fbpx

サロン様のオンリーワンパートナー株式会社レボル

美容室SOL様 3月9日OPEN (宮城県大崎市)

もとレボル社員の中村直さん、月子さんが独立し、地元の宮城県で美容室をOPENしました!美容室SOL(ソル)様です! 応援よろしくお願いします。
photo



中村直さんは、レボルでは東京の直営店ライズの店長、福岡のプレスト八田店の店長を経験し、2年前に宮城に戻っていました。

地元の美容室で2年勤務しながら、独立の準備をして、今回独立にあたり、レボルシステムを導入し、3月9日にOPENになりました。

仲間の独立をレボル全体で支援し、地元でナンバーワンの美容室になってもらいたいと思います。

 
美容室SOL(ソル)
宮城県大崎市古川駅東4-1-20
TEL 0229-25-3881
営業時間 9時~18時30分 毎週月曜・第3日曜定休
 

■ 被災地での新規OPENにかける想い

OPENにあたり、久しぶりにレボル本社に来てくれた中村さんに話を聞かせてもらいました。

地元に戻り美容室で働き感じたことは、①集客が難しい ②平日と土日の差が激しい ③スタッフの働く環境が悪い、離職が激しい。という事です。

独立にあたり、「売上UPの明確な戦略が必要」だということ、「環境を整え、スタッフを教育する仕組みが必要」だということを感じました。レボルの直営店で当たり前にあったことが、いかに重要か、あらためて感じました。店長経験まであっても、オーナーになるという事は全く別物。お客様に来店いただける事のありがたみが本当の意味でよくわかりました。まずは集客に力を入れ、カラー会員様を増やすことに全力投球します。スタッフを増やし、はやく2号店をつくるのが目標です。

 

■ オーナーになる覚悟

久しぶりに会った中村さんは、すでにオーナーの顔つきになっていました。最近ではどの地域であっても、新店をオープンしても、昔のような集客力が望めないのが現状です。まして被災してしまった東北地方、宮城県では、その不安さが想像以上なのでしょう。

そこで、何と言っても「オーナーの覚悟」が成功の秘訣だと思います。集客が難しいといくら嘆いていてもお客様は来てもらえません。ポスティング、ハント、紹介など自ら動いてお客様に自店のことをまずは知ってもらう。オーナー自らが本気で集客活動を行えば、まだまだ新規客を呼ぶことができます。近隣のお客様は自店のことを知らないだけ、または他との違いがわからないだけなのです。

レボルシステムでは、カラー会員様をメイン顧客と考えます。周期が短いため年間で考えると、一般の美容室の2倍~3倍来店頂けます。逆にいえば新店OPENの際、カラー会員様が獲得できるのであれば、集客するカルテは1/2~1/3でよいといえます。

1~2人サロンが全国的に増えています。少人数だからこそオーナーのマンパワーでなんとでもなります。覚悟を決めて集客をいやがらず取り組めば、すぐに結果につながります。

中村さんからはその覚悟を強く感じました。チラシの作成も一緒にしました。

OPENが成功することを楽しみにしたいと思います。

新着記事

  • ロンドンから日本初上陸!巻かないパーマがメディアに紹介されました

    【巻かないパーマ「カールフォーマー」Cu…

  • 【コロナ感染対策】オゾンで空間除菌POP・ポスターテンプレート(無料ダウンロードOK)

      当社直営美容室では、…

  • 役員人事についてのお知らせ

    お客様各位 いつもレボルを…