2022パーマ比率アップ!ワインディングコンテスト

レボルではパーマ技術の向上を目的とした「ワインディングコンテスト」を毎年開催しています。
次代を担う美容師、学生の方へ努力目標を提供し、技能の重要性と必要性を理解する機運の醸成を図ります。

あなたも“パーマに強い美容室”を目指してみませんか?

今から50年以上前、私が子供だった頃、母親は
「これからパーマ屋さんに行ってくる」
と出かけました。
あの頃は、どこの家でも“パーマ屋さん”と言い、美容室とは言っていませんでした。

35年程前、私が美容業界に入った時もまだ“パーマ屋さん”という言い方は残っていました。
当時は50%以上のパーマ比率を維持していたサロンさんは多かったと思います。
サロンさんに伺うと、使い捨てペーパーは無く、山のようなペーパーを伸ばす手伝いをしながら商談をした記憶があります。

それが20年程前から、カリスマ美容師の台頭や、カラーブームと共に、パーマ客の減少が目立ってきました。
近年では10%以下のパーマ比率のサロンさんが多く目に付きます。
当社では美容師の技術向上の為、ワインディングコンテストを毎年開催しています。

パーマ比率アップ!ワインディングコンテストより

ワインディングコンテスト

株式会社レボル主催で、毎年1回地方予選を全国で開催し、本選を東京で行っている30年以上の歴史がある大会です。
2022年はコロナの影響で全国規模での開催は中止し各エリアごとの開催を実施しました。

実践に近いワインディング技術向上を目的に
「早さ、綺麗さ、正確さ」を競う大会です。
5分巻き部門、バイアスロン部門(全頭巻き)、ペアワインド部門(2人巻き)があります。
①5分巻き-ジュニア部門・シニア部門-
5分間で「速く、綺麗に、正確に」ワインディングできたかを競います。

②バイアスロン
上記の5分巻きに加え、リーゼント巻き(全頭巻き)を20分以内でして総合点を競います。
※2022年度はコロナ渦 の為、特別ルールで開催。

③ペアワインド
2人1組で全頭リーゼントを15分以内に巻く競技です。
※2022年度は開催いたしませんでした。
【5分巻きとは?】
全頭を全て11cmにカットしたウィッグを10mmロッドのみで巻き、5分という時間の中で、いかに「速く・綺麗に・正確に」巻けるかを競うものです。
連続で2回(ウィッグ2体)の5分巻きを行い、良い方を自分で選び、審査します。

採点方法は、巻いた本数×5点を
①総得点とし、そこから1本ずつ
②スライス 
③毛束の面と両サイド 
④輪ゴムの収まり方 
⑤ロッドの収まり方 をチェック、
基準を満たさない場合はそれぞれ1点減点します。

①から②~⑤の減点合計を引いた得点が最終得点です。
(せっかく早く巻いても②~⑤すべて減点の場合は1点しかポイントになりません。)
ちなみに、予選通過基準は5分間で25本以上です。
☆コンテストは無料で入場・見学できます。サロンオーナー様、美容師の皆さん、美容学生の皆さん、ぜひお越しください。

令和4年度 第31回ワインディングコンテスト 結果発表!

【第31回大会概要】

日程程
2022/5/16~6/27

会場
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため各店舗、各学校で実施


■ 5分巻き 結果 シニア部門

順位サロン名氏名点数
🥇1プレスト川口店野入 和樹179
🥈2SUPER CUT 富雄店時松 幸176
🥉3美容室コモド店永村 政四郎174
4プレスト川口店辻 なつみ170
5プレスト西新店西村 真由美165
6Canaria松尾 愛美162
7プレスト川口店遠藤 剛159
8プレスト八田店田中 夕貴155
9HAIR MAKE POUSSE上田 雄也151
10SUPER CUT 富雄店松田 隼人147
🥇1位
プレスト川口 野入 和樹
正直優勝出来るとは、思っていなかったです!

去年からの1年間で尊敬する3人の先輩が退社されてしまい、
少しでも先輩達近づけるように、
毎朝遠藤さんや渡部と一緒に楽しくお互いに刺激し合いながら、練習に取り組めたことが大きな要因かなと思います!

今回、各店舗開催のため、
大きな会場で表彰台に登れなかったということは、とても悔いが残りますが、来年は、実会場で表彰台に登れるよう、他の種目も頑張ります!
🥇2位
SUPER CUT 富雄店 時松 幸
長年チャレンジしてきてやっとベスト3に入れて嬉しいです。 

実は今回でワイコンは引退しようかと考えていましたが、今回の結果をみて去年よりも成長していたので優勝目指して頑張ろうと思います。 

私にとって五分巻きは非常に大切なものなのです。 

「40代でもまだワインディングの練習してんの?」と、言われることもありますが、年齢と共に自分の体が変化していく中で基本を見直すにはとても良いです。 

姿勢ってカットもワインディングもなんでも大切で、自分のやりやすい様にクセがついてくると肩や腰を痛めることもあるし、肘の角度はカットにも通ずるので正確さを確認するのにはとても良いです。 

スライス、シェープ、ステムの角度、ラバーなど、5分巻きでトレーニングする事で実際のパーマをかける時に手触り、ツヤ、仕上がりが変わります。40本綺麗に巻けるレベルになると巻き方のクセが無くなり、よりオゾンパーマの仕上がりに変化が出てくるので楽しくなる。なので、大切な基本トレーニングだと私は思います。  

後、若いスタッフと切磋琢磨して練習する事も、私にとって良いコミュニケーションになります。40本綺麗に巻く!と目標を決めてコツコツ練習してる後輩を応援して、やってみせたり、動画撮って客観的に見てもらったりして一緒に取り組む事で、成長していく姿を見るのが楽しいです。実際にお客様を2人巻きして仕上がりが良いと一緒に喜ぶ、また練習する意欲が出てくる、という感じです。 

共通の目的がある事でスタッフ皆と一緒に頑張れます。 
また来年のワイコンもチャレンジしようと思います。 
ありがとうございました 
🥇3位
美容室コモド店 永村 政四郎
3位という結果は正直悔しさが残ります。この悔しさは心のどこかで「今日の練習はこのくらいでいいか」と手抜きをしていた自分自身に対してだと思います。特に五分巻きは1日に何時間も巻くよりも、毎日コツコツ続ける事が大事だと感じています。
その毎日コツコツ練習するという大事な事が出来ていないとまた来年も優勝する事は出来ないと思うので、改めて五分巻きに向き合えるように日々精進していきます。 

来年こそは表彰台の1番高い所に立ちます! 
🥇4位
プレスト川口店 辻 なつみ
5分巻4位、バイアスロン5位に入賞出来てとても嬉しいです!ありがとうございます。 

この大会に向けて沢山練習をしてきたので、形になって良かったです。去年より順位は下がってしまったんですが、点数は上がっていたのでそこも良かったです! 

ただ、まだまだ実力不足だなと感じる部分もあるので、来年は今年より更に点数を上げられるように、また優勝出来るようにもっと頑張りたいと思います。 

そしてお客様に早くて綺麗な技術を提供出来るように頑張ります!
🥇5位
プレスト西新店 西村 真由美
初めて入賞できて嬉しかったです!
加来さんと鬼塚さんから教えていただいた練習方法のおかげでめきめきと成長できました。
それでも本番では緊張して手が震えてしまい、すべての力を発揮できなかったのが悔しかったです。
改善するところがまだまだたくさんあるので練習して営業にも繋がるように技術を身につけていきます。
毎日練習する事の大事さとやり続ければ報われるという事実を知りました!

■ 5分巻き 結果 ジュニア部門

順位サロン名氏名点数
🥇1カナリア常滑店桐畑 美佑114
🥈2プレスト志井店岩佐 羽純96
🥉3プレスト川口店箱崎 優吏90
🥇1位
カナリア常滑店 桐畑 美佑
自分がコンテストで入賞するとは思っていなかったのでびっくりしました。
何かで優勝した経験は一度も無いような気がするので、いい経験になりました。
毎日営業終わりにコンテストに向けて練習をしていましたが、初めの頃は学生時代の巻き方しかやったことがなく、コームのテールを使った方法でした。
大会ではこの巻き方は使えないと知らされたときはもう無理だと思いました。なぜなら学生時代に指巻きが出来ず諦めたことがあったからです。
ですが、毎晩練習を続けていると、気づいたら本数を気にするようになっていたり、本数も初めはどんなに早く巻いても17本が限界だったのがどんどん大きな数字になっていき、目標をクリアしていく事の嬉しさを実感することが出来ました。 

今回は結果が思っていた以上についてきてくれましたが、ついてきてくれない事もあると思います。そんな時でも今回学んだ嬉しさを思い出して頑張りたいと思います。 
🥇2位
プレスト志井店 岩佐 羽純
入社してからすぐのコンテストで不安や緊張もありましたが、入賞することができてよかったです。 

先輩方が時間を作って練習を見てくださったり、他の店舗の同期の人とのリモートレッスン、営業前と営業後の自主練で少しずつ本数を巻けるようになりました。今回のコンテストで練習の成果が結果として出て嬉しかったです。 

まだまだ苦手な部分が多いので、営業で使える技術にするためにバイアスも含め、コツコツ練習を重ねて成長していきたいです。

■ 5分巻き 結果 スクール部門

順位サロン名氏名点数
🥇1福岡理容美容専門学校北林 航137
🥈2あけぼの学園高等学校鈴木 こころ135
🥉3あけぼの学園高等学校上田 かお128

🥇1位
福岡理容美容専門学校 北林 航
今回コロナ禍で大変な中、大会を実施していただきありがとうございました。
昨年は、校内の中でも良い結果を残すことは出来ませんでした。
来年は絶対、優勝したいと思い、日々、朝と放課後の練習を地道に行ってきました。
しかし、練習をしてもうまくいかず何度も挫折しそうになりましたが諦めず努力した結果が出たと思います。
この経験を通して、努力することはもちろん研究、探究心を持ち楽しみながら練習をする事などを新たに学びました。最後に、今大会に携われた方々や学校の先生方、友達、親への感謝を忘れず、これからも沢山のことに挑戦していきます。有り難うございました。 

■ バイアスロン結果

順位サロン名氏名点数
🥇1プレスト志井店瀧 知子312
🥈2プレスト西新店西村 真由美306
🥉3美容室コモド永村 政四郎305
🥇1位
プレスト志井店 瀧 知子
この度、バイアスロン部門で優勝できてとてもうれしいです。

今回コロナの影響もあり、誰かと一緒に練習する事が難しかったですが、動画や写真の添削など活用出来たこと、合同で練習出来た時は、今までよりも刺激になりました。
これからの営業に生かしていきます。ありがとうございました。
🥇2位
プレスト西新店 西村 真由美
2位という結果で嬉しさと悔しさがこみ上がりました。
バイアスでもたくさんの先輩にアドバイスをいただいて、修正しての繰り返しでした。
本番でも練習のように出来てたら…と反省です。
それでも2位になれて嬉しいのと感謝の気持ちでいっぱいです!
私1人の力ではここまで成長できてなかったし、パーマが楽しい!と思えたのは本当に先輩方のおかげです。
もっと上手くなる為にはまだまだ練習が必要なので怠らず励んでいきます!
🥇3位
美容室コモド 永村 政四郎
五分巻き部門、バイアスロン部門で両方1位を狙って取り組んでいましたが、結果的にどちらも3位で終わってしまった事はすごく残念でした。
中々届きそうで届かないのがもどかしい反面、だからこそやり甲斐があると感じます。
バイアスロンの上手さはお客様のワイディングの仕上がりに直結するので、いかに営業中にお客様のことを考えて巻いているかどうかがつ上手い人だと思います。
来年こそ1位目指して頑張ります。 

関連記事