fbpx

サロン様のオンリーワンパートナー株式会社レボル

コロナ渦でも美容室の売上を安定させる秘訣!「次回予約」の増やし方教えます

売上UP

2020/08/31

担当 / 店舗運営部 GM  外越 雄喜  


コロナウイルスの影響で美容室の営業形態は変わりつつあります。

レボルでは約14年前から次回予約を推薦してきました。

当時はまだ予約“優先”制で、前日までのお客様からの予約電話を、待っている状態でした。時には、お客様へお電話代として10円を差し上げるというサービスをしていたくらいです。

そんな時代から次回予約に変更をした時にかなり大変でしたが、今では直営美容室の次回予約率は80%を超えています。今日は次回予約について話して行きます。
 

目次————————

(1)  次回予約ができていない時の美容室の状態

(2) 次回予約を取り始めた本当の理由

(3) 次回予約のメリットとデメリット

(4) 次回予約を80%にするポイント

—————————–

 


 

 

(1)次回予約ができていない時の美容室の状態

 

① お客様からの電話待ち

 

特に平日は暇な時間が多くお客様からの電話を指くわえて待っていました。アシスタントは、掃除や片付けなどして時間をつぶす。

お客様が居な時間帯でも時給は発生します。もったいない!

 

② 土曜日と日曜日に集中する

 

私は、当時1号店の店長をしていましたが、後から聞いた話ですがなんと月の総売り上げの8割を土日で稼いでしました。当然お昼なんて食べている暇なんか有りませんでした。

馬車馬のようにお客様を回していました。当然余裕が有る時よりクオリティーは下がっていたと思います。

 

③ 忙しい時に電話が鳴る

 

平日に忙しい時も有りました。そんな時はに限って電話の嵐です。新規客が欲しいあまりバンバン予約を取りました。

 

当然休憩やお昼そして終わる時間なんてお客様中心だから19時を過ぎて当然でした。結果付いていけないスタッフ(アシスタント)は、離職していき上手く回らない状況でした。今では新規客以外の電話はほとんど鳴りません

 

④ 毎月の売り上げが不安定

 

年間で忙しいのは3月4月・7月8月・12月この月は繁忙期なので何処の美容室も忙しい月です。ただ他の月は、暇なんです。次回予約はお客様時間を守りながらスタッフの時間も守っています。1番は毎月の売り上げ見込みが想定できる事です。

 

 


 

 

(2)次回予約を始めた本当の理由

 

2008年までは普通のお店と変わらない予約優先制をうたっていました。1週間前の予約をお客様へ伝えて誘導していましたが、前日予約や当日予約も受けていました。

 

次回予約の取り組みがなかなか進まない中、当時の社長が急に完全週休2日制を全体会議で発表しました。

 

当時のレボルの社風は、「仕事一筋休むなんて絶対にありえない!」でした。

世間での週休2日制の話は少し耳に入っていましたが、社長が許さないと社員全員が思っていたら急に「完全週休2日制にします!」と言われ皆目が点でした。

 

そして、同時に美容師の評価システムの一新です。今までと違い歩合制から職能給(固定給)に変わりました。

 

それからです!!スタッフが次回予約を集中的に取り始めました

それは、自分のお客様に迷惑が掛からないようにする為でした。

 

週に2回も休みが増えるとお客様が好きな時に連絡をしても担当スタッフが居なく自分の数字も落ちてしまうからです。

 

それまで20%そこそこだったのが急に60%そして今では80%を超える所まで来ました。スタッフの意識改革に火が付いた瞬間でした。

 

社長はそこを見越していたのかは、分かりませんがベストタイミングだと思いました。

 

 

(3)次回予約のメリットとデメリット

 

≪メリット≫

  • お客様の時間を大切に出来る

  • 朝のうちにお客様の準備が出来る

  • スタッフの休憩が取れる

  • 計画通りにお店が回って効率が良くなる

 

≪デメリット≫

  • お客様が次回の日程を決めるので変更が最初は有る

  • スタッフの技術を上げないと新規が取れない

  • 次回予約を取らなかったお客様が電話での予約が取れない

 

どんな事でもメリットやデメリットは有ります。ただ、こんな時代です。美容室は今後変わって行かなければなりません。新しい事をやって行くと最初は反発がありますが、結果レボルの直営店は次回予約で売上が安定し、そしてお客様もご納得して頂いていると思います。

 

 

(4)次回予約を80%にするポイント

 

① セット面に小さなカレンダーを用意する

 

② 受付に大きな予約表を作成する

 

③ 予約のポップを作る

 

④ スタッフが絶対に取る気持ちにさせる

 

実際のやり方はレボル営業にお聞きください、具体的な方法、ツール、スタッフ教育方法をお伝えします。どの美容室でも、次回予約率70%以上にするノウハウを持っています。

 


 

 

緊急事態宣言で一時は美容室も休業要請かと思いましたが、営業は継続できました。しかし、実際にクラスターが発生した美容室も有ります。

 

コロナが長期化する中、今後の美容室は変わって行かなければいけないのではないでしょうか?

 

次回予約なんて取れないと思っている美容師さんはそのままで良いと思います。変わりたいと思う美容室は是非試みてください。

 

またレボルでは現在、無料オンラインセミナーを開催しています。次回予約をはじめサロン運営に直結する生の声をお伝えしています。

 

変わろう、伸びようというサロン様、美容師さんがたくさん参加いただいています。

どうぞご参加よろしくお願いします。

 

 

◎「美容室オーナーが知っておくべきコロナウィルス関連まとめ」はこちら

 



 

↓WEBセミナーのお知らせ・ご案内

 



 

↓セミナー案内のYouTubeはコチラ

 



 

 

◎はじめてのオーナー様、「仕組みで売上が上がるレボルシステム」についてはこちら

 



 

◎お問い合わせはコチラ



 

新着記事

  • 美容室の離職対策 やめる美容師・やめることをやめた美容師

    2020/09/19 担当 / 代表取…

  • 『巻かない』という新しい発想で掛けるパーマ 『Curlformers(カールフォーマー)』遂にDebut!

    2020/09/11 担当 / 取締役…

  • IOTミラー「ミラーロイド」 WITHコロナの新しい美容室経営方法とは!

    2020/09/05 担当 / 営業部…