fbpx

サロン様のオンリーワンパートナー株式会社レボル

美容室のWITHコロナ戦略!今こそ本気で地域密着サロンを目指そう

売上UP

2020/06/12

担当 / 代表取締役  平井 伸幸  


業界誌「ネクストリーダー」によると、2020年3月・4月の美容室の売上前年比調査では、最多グループが40-59%DOWNで43%、続いて20-39%DOWNが30%となっています。

現在は売上回復してきていると思いますが、美容室ごとかなりの差があります。そこで美容室が“WITHコロナで勝つ”ためのキーワードについて考えてみます。
 

目次————————

(1)コロナによるライフシフトと価値観の変化

(2)レボルで取り組んだ地元へのアクション事例

(3)WITHコロナ、AFTERコロナで勝てる美容室の特徴

—————————–

 

(1) コロナによるライフシフトと価値観の変化

 

WITHコロナへのライフシフトの変化、価値観の変化により、

「地元」

「地域」

がキーワードになっています。

 


 

 

レボル直営店のお客様は、半径3km圏内にお住まいの方で80%以上になります。

都市部・住宅地で差があるものの、美容室は、非常に狭い範囲の「地元」のお客様に支持され売上を頂いています。

 

地域で悪評が立ってしまったら、どんな広告をしようが無駄になります。

今までもそうですが、今後ますます地域との関わり・地域への発信・地域への貢献を考えて行動していかなければと思っています。

 

そこで、レボル直営スタッフには各店ごと、地元で「今、できることを考え実行しよう!」と声をかけ続けてきました。

 

 

(2) レボルで取り組んだ「地域」「地元」へのアクション事例

 

試行錯誤で、以下のような取り組みをしてきました。

 
  • ★除菌水(次亜塩素酸水)の無償配布 (プレスト川口店、コモド)


     

  • ★美容室+飲食店コラボ「しゃれ飯」(西新店)


     

  • ★医療従事者向け・特別キャンペーン(前田店)

     

  • ★飲食店向け・地域貢献テイクアウトランチ (全店)

 

 

4月は予約のお客様のみの営業、5月は時短営業していましたので、売上は落ちてしまいましたが、新規が普段の3倍!になるなど成果がありました。

ここにWITHコロナの答えがあると感じました。

 

 

(3) WITHコロナ、AFTERコロナで勝てる美容室の特徴

 

多くのオーナーと話を聞いていると、こんな時期でも売上を伸ばしているサロン様があります。

もちろん地域差はありますが、特徴がわかっています

 

①小規模店

②オーナーがスタイリストで現場にいる

③地域密着店

 

補足すると、

①3密になりにくいという点でメリットが出ています。

 

②強い危機感をもっているオーナーが現場におり、変化する状況でも、次々と顧客対応を決めて行動している店舗です。

 

③もともと地域行事に参加したり、他業種の店舗と仲が良く、地元に愛されている美容室です。

 


 

 

特にリーダー幹部は、決して今まで通りには戻らない、WITHコロナの新しい価値観の中で、自分たちに何ができるのか考え行動することが必要です。

そのひとつのヒントが「地域」「地元」だと思います。

 

変化のタイミングです。早く行動をした美容室が、早く結果を出すことができ、その差は、もしかしたら後追いでは、追いつけないほどになるかもしれません。

 

今こそ、地域密着サロンを”本気で”目指しましょう!

 

↓WEBセミナーのお知らせ・ご案内

 



 

↓セミナー案内のYouTubeはコチラ

 



 

 

◎はじめてのオーナー様、「仕組みで売上が上がるレボルシステム」についてはこちら

 



 

◎セミナーの申込・ご質問はコチラ

新着記事

  • 美容室の離職対策 やめる美容師・やめることをやめた美容師

    2020/09/19 担当 / 代表取…

  • 『巻かない』という新しい発想で掛けるパーマ 『Curlformers(カールフォーマー)』遂にDebut!

    2020/09/11 担当 / 取締役…

  • IOTミラー「ミラーロイド」 WITHコロナの新しい美容室経営方法とは!

    2020/09/05 担当 / 営業部…