サロン様のオンリーワンパートナー株式会社レボル

美容室の同族経営、子供への事業承継

経営実務

担当 / 取締役 副社長 平井 伸幸


レボルでは、美容室の事業継承セミナーを開催しております。ご参加頂いたオーナー様の個別相談をしていますと、同族経営ならではの問題点や成功事例が見えてきます。
 

■ 同族経営とは

 

同族経営とは、特定の親族などが支配・経営する組織のことを指します。ファミリー企業ともいいます。

 


 

お父さん・お母さんと娘で経営・・・のように美容室では多いパターンです。社員はいたとしても、実質的な支配を親族でしていれば、同族企業となります。

 

そうすると、ほとんどの美容室は同族経営になっていますね。

 

一般的には、「ファミリービジネス≒中小企業」というイメージがありますが、出資比率が低くても実質的に支配している場合は該当しますので、例えば、トヨタ自動車、竹中工務店、サントリー、キヤノンなどもファミリービジネスといえます。

 

■ 同族経営のトラブル

 

(1)親子関係

ずっと一緒にいる関係ですから、「言わなくてもわかっている」という暗黙の関係になりやすく、対話が減っていくのが一般的です。親はいつまでたっても、「あいつはまだまだ足りない」と思い、子供は「いつまでのうるさい、任せてもらえない」と思っています。

 

仕事柄、親子間トラブルの間に入って解決を促す場面がありますが、間違いなく、感情的な意見のぶつかりあいになり、論点がずれ、解決が困難になっていきます。

 

また、親が60歳や70歳を超えてくると、保守的になるのが一般的で、逆に子供は挑戦的で意見が合わなくなっていきます。携帯やPCなどついていけなくなります。

 

サロンの売上アップのため、他人同士、社員同士だと大きな問題なく協力できることも、親子間独特の関係でこじれていきやすいです。

 

(2)待遇・処遇

後継者が地位に固執する傾向があり、うまくいきません。また処遇が高い事を当然と考え、それに不満をいうことも多いです。親が処遇で甘やかすのもよくありません。

 

(3)家業と実業の違い

「家業」は家族で支配しますが、ある程度の規模になると「企業化」しなければならなくなります。

 


 

①家族以外の他人の能力を評価し活用する

②自ら、公私を完全に分ける

ここには大きな課題、壁があるようです。ほとんどのサロンオーナーが乗り越えようとしません。

 

(4)支配権・継承の時期

社外から息子や親族が帰ってきて、承継するパターン。長く働いている社員の理解を得るためには、相当の時間と能力、さらに努力が必要。

株について理解が浅く、兄弟間で分散したり、叔父・叔母・古参社員などで分割してしまうと、大問題になります。株主が多くなるほど、後継者からみると金銭的負担、手間や面倒が増えます。

 

■ 同族経営、承継の成功法則

 

(1)支配権=株式の問題を解決

次期社長に株式は集中させる。相続で発生する金銭・不動産は他の親族に、株式だけは次期社長に集中させ、分散をさける

 

(2)経理は社外の税理士か、親族外の社員に担当させる

経理を奥さんがやったら、公私混同にどツボへ。経理システムをつくり、家業を脱出。

 

(3)兄弟は入れない

会社に入れる兄弟はひとりにすべき、親族が増えれば増える分、諸問題は増えることを覚悟。

 

(4)子供(次期社長)世代の幹部をつくる

社長引退後、古参の社員が残ると次期社長(=子供)がやりずらい、次期社長(=子供)の右腕づくりを現役の間に手を付ける、また古参社員の扱いは自分が責任取る。

 

(5)承継後は口を出さない

子供に引き継いだら、極力ほっておく、自ら出ていくクセを直さないと、後継者は育たない。月1回程度ミーティングをして方向性の確認、助言のみで十分。

 

 

オーナー様、人生・想いのこもったサロンを、子供など親族への継承しようと思い、課題が出るようでしたら、ぜひご相談下さい。レボルではサロンオーナー様のハッピーリタイアを支援しています。

 

関連記事

新着記事

  • レボルの挑戦!中国・上海への出店 美容室の海外出店

    担当 / 店舗運営部 MGR  外越 雄…

  • 美容室の予約制 次回予約 完全予約制

    担当 / 店舗運営部 MGR 永澤 瞳 …

  • 車販売に力を入れるガソリンスタンドの狙い 美容室の時間の使い方

    担当 / 代表取締役 橋口 禎友 …

サロン様 interview

400万 ⁄ 月 達成

売上も上げながらスタッフの成長も同時に考えられるレボルシステム導入で他店と差別化できる経営の仕組みができました。

当初売上 400万 ⁄ 月 

売上も上げながらスタッフの成長も同時に考えられるレボルシステム導入で他店と差別化できる経営の仕組みができました。

レボルに出会う前は、どう売上を上げるか、スタッフをどう教育するか今から…続きはこちら▶

各種ご案内

募集!!

取引ディーラー様

・新しい商材を探している

・お客様の売り上げに貢献したい

・個人独立代理店もOK

コンテスト

ビジネスモデル

公式通販サイト