシステム導入で他店と差別化できる経営の仕組みができました。

レボルに出会う前は、どう売上を上げるか、スタッフをどう教育するか今から…続きはこちら▶

各種ご案内

募集!!

取引ディーラー様

・新しい商材を探している

・お客様の売り上げに貢献したい

・個人独立代理店もOK

コンテスト

ビジネスモデル

公式通販サイト