サロン様のオンリーワンパートナー株式会社レボル

美容室の海外出店 中国上海への出店にかける思い

経営実務

担当 / 取締役 副社長 平井 伸幸


中国上海への出店を予定しています。中国への出店はレボルにとって大きなチャレンジになります。お取引レボルサロン様に、新たな選択肢として海外出店の成功事例を提供したいと思います。
 

先日、外越のブログにあったとおり、この秋に中国上海へ美容室を出店する計画があります。

9月にOPENしたばかりの大きなショッピングセンターに「ジャパンビューティ」 のコーナーができ、その中で美容室を出店するチャンスを頂きました。

 

わからない事だらけで、模索中ですが、ひとつずつでも課題を乗り越え、成功させたいと思います。

というのも、数年前から海外出店はビジョンとして持っており、やっといいチャンスが巡ってきたという思いです。今回は、海外出店に至った思いを書いてみます。

 


 

(1)アジア圏は成長市場である!

アジア圏は世界でもナンバーワンの人口増加エリアです。

これまで日本や中国の高度成長を後押ししたのは、「人口ボーナス」を背景とした人口増が根本理由です。人口増加の局面でイノベーションが起こり、労働生産性が向上してきたのです。


 

中国は13.8億人で世界1位です。

 

ASEAN10か国の人口

インドネシア2.5億人

フィリピン1億人

ベトナム9千万人

タイ7千万人

ミャンマー5千万人

マレーシア3千万人

カンボジア1.5千万人

ラオス7百万人

シンガポール6百万人

ブルネイ4百万人

に達しています。

 

10カ国の人口を合計すると6億2千万人になり、日本が6個あるイメージです。

EU27カ国の5.3億人や米国、カナダ、メキシコが参加する北米自由貿易協定(NAFTA)の4.5億人と比較してもその人口の多さは明らかです。

 

また先進国における経済成長が鈍化する中で、シンガポールやブルネイを除く多くの国が5~7%の成長を達成しているのです。日本の戦後のように急成長する市場が、すぐとなりにあるのです。

 

(2)日本人と近いファッション性・民族性

経済が成長するとおしゃれになる人が増え、美容マーケットは大きく成長します。その際に、方向性として日本人に近い価値観を持つと想像できます。

 

それはかつて日本が、アメリカがおしゃれだった時代と同じように、アジアの人にとって日本がおしゃれになると思います。それはエンターテイメント分野(音楽、ドラマ、漫画、アイドル)が先行し、アジアの人に受け入れられていることから確信します。

 


 

また人口増加のあと、少子高齢化、中高年の増加というステージに移っていくことも、日本が経験のある分、優位と思います。

美容室では、アジアの人の髪質が日本人に近いということも見逃せません。

 

(3)日本の技術力・マネジメント力

美容関連が第5の成長分野と、位置づけている中国において、日本の美容室に期待することは、①美容師の技術力 ②日本企業のマネジメント力 ③安心できる日本製品 との事です。

 

富裕層が増え、美容への関心が高まる中、美容資格のない中国やアジアの国では、誰でもカットできることから、品質の差が大きく、より本物志向が強まっていきます。そんな状況で日本の美容師の技術力にはブランド価値があり、中国上海では日本人のカットは8,000円ほどになっています。日本の美容師の技術が高く評価いただけるのは、大変魅力的です。

 

また、現地にあわせた上で、きめ細かくマネジメントをしていく力も期待されています。

ここは、大いに勉強していかなければいけないところです。日本人が偉そうに指示だけしていたら、間違いなく失敗します。

 

たとえば、日本のコンビニが海外出店を加速する中で、勝ち組・負け組の差がはっきりしているのも、コミュニケーションとマネジメント点が大きな理由との事でした。

 

(4)人材交流

上記と関連して、アジアで働く美容師さんにとって、日本の美容技術の指導教育には、大いにチャンスがあると思います。ビザや資格の問題がありますが、外国人に日本に来てもらい教育をすることができればと思います。

 

スタッフ不足に悩む美容室が多い中、少しずつ規制緩和の流れもありますから、外国人が美容室で働く時代もありえると思います。

 

また逆に、日本の美容師が海外に行き、言葉も通じない環境でカットをする経験が持てれば、大いにスキルアップにつながると思います。8,000円もらえる技術力が本当にあるのか試練ですが、モデル集めすら難しくなっている状況で、毎日20人も30人もカットする環境をもてるとしたら、大変魅力的です。

 


 

異業種のある偉大な経営者の方から、これから10年・20年を考えた時、中小企業であっても、「海外にチャレンジしないという選択肢はない」と言っておりました。

 

実際、上海視察に、「羽田からたった2時間30分」で行き、本当にすぐ近くにチャンスがあるんだと実感しました。まだ不安は多いですが、実際に展開できたら、お取引サロン様で若い経営者のみなさんと海外視察ツアーをしたいと思います。

 

 

関連記事

新着記事

  • リンゴの木1年会員になってみました

    担当 / 取締役 中村 文男 &nbs…

  • 香港で開催された美容の展示会「COSMOPROF」を通じて感じたこと

    担当 / ブランド開発部 MGR 佐々木…

  • 美容室の繁忙月!売上アップのためのサロンミーティングの事例

    担当 / 営業部 MGR 佐藤 雅也 …

サロン様 interview

400万 ⁄ 月 達成

売上も上げながらスタッフの成長も同時に考えられるレボルシステム導入で他店と差別化できる経営の仕組みができました。

当初売上 400万 ⁄ 月 

売上も上げながらスタッフの成長も同時に考えられるレボルシステム導入で他店と差別化できる経営の仕組みができました。

レボルに出会う前は、どう売上を上げるか、スタッフをどう教育するか今から…続きはこちら▶

各種ご案内

募集!!

取引ディーラー様

・新しい商材を探している

・お客様の売り上げに貢献したい

・個人独立代理店もOK

コンテスト

ビジネスモデル

公式通販サイト