fbpx

サロン様のオンリーワンパートナー株式会社レボル

コロナ禍において美容室でもパート社員の戦力化は必須!!戦力化できていないのは雇用側の原因!?

人事・教育

2020/11/24

担当 / 店舗運営部 MGR 加来 愛弓  

 
美容室では美容師さんはもちろん、美容師免許がなくても受付・お掃除・エステとパート社員が活躍できる場所はたくさんあります。実際にレボルでもたくさんのパート社員が活躍してくれています。そしてとても能力の高いパート社員が多いのです。どのようにしてそうなったのか、実例をご紹介します。
 

目次————————

(1) 高時給・短時間での雇用

(2) パート社員と正社員の区別をなくす

(3) 本人の将来像と、期待値を明確に

(4) まとめ

—————————–

 


 

(1)高時給・短時間での雇用

 

パート社員は高時給かつ短時間で働いてもらうことが理想です。時給を高くすることで能力が高い人を採用することができるからです。能力の低い人材を雇い残業代を支払うよりも、時給を高くし能力の高い人を雇い入れた方が生産性が上がることは言うまでもありません。時給を高く設定し、能力のある人を採用することが雇用する側にとってもメリットが多くなります。

 

高時給、短時間労働のメリット3つ

ここでは、高時給・短時間労働でパート社員さんを雇用するメリットを3つご紹介します。

 

1.能力が高い人を採用できる

高時給で短時間労働というのは、誰もが希望する働き方ではないでしょうか。パートという働き方は、雇用される側のメリットとして、ある程度融通のきく勤務日一日の拘束時間が多くない会社での人間関係にストレスが少ないなどがあげられます。

それに加えて高時給という設定をしていれば、パート社員の募集をかけた時に働きたいと応募する人が多くなるでしょう。その結果、雇用側はおのずと能力の高い人を選ぶことができるようになります。

 

 2.優秀な人が辞めない

パート社員をしている人は、仕事よりも優先する何かを持っている人が多いです。正社員では働かない、あるいは働けないという人は想像以上に多く存在するものです。そういった人にとっては自分の希望通りの日数と時間で働くことができ、さらに高時給であるということは、非常に大きなメリットとなります。そのため、一度パート社員としてその会社で働きだすと、他の会社へ移る理由がないので、退職を防ぐことができるのです。

 

3.子育て中の優秀な女性を雇用できる

今の日本の一般家庭は、共働きが圧倒的に多くなっています。子供を育てることには非常にお金がかかりますが、子育てをしながら正社員の仕事もこなすということは簡単ではありません。子供に予測していなかった事態が起こって、会社を遅刻・早退したり休んだりしてしまうことは、子供を持つ人は誰しもが経験していることではないでしょうか。

ほとんどの正社員の場合は週5日、その生活のほとんどを会社で過ごすことになります。しかし、パート社員の場合はそうではありません。パート社員はある程度自分の予定に合わせてシフトを組むことが可能なので、お金を稼ぎながらもしっかりと子育てをすることができます。このことは子育て中の人にとっては、非常に大きなプラスポイントとなります。

少し前までは、女性の美容師は出産と同時に退職する人がとても多かったです。優秀な人も同様です。そうせざるを得ない環境だったからでしょう。

高時給であることは雇用する側にとっても、子育て中の優秀な女性を雇用できるというメリットがあります。子育てが一段落したときには、さらに長時間働いてもらうことが可能になるかもしれません。

 


 

(2) パート社員と正社員の区別をなくす

 

パート社員を戦力の一つとしてうまく活用する方法は、パート社員にも正社員と同じ裁量の仕事をしてもらうことです。パート・アルバイト・契約社員とそれぞれの地位や待遇を明確化することが、彼らの労働意欲やロイヤリティを上げる要因として重要になってくるからです。

人は役割を与えられることによって成長すると言われていますが、これはもちろん職場であっても当てはまるわけです。パート社員・アルバイトにも業務内容や勤務時間帯、職責などに応じてそれらにふさわしい給料を支払います。そして、困難あるいは専門性が必要とされるような仕事をする人と、補助的な簡易労働をしている人とでは給料に差をつけましょう。

こういったことは正社員の中では当然のことでしたが、パート・アルバイト・契約社員には適応されることはほぼありませんでした。

しかしそのような意識でパート社員を扱っていると、優秀な人は会社を去っていきますし、パート社員の中に向上心が生まれにくくなるでしょう。それではそこにある戦力を十分に生かすことのできない会社経営をしていることになってしまいます。

仕事をしている上で、正当な評価とそれに見合った給与をもらうということは、モチベーションアップに直結します。皆のモチベーションが上がれば、誰もが働きやすい環境となり、業績アップにもつながるでしょう。

パート社員を活用するために必要なことは、パート社員に会社の戦力としてきちんとした役割を与えることです。それぞれの働きを正当に評価し、パート社員やアルバイトのモチベーションを上げることで、仕事効率がアップして残業が減り、自然と業務改善になっていきます。そうすれば、今までと同じ人数でさらに業績の上がる経営をすることが可能になります。

 


 

(3) 本人の将来像と、期待値を明確に

 

レボルでは、パート社員も正社員と同じように、給与査定の面談を定期的に行います。そこで、本人の希望も聞いた上で、こちらからのリクエストも伝えます。

受付で入社したあるパート社員の実例をご紹介します。

 

彼女は受付全般はもちろん、次のような仕事も一人で行っていました。

・掃除
・タオルの洗濯
・次の施術の準備
・ドリンクサービス
・会計
・翌日のカルテ準備 など

美容師でなくてもできる事のほとんどをこなしてくれます。私は彼女をスーパーウーマンと呼んでいます。

もちろん元々能力の高い人ではありますが、こまめにコミュニケーションを取りこちらの思いやリクエストを伝え続ける事で理解し合いました。その結果、能力を最大限に発揮し、今ではエステの施術にも入れるようになり売り上げを作れるパート社員へと成長してくれました。

 

他の店舗でも、正社員よりパート社員の数の方が多いところがあります。そうなるとどうしてもパートさんに頼る機会も増えます。スムーズなオペレーションになるよう、思いを共有する為に毎月の店舗ミーティングへの参加を提案しました。

ミーティングの日程もパート社員が参加できる時間帯に変更。モチベーションの高いパート社員ですので、ミーティングでもとても積極的にお店の為になる事を発言してくれています。

スタイリストデビューを目指す子育て中のパート社員は、仕事が終わって一度家で夕飯の準備をして、またレッスンに参加しにお店に戻ったりもします。目標が明確であれば、自分で時間を作る事はできます。

面談を通して目標を共有し、こちらの要望も伝えた上でどうやっていくかを共に考えます

 


 

(4) まとめ

 

能力の高いパート社員はたくさんいます。その能力を活かせるかは正社員次第ではないでしょうか。パート社員であっても優秀でモチベーションの高い人は多いものです。家庭の事情などのためパートという働き方を選んでいる人も多いでしょう。

正当な評価をし、お互いの思いを共有することで同じ方向に向かい、大事な戦力となってくれます。

 

◎「美容室オーナーが知っておくべきコロナウィルス関連まとめ」はこちら

 



 

↓WEBセミナーのお知らせ・ご案内

 



 

↓セミナー案内のYouTubeはコチラ

 



 

 

◎はじめてのオーナー様、「仕組みで売上が上がるレボルシステム」についてはこちら

 



 

◎お問い合わせはコチラ

新着記事

  • コロナ禍でも美容室生産性アップ!スタッフ1人あたり100万円達成の方法とは?

    2021/1/15 担当 / 店舗運営…

  • レボルの歴史③発展期 自社ビルと直営2号店開業!そしてワイコンの始まり

    2021/1/13 担当 / 取締役 …

  • コロナの1年で売上・生産性が伸びた美容室、落ちた美容室の違いは何か

    2020/12/28 担当 / 代表取…