fbpx

サロン様のオンリーワンパートナー株式会社レボル

オーナー、リクルート後回しにしてませんか?

人事・教育

7月に入り、ここから秋に向け多くの美容学生に内定が出ていきます。高校生の採用も、もうすぐ解禁です。

■ 採用現場は激戦!

営業先で多くのサロンオーナーと話をしますが、東京でも大阪でも美容師が採用できずらい環境です。しばらくはこの状態が続きそうです。
僕も新卒採用で先月北関東のとある美容学校に行ってきました。2年生60人に対して、ガイダンスに来ているサロンは130社!
気合を入れて参加しても、自社ブースに学生が来てくれないと、本当にさみしい思いもします。(このさみしさは体験者しかわかりませんよね。。)

さらに最近では、学生がサロン見学する件数は、平均2社ないそうです。(数年前まで平均5社)。この傾向は、積極性が低いのか、慎重派が多いのかわかりませんが、サロン側から見ると学生と接触するチャンスすらないのが現状です。
新卒採用はこのような少ないチャンスをものにしなければなりません。

 

f737e1ff40da3bbaba248cf0d544cfa4_s ■ 勝手に感じる学生の傾向は・・・

・より現実的・・・休み、社保、待遇重視
・手取り額が大事・・・奨学金で学生ローンを組んでいる学生が過半
・人間関係重視・・・雰囲気や採用担当者の人柄
・メイク、ブライダル・・・華やかなこともやりたい

中途もそうですが、採用環境が厳しいため、条件面がどんどんよくなっていきます。美容師の労働環境が改善されていることはよいことですが、他社に負けない環境をつくれるようサロン側はより一層の努力が必要です。

しかし、あれもこれもできないのが実情。集客と同じですが「どんな人に来て欲しいのか」を明確にすることで、自社が優先的に取り組んでいく内容を決めていかなければなりません。
私たちも、例として

・寮完備 ・・・ レボルでは地方の学生がほしい
・教育カリキュラム、デビュー短縮 ・・・ はやくデビューしたい前向きな人がほしい
・育休、残業なし正社員制度 ・・・ 美容師を長く続けたい女性がほしい

といった取り組みをしています。

291

■ リクルートはオーナーの仕事

厳しいですが、社会保険、週休2日制はあって当然の時代と感じます。それがないと学生から見て比較材料にも入らない。しかし、売上を考えるとオーナーが躊躇するのがよくわかります。
スタッフの休みを増やしても、売上を伸ばし、社保分の利益を生み出すにはどうしたらよいか。。。レボルで実際に乗り越えてきた壁ですので、どうすれば可能になるかアドバイスできます。

さらに美容師の給与制度、キャリアプラン、教育カリキュラムなど、なかなか自社で手につけられない課題に対しても、レボルの実例を提示できます。

リクルートは後回しにしがちですが、オーナーや幹部の仕事です。自分の経験でも、(失敗もたくさんしてますが)採用に本気で取り組んでいけば、結果につながります。良い人材が確保できるよう今からオーナー自ら動いて下さい。
そのお手伝いをレボルがしていきます。

新着記事

  • 美容室の離職対策 やめる美容師・やめることをやめた美容師

    2020/09/19 担当 / 代表取…

  • 『巻かない』という新しい発想で掛けるパーマ 『Curlformers(カールフォーマー)』遂にDebut!

    2020/09/11 担当 / 取締役…

  • IOTミラー「ミラーロイド」 WITHコロナの新しい美容室経営方法とは!

    2020/09/05 担当 / 営業部…