fbpx

サロン様のオンリーワンパートナー株式会社レボル

美容師の働き方改革 セカンドキャリアとして第3の選択肢とは?

企画

担当 / 代表取締役  平井 伸幸  


美容室も働き方改革の中、週休2日制が当たり前になってきて、さらに残業削減、有給、育休という流れの中にあります。美容室オーナーは厳しくなっていますが、今回は余暇の時間が増えるスタッフ目線で、働き改革、さらにその先のキャリアアップを考えてみます。
 

働く時間がひと昔前と比べ短くなっています。レボルも業界に先駆けて12年前より完全週休2日制をとっています。そこで、社員に休みに何をしているのか、聞いてみました。

人によってかなり差があります。

しかし、多数派はインドア。「家でずっとユーチューブです。」・・・。

 

これはいかん!

自己啓発しなさい、センスを磨きなさい、多くの遊びを経験しなさい、と言いたくなりますが、言ったところで「・・・はい。」みたいになります。

 

それでは、プライベートの充実度を社内表彰してみてはどうか、とは思っています。

 

基準は

① 趣味や遊びなど人生をenjoyしている人!

② 自分のスキル磨きに使っている人!

 

このふた軸が良いかな、と思っています。ふたつ目の、スキル磨きについて、思うところを書いてみます。

 


 

■ 美容師のセカンドキャリア

 

努力してデビューし、スタイリストとして一人前になった人の次のキャリアは何か、それは

 

① 【マネジメントコース】 店長や経営幹部、または独立

② 【スペシャリストコース】 指導者、講師、フリースタイリスト

 

と、教えてきました。

 

そこに加えて3番目の選択肢

③ 【美容師 + α】

という事を最近考えています。

 


 

自分のまわりにいる【美容師 + α 】の人たち

 

近いところでは

・美容師 + 着付け

・美容師 + アイリスト

・美容師 + ネイル

・美容師 + エステティシャン

 

少し広いところでは

・美容師 + ヘルパー

・美容師 + イラストレーター

・美容師 + カメラマン

・美容師 + ユーチューバー

・美容師 + イベント企画

・美容師 + 中小企業診断士

 

今までは時間的制約と物理的制約で難しかったのですが、「働き改革」と「スマホやITツール」により、かなりハードルが下がっています。

 

また、少し規模感がある美容室であれば、本部・本社の仕事として

・リクルーター(採用担当)

・マーケッター(販促担当)

・WEB制作者

・店舗開発

・商品開発・仕入れ担当

など考えられます。

 

■ 経験貯金を増やす

 

30代~40代は、将来の働き方に悩む時期です。どのような選択が正しいかは、わかりませんが、「選択肢が多いこと」が幸せな未来につながるのではと考えています。

努力していない人には選択肢が増えません。

 

そのためには、若いころから時間を費やさなければいけません。(時間の投資)

この「時間の投資」は「経験の貯金」につながります。

 


 

働き方改革で、時間的な余裕が以前と比べると出ています。「+α」を探すために、1冊の本を読むこと、ボランティアに参加してみること、地域行事に出てみること、セミナーに参加してみる事、そのように時間を使ってみるのはいかがでしょうか?

 

レボルも会社で制度をととのえ、そのような美容師を応援したいと思います。

 

 

また、美容室の生産性をあげ、スタッフの働く環境整備、働き方改革に備えたいオーナー様、私たちと一緒に取り組みませんか?ぜひ現在抱える経営課題を教えて下さい

レボルはサロンオーナー様のお役立ち度NO1を目指しています。

 



 

新着記事

  • リンゴの木1年会員のリピーターとなって

    担当 / 取締役 中村 文男   &n…

  • 美容師の働き方改革 セカンドキャリアとして第3の選択肢とは?

    担当 / 代表取締役  平井 伸幸   …

  • 子供たちに「いつも笑顔でいて欲しいから」美容業界にいる私たちが出来ること

    担当 / ブランド開発部 MGR 佐々木…