fbpx

サロン様のオンリーワンパートナー株式会社レボル

コロナ第2波突入か?感染拡大に歯止めがかからない今、美容室のできる対策

ニュース

2020/07/23

担当 / マーケティング部 MGR 佐々木 誠  


東京をはじめ各地で新規感染者数が過去最高を更新。 2波が間近に迫る中、最近のコロナに対する意識の低下を自覚している人が急増しています。 

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」と言われるように既に元の意識に戻り始めている今、第1波の記憶を忘れてはいけません。 

2波以降は一筋縄ではいかないと考えるべき

 

目次————————

(1) 思い出すべきコロナ初期段階で行っていた対策

(2) 第2波にたえる、お店の経営状況を考える

(3) 今まで以上の感染対策意識を 

—————————– 

 

(1)思い出すべきコロナ初期段階で行っていた対策 

 

 



 

このグラフでもわかるように我々が今直面している現実は残念ながら楽観視出来るものではありません 

 

4月当初私たちは毎日報道されるニュースを注視しながら不安の中、出来得るいくつもの対策を講じてきたのも記憶に新しいと思います。 

 

【実施していたこと】 

・手指の消毒 

・共有部分の除菌 

・室内の換気 

・スタッフ(お客様)のマスクの着用 

・検温 

体調チェックシートの記入 

 

などなど、各店舗で良いと言われたことは率先してやってきたのではないでしょうか? 

 

我々レボルも同様に上記の内容は早い段階で着手し、更に自分たちがお店で使用している除菌水(次亜塩素酸水)を近隣の方々に無償配布し、当時不足していた除菌水で地域貢献も兼ね、感染予防の意識を地域の方と共に高める活動をして来ました。 

 

美容室に来られるお客さのほとんどは近隣の方々です。 

だからこそ美容室だけが感染意識を高めているだけではダメなのです。 

 

しかし当時はマスクに始まり除菌水も手に入り辛く、考えた末スタッフからの提案でこの取組みを実施しました。 

 

延べ3,000人近くの方々にご利用頂き喜んでもらいました。 

また、全従業員の抗体検査を実施し本人の安心感は当然のことながら、そのご家族・大切な人への安心感の醸成、最終的にはお店にご来店頂くお客様に「このスタッフは全員感染していない」と安心してもらうことに繋がりました。 

 

この取組みはテレビの報道番組や業界誌からも取材を受けました 

 

 

しかし今、再び感染が拡大している中、当時の熱量を保ちながら美容室運営をされているところが減って来ているのも事実です。 

 



 

こちらのアンケートでは、「コロナ感染リスクをコントロール出来ているとは思わない」と答えた人が95%以上でした。 

つまり、その意識の方々お店に来るという事です。 

間違いなくあなたのお店は「チェック」されています 

今一度お店の対策を見直すことをお勧めします。 

 

 

 

(2)第2波にたえる、お店の経営状況を考える 

 

各種助成金や給付金を受け取られたオーナー様も多いかと思います。 

1波による売上ダウンは前年対比3040%の美容室も多かったと聞いています。 

 

特にテナント利用・スタッフを雇用しているサロンのオーナー様は毎日頭を悩ませていたと思います。 

ただ、思いの外4月はきつかったが、5月から売上が回復してきたというお店もあったのではないでしょうか? 

 

これであればまだ耐え忍ぶことが出来たというのが本音かとも思います。 

一般的な美容室の営業利益を考えて、内部留保が格段に多いところを除いては23ヶ月が限界でお店の存続問題に発展するのではないでしょうか? 

 

前回の緊急事態宣言下で美容室は自粛対象外となっていましたが、第1波の感染者数であれだけ客足が遠退いた考えると、間違いなく第2波以降はさらに感染者が増えるので要注意です。 

 

 

 

(3)今まで以上の感染対策意識を 

 

前回の緊急事態宣言では接触減を毎日のように報道されていましたが、実際の達成度合いは地域によって大きく異なっていました。 

 

google mobility report」を見てもそれが見て取れます 

 

そもそもが都市圏と地方では人の接触頻度が違うので当然だと言えます。 

また最近わかって来たのが「接触そのものというより、リスクを伴う接触をどれだけ減らせるかが重要である」ということです。 

 

感染拡大を阻止するために自粛要請は一定の効果があったと思います。 

しかし再度の自粛は経済を止めることになる為、簡単には出来ないでしょう。 

だからこそ今まで以上の感染対策意識を持たなければいけないのです。 

 

美容室は不特定多数が来店される場所だからこそ、今までの対策を再度徹底するのは当然です。 

 

我々の直営店では施術で使用するオゾン発生器を用いて、ロッドやコームなどの除菌やオゾン水にタオルを浸してからホットタオルにしたり、セット面やシャンプー台周りの空間除菌を徹底しています。 

 

↓美容室の空間除菌+単価アップができるオゾン発生器「レボナイザー」

https://revol.co.jp/revonizer/

 

お客様の触れるものは皆さんやられていると思います。 

今後は目に見えない空間への意識が重要になってくるとレボルは考えます。 

 

お困り事の際はいつでも相談ください。 

実店舗での取組みを参考に対策を一緒に考えます。 

勿論、無料ですのでお気軽にご連絡ください。 

 

 

◎「美容室オーナーが知っておくべきコロナウィルス関連まとめ」はこちら

 



 

↓WEBセミナーのお知らせ・ご案内

 



 

↓セミナー案内のYouTubeはコチラ

 



 

 

◎はじめてのオーナー様、「仕組みで売上が上がるレボルシステム」についてはこちら

 



 

◎お問い合わせはコチラ

新着記事

  • コロナ渦で美容室の離職を抑えるにはどうすれば良いか 美容師の離職対策

    2020/10/18 担当 / 店舗運…

  • 【無料オンラインセミナー】WITHコロナを生き抜く、美容室の店販売上を10倍にする方法!

    新型コロナウイルスの影響により消費行動は…

  • 美容室の売り上げは二極化 コロナ禍こそモチベーションアップが目標達成へ

    2020/10/10 担当 / 店舗運…