fbpx

サロン様のオンリーワンパートナー株式会社レボル

SDGsの達成のためにレボルとしてできること

私たちレボルと武蔵野銀行川口支店(野口一郎市支店長)は、同行の「むさしのSDGsみらいのちから」を活用し、同市川口市立飯塚小学校の教育支援に役立ててもらおうと同市にデジタルカメラ4台を寄付しました。
 
写真:右から平井伸幸社長(株式会社レボル)、小堀壮一校長(飯塚小学校)=川口市立飯塚小学校

弊社は SDGs 活動、CSR 活動を通じて、地域の「未来」を応援し、「絆」をつくり、地域社会の繁栄を目指してまいります。

野口支店長とともに同市飯塚小学校を訪れた同社の平井伸幸社長は「小学校3年生の子供がお世話になっている地元の飯塚小に少しでも貢献するとともに今美容師のなり手が少なくて美容の仕事を知ってもらうきっかけや美容の会社を知ってもらうきっかけに子どもたちに何かできればということを考えて地元の小学校へ寄贈したいという思いになりました。デジタルカメラは子どもたちの記憶が残っているものに使っていただきたい」と話し、目録とデジタルカメラを手渡した。

川口市立飯塚小学校(小堀壮一校長)は、「今、子どもたちの図工の学習などでは、自分が撮影したものなどをコラージュするような活動もあるのです、子どもたちにどんどん使わせてこれからのIT化も進んでいく世の中で活躍できる子どもたちに育てて行きたいと思うので寄与していただいたデジタルカメラを活用させていただきます。」

写真:右から野口一郎市支店長(武蔵野銀行川口支店)、平井伸幸社長(株式会社レボル)、小堀壮一校長(飯塚小学校)=川口市立飯塚小学校

レボルは経営理念でもある「美容業を通じて、経済社会に貢献する企業である」のもと、少しでも幸福な安定した暮らしを継続するためにできることから応援し、社会・業界・地域に貢献する企業に努めてまいります。

 

■SDGsとは
2015年9月に採択された、17の開発目標から成る「SDGs(Sustainable Development Goals;持続可能な開発目標)」です。17の目標は、「貧困をなくそう」「質の高い教育をみんなに」「気候変動に具体的な対策を」など世界の人が取り組むべき課題が示されたもの。徐々に日本でも浸透し、企業やNPO、学校現場などで様々な取り組みが行われています。



SDGsの目標を達成するために何ができるか、私たち一人ひとりが考え行動することが求められています。

新着記事

  • SNSでレボルの最新情報、お役立ち情報を発信

    いつもレボルをご愛顧いただきありがと…

  • プレスト西新店の取り組みがテレビに紹介されました

    【美容室×飲食店緊急コラボ企画】 “き…

  • フジテレビの「日曜報道ザ・プライム」で当社の取り組みが紹介されました

    6月14日(日)フジテレビの「日…