サロン様のオンリーワンパートナー株式会社レボル

美容室の次回予約の現状 増やし方

売上UP

担当 / 店舗運営部 MGR 永澤 瞳  


最近、美容室で次回予約を取るのが当たり前のようになってきています。

レボルで次回予約を本格的に始めたのは12年ほど前のことです。それまでは、電話で前もって予約をしてもらうことを目標に完全予約をうたっておりましたが、電話予約も当たり前になってきてご来店時に予約を取っていく次回予約に変わっていきました。
 

■ ネット調査より

 


 

美容室で『次回予約』をすすめられた際に、
  • その場でいつも予約する…12.4%
 

実際に「美容室で次回予約を勧められたときにあなたはどうしますか?」と聞いてみたところ

 
  • したりしなかったりする…45.6%
  • 予約しない…41.6%
  • その場でいつも予約する…12.4%
 

という意見になっているようです。

 

したりしなかったり、予約をしない理由を教えてください。という方に回答を聞いてみたところ

 
  • 予定が分からない…68.3%
  • インターネットの予約がメイン…25.2%
  • もう行かない…3.1%
 

先の予定が分からないことと、キャンセルをしづらいため次回予約をしない方が多いようです。

美容室で次回予約をすすめられたことがないと回答した女性に次回予約をおすすめする美容室をどう思うか聞いてみたところ、

 
  • 営業的に感じるので案内はいらない…43.8%
  • 信頼できる担当者なら次回予約を勧めてほしい…32.0%
  • 次回来店時期にそろそろですよといった通知や案内メールが欲しい…23.3%
 

という意見が挙げられました。

2019年7月5日~9日 リピートしている美容室がある女性

・インターネット予約をしているまたはしたことがある女性(20代~40代)1072名の意識調査より。

■ レボルの次回予約の意味

 

 


 

 

レボルで言う次回予約は、お客様のお時間を大切にすることを趣旨として取らせていただいています。カラー会員に入会していただき、カラーパーマをして店販も購入していただき次回予約へとつなげていますので、考え方の根本が違います。

レボルの直営店では一番高いお店で90%の次回予約率です。

 

また、会員のお客様は美意識の高いお客様が多く、美容室を最優先事項に考えている方も少なくありません。年会費を支払っていただいているので、来なければ損という意識の方も多いです。

 

そして、生産性を上げていくという観点から見ても、1スタッフ50名のカラー会員の方がいますので非常に忙しいお店多いです。忙しいからこそ、次回予約を入れていただきお客様の始まる時間と終わる時間を約束することができるのです。

 

忙しい方こそ時間の意識が高く待たされたくないとお考えの方が多いので、次回予約を入れていただくことにメリットを感じていただけるお客様が多いです。次回予約のお客様は優先的に施術を行いますので待たせてはダメなのです。

一般の方の意見の中には、ネット予約が空いているのに次回予約を入れる必要性を感じないという意見や、店のやり方の押し付けが次回予約をしない理由に挙げられています。

 

サロンにもメリットが大きく、本来であればお客様のメリットも大きい次回予約です。

サロン主体の予約の取り方ではなく、お客様主体の取り方をしていくことが次回予約が伸びいくことになりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

レボルでは、次回予約までの流れやどうとっていくのがベストなのかなどのツール等がございますのでご興味がありましたら担当営業までお問い合わせください。

 

新着記事

  • 子供たちに「いつも笑顔でいて欲しいから」美容業界にいる私たちが出来ること

    担当 / ブランド開発部 MGR 佐々木…

  • パーマが好きになる!パーマで差別化する!パーマセミナー

    担当 / 営業部 MGR 佐藤 雅也  …

  • お客様が常に綺麗でいられるように カラー会員制度

    担当 / 店舗運営部 GM  外越 雄喜…