サロン様のオンリーワンパートナー株式会社レボル

記事一覧

  • 自店のこだわりはお客様に伝わっているのか

    2016年06月28日

    売上UP

    リーズナブルサロンにはお客様が入っています。カット専門店に加え、カラー専門店も目立ってきました。 自店はお客様からどう見えているのか、ここがポイントと考えます。 ■ 競争激化で、低価格の流れに 美容業界も他業界と同様、競争激化により専門店化の流れが顕著になってきました。 「カット専門店」「カラー専門店」が好立地に乱立。 QBハウスの女性向けブランド「FaSS」(カット+スタイリング…

  • パーマ提案率を上げよう

    2016年06月18日

    売上UP

    第26回レボルワインディングコンテスト本選が6月14日無事終了しました。 ご参加頂いたみなさまありがとうございました。 これを期にパーマを見なおしてみましょう。 ■ ワインディングコンテスト 今年は「5分巻き」部門にジュニア、シニアに加え「スクール部門」を新設しました。 また「フォトコンテスト」もテスト的にはじめました。 今後も新たな取り組みも加え来年27回目を企画していきたいと…

  • 店販が売れるスタイリストになろう。

    2016年06月13日

    売上UP

    店販が売れるスタイリストは、指名が多く、単価も高く、結果技術売上も高いスタイリストがほとんどです。 店販売上は提案している証拠であり、お客様に“YES”と言ってもらえている証拠です。 ■ はっきりと「目的意識」持っていますか 店販へ苦手意識がある方が多いと思います。 まず、なぜ店販をすすめるのか、自分のぶれない目的意識を持ちましょう。 それが持てれば、多少お客様に断れようが、失敗…

  • ディズニーから学ぶ 集客と単価

    2016年05月09日

    企画・販促売上UP

    ディズニーが先月から入園パスポートを値上げ、年間来場者数を大幅に減らす計画はなぜ? ■ 絶好調なディズニーの取り組み レボル社員にもディズニー好きがたくさんいます。 若い美容師が多いですが、中には年に4~5回行くというとスタッフもいて驚かされます。リピーターに飽きさせないテーマパークの改良、価値向上を常に行い、固定客を増やし続けているからなのだと思います。 投資という点では、トイ…

  • 小さな美容室の戦い方

    2016年04月27日

    売上UP

    「グローバル化」がすすむと、逆に「ローカル化」もする。中小の美容室の戦い方のヒントが。 ■ キリンビールが47都道府県、「ご当地ビール」 キリンビールが5月から47都道府県ビールを発売します。地域ごとに地元の著名人や飲食関係者に集まってもらい、どんな味にするか一つ一つ決めています。たとえば 東京づくり・・・フルーティな香りのポップを使いすっきりとした都会的な味わい(都会的ってどんな…

10 / 11«...91011

新着記事

  • 美容師の技術力アップ、感性アップに!レボルフォトコンテスト

    担当 / 店舗運営武 MGR 永澤 瞳 …

  • 飲食業の繁盛店から学ぶ!美容室のこだわりメニュー 顧客感動

    担当 / 代表取締役 社長  橋口 禎友…

  • 美容室の客数減少へ問題解決!カラー会員制度の提案!

    担当 / 取締役  中村文男 …