サロン様のオンリーワンパートナー株式会社レボル

美容師の働き方改革と休眠美容師の活用 ママさん美容師の活躍

人事・教育

担当 / 取締役 中村 文男

 
いよいよ来月より、働き方に関する新しい法律が施行されます。有給休暇取得の義務化や残業時間の厳格化など、労働集約型の美容業界においては厳しい条件になります。

また、売上の低下と慢性的なスタッフ不足も美容業界の大きな問題です。
 

■ 美容室はオーバーストアで売上もスタッフも不足

  •  

    日本人の人口は2007年1億2777万人をピークに、2018年は1億2632万人と145万人減っているにもかかわらず、美容室軒数は、2007年21万7769軒に対して2018年に24万7578軒と、2万9809軒も増えています。

     

    これはコンビニが5.6万軒、歯科医院6.5万軒、全国の信号機19万個所と較べても極端に多い軒数でオーバーストア状態です。人口が減っているのに、美容室軒数が増えていることで、一軒あたりの売上不足と、スタッフ不足と言う状態に陥っています。

     

    労働条件の改善、売上とスタッフ不足、この2つの問題解決の方策として、休眠美容師の活用を提案します。
  •  

     

    ■ 休眠美容師の多さ

    同じ国家資格が必要な、看護師さんの人手不足も問題にされていますが、現在働いている看護師さんが154万人に対して、休眠看護師さんは71万人と言われています。

    美容業界において、現在働いている美容師さんは52万人に対して、休眠美容師さんは75万人です。

     

    休眠している看護師さんと、現役で働いている方の比率は、46%です。

    片や、休眠している美容師さんと、現役美容師さんの比率は、144%になり、現役美容師さんの約1.5倍の美容師さんが休眠しています。

    つまり、看護師さんよりも美容師さんの休眠率は3.1倍になります。
  •  

     

     

  •  

    看護師さん以上に、美容師さんは現場復帰し難い状況があるからと考えられます。

    それは、

    ・最新の商品知識や、流行のヘアスタイルの勉強会に参加しなければいけない。

    ・その勉強会は営業後の夜間に行われることが多く、参加が難しい。

    ・ブランクの後で、現場復帰しても、以前ほど売上を上げられない事が多く、希望する収入が得られない。

    ・以前はスタイリストだったのが、現場復帰したらアシスタント業務になってしまう。

    ・そもそも、他の業種の方が、収入が良い

    などの要因が考えられます。
  •  

     

     

    ■ ママさん美容師の活躍事例

     
  • これらの課題を解決するヒントが、弊社のマリーチェというサロンブランドにあります。

    マリーチェは8年前に、主婦が輝いて活躍できる美容室!として、現場のスタッフからの発案でスタートしました。

    マリーチェの条件は

    ・休日;日・月・祝日 (12月は10日、5月は13日休み)

    ・勤務時間;8時半~17時 (17時には全員退社)

    ・社会保険完備
  •  


     
  • この条件により、

    ・スーパーでパートをしていた方が、美容師復帰

    ・3人の子育てをしながら、100万円以上の売上を達成

    ・15日のパート勤務でも、75万円売上を実現

    ・レセプションの主婦が店長

    などの事例があります。

     

    マリーチェ方式での成功の鍵は、

    ・さまざまなキャリアを持つスタッフの技術教育、サロン方針をどのようにスタッフに徹底できるか?

    ・限られた営業時間で、どのように売上をあげるか?

     

    レボルシステムでは、

    ・スタッフの技術と考え方を、日中にトレーニングセンターにおいて実践研修

    ・40歳以上の髪に悩みを持つお客様にターゲットを絞る事で、技術研修も絞られる

    ・次回予約80%以上を達成することにより、曜日によるバラつきを少なくして、売上を均一化出来る

    ・一日の仕事量を、予約の調整により効率よくできる

    ・月に一度、日中にミーティングを行い、課題を克服する

    などにより、短期間で技術習得し、サロン方針を統一することで1スタッフあたり70万円以上の生産性を上げることが出来ます。

     

    休眠美容師の復帰を如何に促すか?関心を持たれている方が多く、全国から美容室オーナーの方の見学に来られます。

    ご興味のある方は、弊社営業にご連絡下さい。

関連記事

新着記事

  • 美容室は成長産業?衰退産業?視点を変えれば伸びる分野は多い!!

    担当 / 代表取締役  平井 伸幸   …

  • 美容室のスタッフ育成、幹部育成、オーナーの仕事

    担当 / ブランド開発部 MGR 佐々木…

  • 店販力向上セミナー 美容室の物販・店販売上アップ

    担当 / 営業部 MGR 佐藤 雅也  …

サロン様 interview

400万 ⁄ 月 達成

売上も上げながらスタッフの成長も同時に考えられるレボルシステム導入で他店と差別化できる経営の仕組みができました。

当初売上 400万 ⁄ 月 

売上も上げながらスタッフの成長も同時に考えられるレボルシステム導入で他店と差別化できる経営の仕組みができました。

レボルに出会う前は、どう売上を上げるか、スタッフをどう教育するか今から…続きはこちら▶

各種ご案内

募集!!

取引ディーラー様

・新しい商材を探している

・お客様の売り上げに貢献したい

・個人独立代理店もOK

コンテスト

ビジネスモデル

公式通販サイト