fbpx

サロン様のオンリーワンパートナー株式会社レボル

美容室の売上は仕組み・システムだけではアップできない

人事・教育

担当 / 店舗運営部 MGR 加来 愛弓  

 
レボルでは創業時から、「美容師ひとりのマンパワーに頼らず、仕組み・チームで売上をアップする仕組み」=レボルシステムをつくり、直営美容室で実践しています。

お取引サロン様にもそのノウハウをお伝えし共にブラッシュアップしています。しかし売上アップするためには、システムだけではダメです、もうひとつ重要な人間力アップについて書いてみます。

 

■ 現場の出勤日数を減らすMGRの働き方

 

私は今も週に5日は現場でサロンワークをしている、現役の美容師です。1年半前から、週の4日は自分が所属する店舗で自分のお客様をし、毎週火曜日は他の店舗に入店しています。

自分のお客様をできる日数が減るので、単純に売り上げは下がるかと思いましたが、前年比を超える事ができました。

私が1日自分の所属の店舗から抜けることは、他のスタッフにもとても良いと考えています。私が出勤する日に予約を合わせてくださるお客様もいますが、他のスタッフにお願いすることも多いです。むしろ私は積極的にお願いします・・・

デビューしたてのジュニアスタイリストからすれば、経験をつめる絶好のチャンスです。いきなり新規に入客するよりは、お店との信頼関係ができているお客様の方が入りやすいと思います。

もちろん先輩のお客様ですから、緊張もすると思いますが、もし何かあっても先輩がフォローしてくれるという安心感もあります。

いつまでも私のようなベテランが毎日出勤していては、若い子にチャンスはまわってきません

 

このような時にレボルシステムはとても有効です。普段から担当スタイリストだけでなく、スタッフ全員が関わっているのでお客様も安心です。スタッフの産休・退社があっても失客することなく、引き継ぐことができます。マンパワーに頼らないのがレボルシステムの強みです。

 


 

■ システムだけでは売上アップができない

 

この一方で、システムだけでも売り上げは上がりません。カラー会員費の入金など一時的に上がるかもしれませんが、継続的ではありません。

レボルシステムは美容師からの提案型です。まずはカラー会員で集客・パーマへ移行・店販・周期を縮める・・・すべてこちらからの提案です。そして、システム成功の鍵はなんといってもチームワークです。一人一人の成長なくして、成功はありません。

システムさえ導入して、同じやり方でやればいいと思っているサロン様も多いかと思います。

しかし、成功している直営店舗・お取引先サロン様は、ありとあらゆる努力をされています。

先日、あるお取引先の店長さんが直営店の店長会議に参加されました。オーナー様も店長さんも一生懸命ですが、とても悩んでおられました。前から相談を受けていましたので、なんとか力になれればとの思いでした。色んなアドバイスがありましたが、基本的にはみんなやるしかない・・・しかもまずは店長から!!という意見でした。

 


 

中途半端にやっても成功しません。やる!!と覚悟を決めてやります。ある程度の結果が出るまでは、なりふり構わずやります。レボルシステムは、やるべき事が明確なのです。実際にやる現場は大変ですが・・・

なので、私としては貴重な立場だと思っています。幹部の中で実際に現場に立って美容師をしている人は少ないです。お取引先の店長さんにも、色々言われるけどやる方は大変ですよね⁉という話もしました。

実際に自分がやって、直営店で結果を出さないとなんの説得力もありません。結果を出す一方、とにかく現場の意見を吸い上げて、よりよい環境にしたいと常に考えています。会社へのリクエストもします。

 

■ 人間力を高めることが最重要

 


 

一人一人の人間力がチームワークへとつながります。

私はスタッフ教育に関して日頃から心掛けている事があります。それは、社会人としてどこに行っても通用する美容師に育てるという事です。

特に新卒で入社してくる子はレボルしか知りません。しかも直営店である程度システムが成り立っている中で育つのでそれが当たり前の環境になってしまいます。

私は10年前にレボルに中途入社しています。今の環境は当たり前ではないし、当時のスタッフとコツコツ作り上げてきました。その中でお客様ともスタッフとも信頼関係が結ばれていくのだと思います。その事を今のスタッフにも伝えています。

 

システムは、あくまでもシステムです。

私はレボルシステムは素晴らしいと考えています。売り上げが安定するだけでなく、オーナーさんからアシスタントまでスタッフ全員が成長できます。私も前の美容室は歩合制でしたし、なかなか今のような考えはできませんでした。やった分だけなので、自分のお客様を他のスタッフにお願いするなんて考えられなかったし、休日出勤して担当するくらいでした。

美容師になって最初からレボルシステムではなかった事は、これから導入するサロン様と同じだと思います。

ここまで色んな苦労を乗り越えてきたからこそ、お伝えできる、お手伝いできる事があるかと思います。

美容室オーナー様、店長様ぜひご相談下さい。

新着記事

  • 高校への美容師リクルート活動 美容師の高卒採用の方法

    担当 / 店舗運営部 GM  外越 雄喜…

  • 美容師もマンパワーからチームワークの時代へ

    担当 / 店舗運営部 MGR 永澤 瞳 …

  • 美容室の売上は仕組み・システムだけではアップできない

    担当 / 店舗運営部 MGR 加来 愛弓…