サラツヤ髪を守る洗い流さないトリートメントの使い方

サラツヤ髪を守る洗い流さないトリートメントの使い方

サラサラ・ツヤツヤの髪をキープするのに欠かせないアイテムの1つ、洗い流さないトリートメント。
ダメージを受けた髪をサポートするだけでなく、ドライヤーの熱や紫外線から髪を守る効果も期待できるので、とても重宝しますよね♪

でも、正しい使い方をマスターしていないとその実力を最大限に引き出すことはできないのです!
美しい髪のために覚えておきたい、洗い流さないトリートメントの使い方をご紹介します♪

使うタイミングはトリートメントのタイプに合わせて!

洗い流さないトリートメントを使う時、「髪を乾かす前につければいいの? それとも乾かした後?」と悩んだことはありませんか?

トリートメントを使うタイミングは、トリートメントのタイプに合わせて変えましょう。
洗い流さないトリートメントには、乾かす前の湿った髪につけるタイプのものと乾かした後の髪につけるタイプのものがあります。

使うタイミングに迷ったら、それぞれの製品に書かれている使用方法をよく読むようにしてくださいね♪

地肌には絶対につけないで!

地肌には絶対につけないで!

いよいよ髪にトリートメントをつけていきます♪
トリートメントに書かれている適量を手に取り、手のひらに広げたら髪の内側に両手を入れるようにして、毛先から髪の中間に向かって揉み込んでいきましょう。
最後にクシでとかすようにすると髪に均一に行き渡らせることができますよ♪

この際、地肌には絶対にトリートメントをつけないように気をつけてください!
地肌についてしまうと、もともと地肌にある皮脂とトリートメントの油分が混ざり合って毛穴を塞ぎ、かゆみや吹き出物、抜け毛などに原因になってしまいます……。
必ず毛先を重点的に、髪の中間までつけるようにしてくださいね!

その後はいつも通りドライヤーで髪を乾かしましょう♪

乾いた髪につけるタイプは朝のスタイリング時にも大活躍

ドライヤー後の乾いた髪につけるタイプのトリートメントを使っている場合は、夜のシャンプー後だけでなく朝のスタイリング時にも大活躍!

朝の乾いた髪に適量つけたら、ブローしてスタイリングしましょう。
髪がまとまりやすくなり、朝のキレイなヘアスタイルと髪のうるおいをキープすることができますよ♪

この時には夜よりもちょっぴり控えめな量にするのがオススメ。
つけすぎるとべたついたり、髪が重たく見えてしまったりすることがあります。気をつけてくださいね。

美しい髪の強い味方になってくれる、洗い流さないトリートメント。
賢く活用して、さらに美しい髪になっちゃいましょう!

美容室帰りの髪をキープ! 自宅でできるヘアケアテクニック

column0412_03

美容室帰りの髪はサラサラでツヤもあり、まさに理想の状態ですよね♪
ヘアカラーやパーマなどもキレイな状態で、「ずっとこのままならいいのに……」と思う方も多いと思います。
「でも、パーマが取れちゃうのは仕方ないこと」
「どうしても髪の毛がだんだんパサついてきちゃう」
そうお悩みの方にオススメしたい、美容室帰りの髪をキープするためのヘアケアテクニックをご紹介します♪

美容室帰りの髪で気をつけてほしいこと

美容室帰りの髪をキープするためには、当日には髪を濡らさないようにすることが大切です。
ヘアカラーの染料や薬剤などの影響で、美容室帰りの髪はキューティクルが開きやすい状態になっています。
なるべく髪に刺激を与えないためにも、当日はシャンプーは控え、次の日から丁寧なヘアケアに努めてくださいね♪

サラツヤ髪をキープするためのシャンプー3ステップ

■ お湯で洗う前にブラッシング♪
まずシャンプーをする前にブラッシングをしましょう。
絡まりやすい毛先から丁寧にとかし、根元もきちんととかします。
強くブラッシングし過ぎないように、優しく行ってくださいね♪

■ シャンプー前に髪と頭皮をよくすすいで!
いよいよシャンプーです! この時、シャンプーを髪につける前に髪と頭皮をしっかりすすぎましょう。
シャンプー後に髪をすすぐ時と同じぐらいしっかりすすぐのがポイント♪
じっくりと予洗いすることで、シャンプーの泡立ちをよくして汚れをより確実に落とすことができますよ!
シャンプーは指の腹を使い、頭皮を弱い力でマッサージするようにしてください♪

■ アウトバストリートメントを習慣に♪
シャンプー・トリートメントが完了したら、すばやく髪から水気を取り除き、アウトバストリートメントをつけましょう♪
髪は熱に弱いので、バスルームでどんなにトリートメントをしてもドライヤーの熱のせいでパサパサになってしまうことも……。
ドライヤーの前にタオルドライした髪にアウトバストリートメントをつければ、熱から髪を守ることができますよ♪
この時、髪の表面だけでなく内側にまでもみ込むようにつけてくださいね。地肌には絶対につけないように気をつけましょう!

美容室帰りのカラーを長持ちさせるテクニック

ヘアカラーを長持ちさせるカギを握るのは、「熱」です!

髪はもともと熱に弱い性質がありますが、カラーリングをすると特に弱くなってしまいます。
できるだけ刺激を与えないよう、低温のお湯でシャンプーするようにしましょう♪
また、スタイリングをする時にはコテなどの温度を少し低めに設定することをオススメします。
カラー直後はコテを使わないというのも選択肢の1つですね♪

また、すでにお話ししたアウトバストリートメントを活用するのも効果的♪

キレイなパーマを保つためのテクニック

column0412_04

美容室帰りのパーマをキープするためのポイントは「トリートメント」!

パーマを施した髪は毛先が乾燥しやすくなります。
それをそのままにしてしまうと、キレイなカールやウェーブが取れやすくなってしまうのです!
髪の毛のうるおいを保つためにはトリートメントが必須。
ここで大切なのは、パーマの形を崩さないよう指先でくるくるとパーマの形を作りながらトリートメントをつけることです!
くるくるしながら一通りトリートメントをつけたら、ギュッギュッと手のひらで髪を握り込んで髪の内部に栄養を浸透させましょう♪

最後は地肌を中心にしっかりとすすぎ、毛先にはほんの少しなめらかさが残る程度のイメージで洗い流してくださいね♪

自宅でのセルフケアでも十分美容室帰りの髪をキープすることはできるのです!
日頃のヘアケアにぜひ取り入れてみてくださいね♪

◆REVISHシリーズは頭皮環境と髪質改善だけでなく、パーマがかかりやすく、カラーの退色もしにくいため多くの美容室で使われています!
現役美容師が開発した、お客様の髪の悩みを解決するためのシャンプー&コンディショナー。サロンのケアをご自宅でも♪
ネットでご購入いただけます!

revish04_728×90

要注意! 春の花粉シーズンにすべきヘアケア対策

column0407_01

春になると私たちを悩ませる花粉。
マスクやゴーグルなどを使って徹底的に対策をしている方も多いですよね!

なのに、なかなか症状が改善しない……。
そんな時はもしかしたら、髪の毛に付着した花粉が原因になっているのかも!?

今回は、普段の花粉対策でついつい盲点になりがちな「ヘアケア」についてお話しします!

春の髪は「花粉の巣」!? 花粉対策にヘアケアが大切な理由

春になると大量に舞う花粉は、静電気などによって私たちの体に付着します。
洋服などについたものは軽く払うだけで落とすことができますが、実は髪の毛についた花粉はそうはいかないのです!

私たちの髪の毛には「キューティクル」と呼ばれるうろこ状のタンパク質があります。
これはしっとりうるおった状態であれば閉じていますが、乾燥するとふわっと開き、こすれあって静電気を起こしてしまいます。
花粉は静電気に引き寄せられる性質を持っているので、髪の毛に引き寄せられ、絡み付いてしまうのです。

さらに、花粉自体の形にも原因が。
花粉を顕微鏡などで拡大して見てみると小さな突起のある形をしています。
これが髪の毛のキューティクルにがっちりと引っかかり、取れにくくなってしまうのです。
このような理由から、春の髪はまるで「花粉の巣」のような状態に!

一体どうすれば春の髪を花粉から守ることができるのでしょうか?

春の髪にオススメのヘアケア方法

■ 帽子を被る&花粉のつきにくいヘアスタイルをチョイスする
外出時にマスクなどをするのと同じように、帽子を被って髪を露出しないようにしましょう。
何よりも花粉を髪に触れさせないようにすることが先決です♪

でも、常に帽子を被って過ごすわけには行きませんよね。
ヘアアレンジなども楽しみたいところ。そんな時は、アップスタイルや三つ編みなど、なるべくコンパクトなアレンジがオススメ♪
静電気が起きやすく花粉が付着しやすいロングヘアーやパーマ髪をなびかせるのは絶対にNGです!

■ 帰宅時にはまず髪の花粉を落とす

帰宅時にはまず髪の花粉を落とす

帰宅時には必ず上着などの花粉を落とすようにしている、という方は多いと思いますが、この時に髪に付着した花粉も落とすようにすることをオススメします!
ブラシなどを玄関に置いておき、真っ先にブラッシングすれば家の中に花粉を持ち込まずに済みますよ♪

■ 早めのシャンプー&トリートメントが大切!
玄関で花粉を払ったとしても、髪の間には花粉が大量に挟まったままになっています。
そのまま過ごしてしまうと、花粉を肌身離さず持ち歩くことに……。
外出後は早めにシャンプーをして、花粉をキレイに取り除きましょう♪

さらに、シャンプーの後にはしっかりとトリートメントをして髪の乾燥を防ぎましょう!
髪が常にうるおった状態になっていれば、静電気を防いで花粉の付着を減らすことができますよ!

毎日の正しいケアは、髪を美しくキープするだけでなく花粉症の予防にも繋がるのですね!
今日から始めて、さわやかな春を思い切り楽しみましょう♪

髪の乾燥パサつきを押さえ、静電気を抑制するアクアフェンテ。
美容室でも仕上げに必ず使用し、リピーター続出!の洗い流さないトリートメントです。

column0407_03

シャンプーしない「湯シャン」本当はどうなの?!

シャンプーしない「湯シャン」本当はどうなの?!

髪の毛や頭皮に負担が少なく、頭髪の健康を維持することができるとして話題の、シャンプーを使わずにお湯だけで汚れをオフする『湯シャン』。
してみたことのある方も少なくないのでは?

しかし実は、この「湯シャン」だけにすると髪の毛や頭皮にあまりいい影響を与えない場合があることがわかっています。
では湯シャンだけの場合、髪や頭皮にどんな影響があるのでしょうか?詳しくお話しします!

フケや皮脂などの汚れが十分落とせない……

シャンプーには界面活性剤などの化学成分も多く含まれるため、毎日シャンプーをするのはあまりよくない、ということも言われてきました。
2日に1回程度のほうがいい、なんてこともよく聞く話でしたね。

先に紹介した『湯シャン』も、こういったことが理由でお湯だけで汚れを落としたほうがいい、といわれるようになったのではないでしょうか。
お湯でしっかりと洗えば、確かにある程度の汚れを落とすことは可能です。
しかし、頭皮はほかの体の部位と比べて代謝が活発!皮脂の分泌も盛んで、フケもたまりやすいです。

シャンプーを使わないと汚れを十分に落とすことができないため、皮脂やフケはどんどんたまり、においやかゆみの原因のひとつになってしまうのです……!

抜け毛の原因にも

毎日シャンプーをしないと、どんどん汚れが溜まることで頭皮の毛穴が詰まりやすくなってしまいます。
毛穴が詰まると健康な髪の毛を維持することができなくなり、細く弱々しい髪の毛になってしまったり、抜け毛や薄毛の原因になってしまうことも少なくありません……。

シャンプーを使わないことよりも、肌にやさしい成分で作られているシャンプーを使用し、きちんと汚れを落とすことが大切なのです!

頭皮ニキビになってしまうことも

頭皮ニキビになってしまうことも

頭皮の毛穴が詰まりやすくなってしまうことで、頭皮にニキビができやすくなってしまう人も少なくありません。
ニキビのほかにも吹き出物や炎症などが起こる可能性もあります。
こういった症状は、湯シャンを始めてしばらくたったころに起こりやすく、まさしく毛穴が詰まり始めている証拠です。

湯シャンにしてからこういった頭皮トラブルが起こってしまった場合は、すぐに湯シャンはやめて今までどおり、頭皮を清潔に保つためにシャンプーを使うようにしてください!

肌にやさしいシャンプーなら問題ない!

シャンプーは髪の毛や頭皮に悪影響だと言われていたのは昔の話で、最近市販されているシャンプーは、ほとんど影響のないものだと言われています。
しかし、洗浄成分が強すぎたり、界面活性剤の種類によっては頭皮に悪影響を与えるものもあるので正しい知識が必要です!
お湯だけではオフしきれない皮脂や汚れは、シャンプーを使ってやさしく洗い流してあげることが大切です。

シャンプーをしたら、洗浄成分が頭皮に残らないように、しっかりと時間をかけてすすぎをすることもポイント♪
正しくきちんとシャンプーして、頭皮と髪の毛の美と健康をキープしましょうね♪

頭皮に優しく、安心安全の成分設計でおすすめなREVISHシリーズ!
市販のシャンプーと違って、“洗い流ししすぎない“ことができるサロンでも使用されているシャンプー&コンディショナーです!
肌に安心の成分で作られているので、赤ちゃんからお年寄り、ペット(10倍に薄める)まで使えます。

column0127_06

髪の毛を結ぶ習慣が頭皮に与える影響とは?

髪の毛を結ぶ習慣が頭皮に与える影響とは?

ロングヘアの女性は、仕事の都合上やファッションのひとつとして、髪の毛を結ぶ習慣があるという人も多いでしょう。
しかしこの髪の毛を結ぶという習慣が、実は頭皮や髪の毛に大きな負担となってしまうこともあるのです。
髪の毛を結ぶとなぜ頭髪にダメージが与えられるのか、また髪の毛を結ぶ習慣はどのような影響を頭髪に与えるのかを紹介します。

頭皮に大きな負担となる

髪の毛を結ぶことは、頭皮にとって大きな負担となってしまいます。

特に1か所でギュッと強く引っ張ってまとめるポニーテールのようなヘアスタイルは、頭皮はもちろん髪の毛にとっても大きな負担となります。
ポニーテールなどは常に頭皮が引っ張られている状態になり、この状態が長時間続くことが頭皮に大きなダメージを与えるのです。

毎日長時間髪の毛を結んでいれば、それだけ負担も大きくなり、結果頭皮の炎症や肌トラブルにつながる場合もあります。

抜け毛や薄毛の原因にも

健康な頭髪をキープするポイントとして、頭皮の血行を健康に保つことはとても重要なことです。

そのため、食生活やマッサージなどで頭皮のケアをしていても、髪の毛を結んで頭皮が引っ張られた状態を長く続けていると、頭皮の血行が悪くなってしまいます。

血行不良が続くと、健やかな頭髪をキープするために必要な栄養が十分に供給できなくなってしまいます。
栄養不足の状態が続くと髪の毛は次第に細く弱々しくなってしまい、切れ毛や抜け毛、さらには薄毛の原因になってしまうことも珍しくありません。

脱毛症を引き起こすことも

髪の毛を結ぶと、頭皮のどこかしら圧迫された状態になります。
頭皮が圧迫された状態が続くと、その圧迫されたところが少しずつ薄くなり、脱毛症を引き起こしてしまいます。

特にポニーテールは1か所で強く結ぶことも多いですよね。
ポニーテールの結び目になる頭頂部から後頭部や、前髪も全てまとめているという人は生え際から脱毛症が進行し始めてしまう恐れがあります。

毎日結ぶ人は注意が必要

毎日結ぶ人は注意が必要

髪の毛を毎日結ぶことは、頭髪にとっては負担が大きいとわかってはいても、仕事柄どうしても結ばなければいけないという人もいるでしょう。
毎日結ばなければいけない場合は、ちょっとした工夫で対策を取ることができます。

まずは強く引っ張るようなヘアスタイルは避けましょう。
もし1日そのようなヘアスタイルをとった場合は次の日は頭皮を休ませてあげることが大切です。
これだけでもダメージを減らすことができます。

もうひとつは、結ぶ時間を短くすることです。
結ぶ時間が短くなれば、それだけ頭髪への負担は少なくて済みます。
終業したらすぐ髪の毛をほどいたり、必要な時間帯だけ結ぶようにしましょう。

また、毎日同じヘアスタイルにならないようにするということも、対策のひとつです。
圧迫される場所が変われば、脱毛症のリスクを減らすことができますよ。

髪を結んだときは、しばらくしたらほどいたり、翌日は別の場所で結ぶなどで髪の毛のダメージを減らすことができます。
髪の毛が多く長い人ほど、髪は重く頭皮を引っ張ってしまうので注意してくださいね。

美しい髪のために! 覚えておきたい紫外線ケアテクニック

美しい髪のために! 覚えておきたい紫外線ケアテクニック

気候もぽかぽかと暖かくなって、過ごしやすい季節になりましたね。
でも、暖かくなってくると気になるのが紫外線の影響。
お肌は抜かりなく対策していても、髪はついつい忘れがちなのでは?
お肌と同じように、髪にも早め早めの紫外線対策で1年中ツヤツヤの状態をキープしましょう♪

知ってた? 紫外線の髪への影響

「髪が日焼けするなんて聞いたことない!」
「ちょっと茶色くなったりしてる気もするけど、大して問題ないでしょう?」
なんて思っている方は多いのではないでしょうか?
でも、それは大間違い! 髪の日焼けは髪に重大なダメージを与えてしまうのです。

髪を黒々と美しく見せているメラニン色素は、非常に紫外線の影響を受けやすいものです。
紫外線を浴びると、分解されて髪の色が変わってしまうことがあります。
さらに紫外線には髪を乾燥させる働きもあるので、パサパサに乾いてキューティクルがはがれ、枝毛や切れ毛の絶えないまとまりのない髪になってしまうのです……。

また、紫外線は頭皮にも悪影響を及ぼします。
頭皮が日焼けをすると乾燥して硬くなってしまいます。
水分をキープすることが難しくなり、これから生えてくる髪にも影響が……。

髪の紫外線ケアを行うことは美しい髪をキープするだけでなく、健康な髪を育てるためにも大切なことなのです!

紫外線対策ヘアケアテクニック

column0315_02

■ お出かけ前にはUVカット効果のあるヘアスプレーをワンプッシュ
お出かけ前にお肌に日焼け止めを塗るように、髪にもUVカット効果のあるヘアスプレーなどを使うようにしましょう。

トリートメント効果のあるものなどを選ぶようにすれば、髪にツヤを与えることもできるので一石二鳥ですよ♪

■ バスタイムにはトリートメントケアを忘れずに!
スプレーで保護していても、外の日差しに晒されれば髪は多かれ少なかれ傷んでしまいます。
バスタイムにはダメージケア用のシャンプーやコンディショナーで洗い、トリートメントで十分にケアしてあげてください。

ブラッシングやブロー時にも洗い流さないトリートメントを使い、摩擦やドライヤーの熱から守ってあげましょう♪

■ 濡れた髪のブラッシングは優しく&頭皮のクールダウンを
シャンプー後の濡れた髪はとても繊細な状態です。
強くブラッシングせず、毛先から優しくブラッシングしながらブローしてくださいね♪
さらに、日焼けによって頭皮が赤くなっている場合には水を入れたビニール袋を当てたり、シャンプーの前に水でクールダウンするようにしましょう。

帽子や日傘などの紫外線帽子グッズを活用するのも効果的です。
髪や頭皮が紫外線に当たる面積を小さくしてあげることが大切なので、ロングの方は髪をまとめるだけでも十分紫外線対策になりますよ♪
髪と頭皮をきちんといたわって、紫外線に負けない美しい髪を手に入れてくださいね♪

フケが増える3つの原因とオススメ対策方法

フケが増える3つの原因とオススメ対策方法

どんなに髪を清潔に保っているつもりでも、気がついたら肩の辺りにパラパラと落ちてくるのが「フケ」。
不潔に見えるし洋服も汚れるし、困りますよね。
色々なヘアケアを試しているのに解消されない……と困っている方も多いと思います。

でも実は、フケはとても基本的なヘアケアで解消することができるかもしれないのです!
困ったフケの原因と解消法をご紹介します♪

困った「フケ」3つの原因

■ シャンプーのしすぎ
フケの一番の原因は頭皮の乾燥です。
頭皮がパサパサになると状態が悪化し、フケを発生させる原因菌が増殖してしまうのです。
本来、頭皮には適度な皮脂が分泌されていて、表面をコーティングすることによって水分の蒸発を防いでいます。

ですが、洗浄力の強いシャンプーで頭皮を洗いすぎてしまうと必要な皮脂が取り除かれてしまいます!
これが頭皮の乾燥の原因に。

■ 頭皮の栄養不足
食べ物などから体の中に取り入れられた栄養素は血液に乗って頭皮にまで運ばれます。
でも、偏った食生活などによって栄養素が不足してしまうと頭皮の環境も悪化してしまうのです!

また、睡眠不足やストレス、運動不足などによる血流の悪化も頭皮の栄養不足の原因に……。
栄養不足の頭皮は免疫力が低下し、原因菌の増殖を招いてしまうのです。

■ シャンプー・ヘアケア剤が合わない
適度に髪を洗い、栄養もきちんと取っているのにフケが出るという場合は、シャンプーやヘアケア剤が頭皮に合っていない可能性があります。
合っていないヘアケアグッズによるケアは髪を整えるどころか、かえって頭皮に大きな負担をかけてしまうのです!

ただでさえフケの出ている頭皮はとても繊細な状態です。
自分に合ったヘアケアアイテムを使うようにしてくださいね♪

フケを予防! オススメ対策方法

フケを予防! オススメ対策方法

■ 毎日のシャンプーを見直す
頭皮の乾燥を防ぐためには、まずシャンプーの仕方を見直すことが大切です。
洗いすぎは頭皮の皮脂を奪うことになります。
シャンプーの使用は2日に1回、その他の日はお湯だけで丁寧にすすぐようにしてくださいね♪
シャンプー自体を低刺激のものに変える、爪を立てないように優しく洗うなどの気配りも大事ですよ♪

■ ブローの際は頭皮に長時間当てない
シャンプー後のブローは、なるべく髪や頭皮から離して温風を当てるようにしましょう!
ドライヤーの風を長時間当て続けると頭皮の乾燥が進み、フケの原因になってしまいます。
冷風を使って乾かすのも、頭皮をいたわりながらブローできるのでオススメです♪

■ 食生活・生活リズムを整える
野菜をあまり食べない、油っぽいものを好むなどの食生活の乱れは頭皮の栄養不足の原因になります。
また、睡眠を十分にとることや適度なストレスの発散、運動なども頭皮の血流を促し、食べ物から取り入れた栄養素を頭皮まできちんと届ける手助けをしてくれます♪

頭皮環境もお肌と同じで、丁寧なケアや生活習慣の改善によって十分に改善することができるのです!
きちんと対策をして、フケを防ぎましょうね♪

静電気が髪にダメージを与える!? その理由と対策方法

唐辛子が髪に良いって本当? カプサイシンの効果とは

静電気で髪がフワフワと広がってしまいまとまらないのは、冬の大きな悩みのひとつですね。
でも、「ただパチンとなるだけだから」「髪がまとまらないだけだから」とついつい静電気を軽視してしまいがちではありませんか?

実は静電気というものは、髪に深刻なダメージを与えてしまう可能性を持っているのです!
本当は怖い静電気が髪に与える影響と、手軽にできる対策法についてお話しします!

静電気が起こるしくみとは?

静電気は、空気が乾燥している冬ほど起こりやすいものです。
ものには必ずプラスとマイナスの電子が存在しています。
静電気は、ものとものがこすれ合うことによって電子のプラスとマイナスのバランスが崩れることが原因となり、発生するのです。

そもそも静電気はいつでも発生しているものなのですが、乾燥していると逃げ場を失って蓄積されやすくなってしまいます。
クシで髪をとかしたり、ニットの重ね着をしたりすることでも、静電気は起きやすくなります。

静電気が髪に与えるダメージとは?

冬場に髪がパサつきがちになったり、まとまりにくくなったりしませんか?
それは、静電気によってダメージを受けているせいかもしれません。

髪に静電気がたまると、髪の水分が奪われたり、髪のキューティクルが剥がされたりという悪影響が起こります。
毛先が静電気でこすれると髪はもつれてからまりやすくなり、これが切れ毛や折れ毛、枝毛の原因になってしまうことも……。

また、乾燥して帯電した頭皮には目に見えないチリやホコリが付着しやすくなります。
こういった汚れは頭皮に雑菌としてたまりやすくなり、かゆみや腫れなどの頭皮トラブルを引き起こす原因になってしまうのです!

静電気による髪のダメージを防ぐ方法

静電気による髪のダメージを防ぐ方法

《1》加湿をする
静電気は湿度が35%以下になると発生しやすくなります。
加湿器を生活に上手に取り入れて、常に湿度を一定に保つようにしましょう!

ほかにも濡れタオルを部屋干しするなど、湿度を下げない工夫が大切になります!
身の回りを加湿して静電気を防ぐことが、健康な髪を守ることにつながるのですよ♪

《2》静電気防止グッズを取り入れる
ブレスレットやスプレーなど、静電気を除去してくれるグッズを使ってみましょう!
髪や洋服がまとわりついてきた時に使えば、静電気のお悩みから解放されますよ。
パッと使えてすぐに静電気を除去することができるのは便利ですよね♪

《3》洗い流さないトリートメントを使う
静電気で髪が傷んでしまう大きな原因は、髪が乾燥していること! 乾燥でパサパサになってしまったキューティクルを補うことでも、静電気対策ができます♪

静電気対策にオススメなのは、洗髪後に洗い流さないトリートメントを使うこと。
トリートメントを髪になじませることで、髪が乾燥しにくくなるため静電気も発生しにくくなります!
静電気対策をしながら髪の健康も守ることができる嬉しいアイテムですね♪

おすすめ洗い流さないトリートメントはこちら!
ドライヤー前の塗れた髪につければドライヤー熱からも髪を守ります。
日常の紫外線や乾燥を防ぎ、静電気を抑制!

http://revol-club.jp/aqua/lp/index.htm

「たかが静電気……」と見くびらずに、きちんと対策していくことが快適に美しい髪を保つために大切なことなのです!
早速今日から試してみましょう♪

毎朝の洗顔で肌トラブルを防ぐ! 「朝洗顔」のポイント

毎朝の洗顔で肌トラブルを防ぐ! 「朝洗顔」のポイント

夜には「メイク落としと洗顔がセット」という方がほとんどかと思いますが、朝は洗顔料を使って洗顔をしないという方は意外と多いですよね。

ところが、朝洗顔をしないとお肌に深刻なダメージが起きてしまう可能性が!
朝の丁寧な洗顔が、肌トラブルを防ぐカギになるのです。
「朝洗顔」の正しい方法をご紹介します♪

「朝洗顔」をしないと肌トラブルや老け顔の原因に?

眠っている間、顔からはどんどん皮脂が分泌されています。
さらに、眠る前にお肌に塗ったスキンケア剤の油分が朝までに酸化してしまったり、汚れが付着して不衛生な状態になっていることも!

酸化した脂や汚れを放置したままにすると、毛穴が詰まってうまくお肌のターンオーバーが働かなくなります。
不衛生な状態のまま過ごすと、肌荒れや乾燥などの肌トラブルの原因
になってしまうのです……。

また、朝洗顔をせずメイクをしてしまうと、お肌にどんどんダメージが蓄積され、老け顔の原因になってしまいます。
丁寧な洗顔は夜だけでなく朝にも必要なのですね!

普段のスキンケア用品選びももちろん重要です♪
例えばアルガンオイルは、エイジングケアをサポートしてくれるビタミンE (トコフェロール) が、一般的な美容オイルの3~5倍含まれています。

また、アーデのアルガンオイルはその大自然そのままのチカラを存分に活かすため酸化防止剤などの防腐剤は一切入っておらず、100%手搾りのオーガニックオイルとしてお使い頂けます。
「美しく年齢を重ねたい」という方には特にオススメなケア商品です!

「朝洗顔」をしないと肌トラブルや老け顔の原因に?

朝洗顔で気をつけるべきポイント

朝入念に洗顔をするのは、お肌を清潔に保つのにとても重要です。
しかし、キレイにしたい一心でゴシゴシと落とし過ぎるとお肌に負担がかかってしまいます。

また、お肌を守る上で必要な皮脂まで洗顔で取り除いてしまうことになるため、お肌のバリア機能が低下してしまう危険性も……。

「必要な皮脂を守るために朝の洗顔はぬるま湯だけ」という人もいますが、お湯だけでは汚れが落としきれません。
洗浄力が強いタイプの洗顔料を避け、お肌に優しいタイプのものを選んできちんと洗顔しましょう!
朝時間がないという人は、ジェルタイプの洗顔料を取り入れるとお手軽になりますよ♪

朝洗顔の正しい手順とは?

朝洗顔の正しい手順とは?

朝洗顔をするときには、洗顔料をしっかりと泡立てて、優しく洗顔しましょう。
たっぷりと泡立て、顔に手が直接触れないように洗うのが、肌に負担をかけない洗顔のコツです♪

しっかり泡立てて優しく汚れを落としたら、時間をかけて確実に洗顔料をすすぐようにしましょう。
洗顔料がお肌に残っていると肌トラブルを招いてしまうことがあるので、20回から30回程度はすすぐようにしてくださいね!

また、洗顔のあとはタオルでゴシゴシと拭くのではなく、押さえるようにして優しく水分を取りましょう。
お肌にたっぷりと保湿を施すことも忘れずに♪

朝洗顔を習慣化することによって、肌トラブルが改善しやすくなります。
さっそく明日の朝から始めて、健康的なすべすべお肌をキープしましょう♪

猫背は損! 姿勢が悪いと抜け毛が増える理由とは?

猫背は損! 姿勢が悪いと抜け毛が増える理由とは?

仕事や学習、趣味などで長時間パソコンを使ったり、ついつい下を向いてスマホ画面を見続けたりしてしまうという人は多いと思います。
この時猫背になっているとか、姿勢の悪さから肩のこりを感じるという人は要注意!
なんと姿勢の悪さは、薄毛や抜け毛の原因にもなってしまうのです。
その知られざる理由に迫ります!

あなたの姿勢は大丈夫?

背中が丸まっている猫背の状態が続くと、肩の筋肉はずっと引っ張られた状態になります。
もともと首の骨というのは、正しい姿勢をとった時にはゆるやかなS字のカーブを描いているもの。

ところが、猫背の状態だと首の骨は伸びたままになり、首周りの筋肉に負担がかかってしまうのです!
猫背を続けることで、首周辺の筋肉は緊張状態になり、どんどんこり固まってしまいます。

そんな猫背が引き起こすのは、深刻な肩こりだけではありません。
長時間の猫背によって肩こりが慢性化すると、首周りの血流はどんどん悪くなります。

そして次第に、頭部や頭皮に必要な血液までもが行き渡らなくなってしまうのです!
姿勢の悪さは抜け毛や薄毛など、髪の毛の成長を妨げる原因にもなるのですね……。

血流低下で髪にトラブルが起きる?

頭皮や髪の健康というのは、体内の血流と密接な関係があります。
そもそも体というのは、脳や心臓など生命維持にかかわる機能を優先する仕組みになっています。
髪の毛という末端部分の保護は優先順位が低いため、血流が悪くなると髪にまで栄養が行き届かなくなってしまうのです。

脳や心臓などへの血流が優先された結果、髪がやせてしまったり、髪の伸びるスピードが遅くなったり、抜け毛や薄毛が進行したりというトラブルが起こってしてしまいます。
髪の健康を保つためには、まず十分な血流を確保することが大切! そのためには、血行を妨げる姿勢の改善が必須なのです♪

髪のためにも、姿勢を正そう!

髪のためにも、姿勢を正そう!

薄毛や抜け毛を防ぐためには、姿勢を正して生活するよう心がけたいもの!
普段の生活でパソコンやスマホを使うときにも、背中が丸まってしまわないよう意識的に背筋をピンと伸ばすようにしましょう。

また、おでこから生え際にかけての薄毛を気にしている人は「生え際が目立たないように」とついついうつむきがちになります。
しかし、うつむいた猫背の姿勢を続けることによって、髪がやせ細ってますます薄毛が進行してしまうという悪循環が起こるケースも……。
血流の改善を意識して、できるだけ背筋を伸ばして生活するようにしましょう♪

何事も考えすぎは禁物! ストレスがさらに薄毛を進行させてしまうこともあります。
前を向いて背筋を伸ばし、堂々とした姿勢を心がけるだけで生き生きとした髪が手に入るのですね♪

思い立ったが吉日! エイジングケアを始めるのは何歳?

思い立ったが吉日! エイジングケアを始めるのは何歳?

「エイジングケアに興味はあるけれど、まだ始めなくてもいいかな」と思っていませんか?
10代や20代前半の頃にはお肌になにもしなくても大丈夫だったという人も、歳を重ねていくとそうは言っていられなくなります。

20代後半や30代になってくると、エイジングケアをしている人となにもしていない人のお肌には、はっきりとした差が出てきてしまうものです。
できるだけ早いうちからエイジングケアを始めてみましょう♪

その肌トラブル、エイジングサインかも!?

シミやシワ、くすみやたるみなどのトラブルは、お肌が老化してしまった証拠。
こういったトラブルが一度起きてしまうと、改善するためのケアは大変です。
つまり、肌トラブルが起きてしまった時にはもう遅いということ!

最近毛穴が目立ってきた、乾燥や肌荒れが気になる、頬がたるんでいる気がする、ほうれい線が気になるといったお肌の悩みがある場合には要注意。
こういった肌トラブルは、エイジングサインである可能性が高いです。
お肌の悩みを解決するためにも「エイジングケアなんてまだ早い」と思わずに、今すぐに対策を施しましょう♪

エイジングケアの基本はスキンケア

エイジングケアで大切なのは、肌をトラブルのもとから守ること!
洗顔の後に化粧水や乳液で念入りに保湿をするだけでも、お肌の様子が変わってきます。

紫外線による肌荒れを防ぐために、UVケアを徹底することも大切。
暑くない日や曇りの日にも紫外線は降り注いでいるものなので、夏だけでなく冬にもUVケアをしましょう♪

さらに、お肌に良い効果を与えてくれる成分がたっぷりのエイジング化粧品を取り入れるのも効果的!
何歳からという決まりがあるものではないので、なるべく早めに取り入れたいですね♪

普段の生活にもエイジングケアを取り入れて

普段の生活にもエイジングケアを取り入れて

お肌のケアだけでなく、普段の生活を整えることも効果的なエイジングケアにつながります。
野菜や魚類などを中心とした健康的な食事を意識すれば、血液の循環や代謝が良くなり、ターンオーバーが促されてお肌もうるおいやすくなりますよ♪
ウォーキングや体操など、生活に適度な運動を取り入れるのもエイジングケアに効果的!

また、ストレスがたまるとホルモンバランスが崩れてお肌が荒れやすくなってしまいます。
できるだけストレスをためないようにしつつ、気持ちを若く保つようにしてくださいね♪

身も心もいつまでも若々しくいるために、今日からでもエイジングケアライフを始めましょう!

前後のケアが重要! パーマを長持ちさせる方法

前後のケアが重要! パーマを長持ちさせる方法

髪の流れを作り、魅力的なヘアスタイルを叶えてくれるパーマ♪
でも「パーマの持ちの悪さや髪の傷みが気になる……」という女性も少なくありません。

せっかくかけたパーマなら、できるだけ美しい状態をキープしたいですよね。
そこで、パーマを長持ちさせるためのヘアケア方法をご紹介します!

パーマをする前のケア

パーマのかかりをよくするためには、パーマの前のケアが大切です。
パーマ前には髪に残っている汚れや整髪剤を、シャンプーでしっかりと落としておきましょう。
このプロセスを省くと髪表面の油膜がパーマ液の邪魔をして、パーマがかかりにくくなってしまいます。

また、リンスやトリートメントも髪をコーティングしてしまうため、パーマ前は使用しないほうが無難です。
髪の傷みが気になる場合はサロンで相談し、パーマ前に使えるトリートメントを散布してもらいましょう。

パーマをした後のケア

パーマをした後のケアはパーマを長持ちさせるため、そしてパーマによる髪の傷みを軽減させるために行います。

パーマを長持ちさせるには、まずはパーマをした当日のケアが重要になります。
パーマをした後の1~2日は、シャンプーをしないほうが持ちが良くなると言われています。

これは、自然に酸化を促しパーマをしっかりと定着させるためです。
しかし自然には完全に酸化しないため、残留アルカリが髪に残ります。
これが傷みの原因
となります。

また、寝ている時は頭の重みでパーマが崩れがちです。
髪を頭の上に流して、押しつぶさないように注意しながら寝るようにしましょう。

次に必要なのが、パーマによって発生したダメージを抑えるケアです。
パーマ液は髪の内部まで浸透し、キューティクルをはがしてダメージを与えています。
この傷みを軽減させるために、タンパク質系成分を補えるトリートメントやケア用品を使用しましょう。

髪に負担無くしっかりと美しいパーマをしたいなら「オゾンパーマ」がお勧め!
オゾンパーマは髪に必要な栄養分を補いながらキューティクルを補修し、ツヤとハリコシたっぷりの美しい健康髪へと導くトリートメント効果の高いパーマです。
軟毛・薄毛・クセ毛もしなやかな髪に改善します。

髪に必要な栄養分と水分をたっぷりあたえ、オゾンのチカラでしっかりと酸化させるため髪も傷まずパーマ独特の臭いも除去してくれます♪
もちろんかけた直後からシャンプーもOK!

パーマをした後のケア

また、パーマをした後は髪がアルカリ性に傾いています。
この傾きを元に戻すため、弱酸性のシャンプーを使用しましょう。
中でも刺激が少ないアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

パーマをした後のケア

サロンでも使用しホームケアでもお勧めのREVISHシリーズ。
パーマが掛かりやすく、カラーも退色しにくいと好評です!

パーマをした後のケア

シャンプー後の乾かし方

シャンプー後はタオルドライで水分をしっかり取り除きます。
ただし髪をこすると傷みが進行したり、パーマが落ちる原因になります。
タオルで挟み、ポンポンと軽く叩いて水分を取り除きましょう。

シャンプー後はドライヤーを使って素速く乾かしましょう。
自然乾燥させると雑菌が繁殖したり、髪の傷みが加速してしまうのでおすすめできません。
クシやブラシを使うとパーマが取れやすくなってしまいます。
パーマの流れに沿って、手で揉み込みながらドライヤーを当てて乾かしましょう。

以上、パーマを長持ちさせるための方法についてご紹介しました。
パーマがすぐに取れてしまうという方は、参考にしてみてくださいね。

唐辛子が髪に良いって本当? カプサイシンの効果とは

唐辛子が髪に良いって本当? カプサイシンの効果とは

「カプサイシン」とは、唐辛子に含まれている辛味成分のこと。
ダイエット効果があることで知られていますが、実は育毛や発毛にも効果があると言われています。
どのような作用が髪にメリットをもたらすのか、効果的な摂取方法とあわせてご紹介します。

カプサイシンが髪に良い理由とは

カプサイシンには、エネルギー代謝を活発にさせ血行を促進する作用があります。
唐辛子が使われた料理を食べると体がポカポカと温まるのは、血行が良くなるからなのです。

この作用は、頭皮や髪にもメリットをもたらします。
血液の流れが頭皮に必要な栄養素を運びこみ、髪の成長を促してくれるのです。
冷え性を改善し、白髪や薄毛を予防する効果も期待できると言われています。

また、意外と知られていませんが、カプサイシンには便秘を解消する効果もあります。
腸の動きを活発化させ、便の排出を促してくれるのです。
腸内環境が整うことで、より健康な頭皮と髪の成長につながります。

唐辛子料理が多い国=薄毛率が低い?

日本の料理では、あまり唐辛子を使うことがありませんよね。

それに対して中国では麻婆豆腐、韓国ではキムチなど、唐辛子を多く使う料理が食卓にのぼります。
そのためか、日本より中国や韓国のほうが薄毛率が低いと言われているのです。

カプサイシンの効果だけが理由とは言い切れませんが、多少は各国の薄毛率に関係しているのかもしれませんね♪

イソフラボンと一緒に摂れば効果アップ!

イソフラボンと一緒に摂れば効果アップ!

「早速カプサイシンの効果を得たい!」と思った方も多いはずです。
しかし、ただ単に唐辛子を食べるだけでは効果的な摂取方法とは言えません。
より育毛・発毛効果を高めたいなら、「イソフラボン」と一緒に摂取しましょう!

イソフラボンとは大豆製品に多く含まれる成分で、女性ホルモンと似た働きをすることで注目されています。
このイソフラボンとカプサイシンを同時に摂取することで、成長因子である「IGF-1」を増加させ、育毛・発毛効果を高めると言われているのです。
納豆とキムチ、豆腐と豆板醤など、大豆製品と唐辛子の相性はとても良いので、ぜひ一緒に摂るようにしてみてください♪

髪や体にさまざまなメリットを与えてくれるカプサイシンですが、過剰摂取すると胃腸に負担をかけてしまいます。
胃腸が荒れると肌トラブルや下痢などを引き起こし、育毛・発毛どころではありません。
唐辛子の食べ過ぎには注意し、サプリメントでカプサイシンを摂る場合は適切な摂取量を守りましょう。

カンタン習慣で変わる「朝の口臭」を防ぐ3つのケア方法

カンタン習慣で変わる「朝の口臭」を防ぐ3つのケア方法
寝起きの口臭が気になるという方は多いのではないでしょうか?
恋人や友達が家に泊まりにきた時など、朝顔を合わせるのが憂鬱になってしまいますよね……。

誰もが一度は経験したことのある「朝の口臭」。
これを防ぐための3つのケア方法をご紹介します♪

朝の口内は細菌だらけ!?

寝起きの口臭がキツくなるのは、眠っている間に唾液の分泌が減ることが原因です。
起きている間、唾液が分泌されることによって口の中の細菌は流し出され、口内はキレイな状態に保たれています。

でも、眠っている間は唾液が減ってしまうので細菌が流し出されることがなく、どんどん増殖していってしまいます。
目が覚める頃には口の中は、増殖し放題の細菌だらけ……。

さらに、歯の間に食べかすなどが挟まっていると細菌に分解されて発酵することによってよりいっそう口臭が強くなってしまうのです!

朝の口臭がキツくなる生活習慣

朝の口臭を強くしてしまう口内環境は、生活習慣によって作られていることがあります。
口臭がキツくなる生活習慣とは一体何なのでしょうか?

眠る前に歯磨きをしない

すでにお話したように、歯の間に食べかすなどが挟まっているとそれを細菌が分解してニオイの原因を作ってしまいます。
歯磨きをしないで眠ってしまうと食べかすをそのままにすることになってしまうため、口臭を強くする原因になってしまうのです!

口を開けて眠っている

眠っている時に口呼吸になってしまう人は意外と多いようです。
口呼吸になると口を開けて眠るため、口の中が乾燥しやすくなります。
ただでさえ唾液の少ない口の中が乾燥してしまうと細菌がよりいっそう増殖してしまうことに……。

ストレスの多い生活をしている

ストレスが溜まると唾液の分泌が減りやすくなります。
また、ストレスを感じている時の唾液はネバネバした状態になってしまうため、せっかく分泌されても口の中を潤す力が弱くなってしまうのです!

朝の口臭を防ぐ! 3つのカンタンケア方法

朝の口臭を防ぐ! 3つのカンタンケア方法

寝る前は徹底的に歯磨きを

眠る前に歯磨きをしないなんて言語道断! 徹底的に歯を磨きましょう。
細菌にえさを与えないよう、デンタルフロスなども使って歯と歯の間の食べかすも取り除くようにしてください。

さらに、歯だけでなく舌の汚れも一緒に取り除くようにしましょう。
舌専用のブラシを使って優しくブラッシングしたらマウスウォッシュなども活用して、口の中を清潔に保つようにしてくださいね♪

ベッドに入る前に水分補給

ベッドに向かう前にコップ1杯の水を飲んで乾燥を防ぎましょう!
寝起きの口臭の一番の原因は、口内の乾燥です。
特に冬などは気温が低いため、あまり喉が渇かないからと水分をとらずに眠ってしまう人が多いようです。
きちんと水分補給をすることで、細菌の増殖を抑えることができるのです♪

眠る時はマスクをつける

十分な水分補給の後は、口の中から水分を蒸発させないように保湿を徹底します!
マスクをつけて眠ればうっかり口を開けて眠ってしまったとしても保湿状態をキープすることができるため、乾燥を防ぐことができるのです♪

さらに、加湿器などを置いて部屋の湿度を一定に保っておけばより十分な効果を感じることができますよ!
喉の乾燥を防ぐこともできるので風邪予防にもなります。
一石二鳥ですね♪

日頃の生活習慣をちょっぴり見直すだけで、寝起きの口臭を抑えることができるのです!
今日からさっそく実践して、さわやかな朝を迎えましょうね♪

髪の毛にも注意!? Uラインに角栓・ニキビが出来る理由と肌ケア方法

髪の毛にも注意!? Uラインに角栓・ニキビが出来る理由と肌ケア方法
顎や顔のサイドの方など、輪郭部分にできるニキビに悩まされてはいませんか?

日頃からきちんとスキンケアしているはずなのに、大量発生しては私たちを悩ませる「Uライン」のニキビや角栓。
繰り返されるUラインのアダルトニキビはなかなか治りにくいのが特徴です。
正しい原因を知れば、効果的な対策を図ることができますよ♪

なぜUラインにニキビができやすいの?

Uラインにできる大人ニキビの原因としては、ターンオーバーサイクルの乱れやお肌の乾燥などが挙げられます。
Uラインはもともとターンオーバーが遅い傾向にあります。
その分古い角質がたまりやすく、毛穴に詰まって角栓になりやすい
のです。

また、皮膚が薄いために乾燥しやすいという理由もあります。
乾燥したお肌はバリア機能を失い、外的刺激によってニキビや吹き出物などの肌荒れを起こしやすくなってしまうのです……。

あなたは日頃、無意識のうちに髪の毛を顔に触れさせてしまったり、頬杖をついたりしていませんか?
常に外気に触れている髪の毛には私たちが想像している以上の雑菌や汚れが付着しています。

さらにワックスなどの整髪料を使ってセットしていた場合には、それらがすべて顔に触れてしまうことになります。
雑菌や刺激物に触れたUラインはよりいっそう肌荒れを起こしやすくなり、ニキビの大量発生を引き起こしてしまうのです!

また、頬杖をつく、クレンジングや洗顔の際にゴシゴシと摩擦をするなどの外的刺激もニキビの原因になります。
できてしまったニキビが気になってついつい触ってしまう、などの行動も悪化につながってしまうので注意してくださいね!

Uラインのニキビにとって、乾燥と刺激は大敵なのです!

Uラインのニキビ撲滅! 肌ケア方法

Uラインのニキビ撲滅! 肌ケア方法

保湿

まずはとにかくしっかり保湿! 外部刺激からお肌を守るために、常に十分水分を補充しておくようにしましょう♪

この時、乳液や保湿クリームはくれぐれも塗り過ぎないように気をつけてください!
ニキビの原因菌であるアクネ菌のエサになるのは毛穴に詰まった油分です。
乳液やクリームには油分が多く含まれているため、角栓の原因になってアクネ菌を増殖させてしまうかもしれません……。

お肌に潤いを与えるためには油分は必須ですが、余分に与えすぎてしまうと逆効果になってしまいます。
十分注意してくださいね♪

刺激を与えない

クレンジングの際の摩擦や頬杖などによる刺激はできる限り避けるようにしてください。
さらに、眠る時に使っている枕や枕カバーを清潔に保っておくことも大切になります。

すでにお話したとおり、髪の毛には多くの雑菌が付着しています。
そんな髪の毛が触れる枕・枕カバーは雑菌が繁殖しやすく、眠っている間にお肌に悪影響を及ぼすのです!

もちろん髪の毛自体を清潔に保っておくことも大切ですが、寝具のお手入れは意外と盲点。くれぐれも忘れないようにしましょう♪

生活習慣の改善

ターンオーバーを正常にするために一番大切なことは、生活習慣の改善です。
バランスのとれた食生活や十分な睡眠、適度なストレス発散などによって心身ともに健康的な状態をキープすることが必要なのです!

忙しい生活の中ではなかなか難しいかもしれませんが、まずは清潔な寝具で早寝早起きに努めるところから始めてみてはいかがでしょうか?

Uラインのニキビを防ぐためには、日頃のちょっとした心がけが大切なのですね。
今日からさっそく試して、ニキビ知らずのすべすべお肌をキープしましょう♪

お肌の水分と油分のバランスを整え、肌サイクルを整えるには
海洋深層水と天然成分からつくられた基礎化粧品がおすすめです!

permiras01_728×90