-shared-img-thumb-C789_osechiryouridayo_TP_V

お正月が終わり、忙しい毎日の始まり。

のんびりしすぎちゃって見事に正月太りをした方!
ぽっこりお腹になっちゃった!という方も多いのではないでしょうか?

ドコモ・ヘルスケアの統計データによると、なんと1年で一番おデブな日は1月6日という結果がでたそう!

クリスマスから始まって、年末年始はおいしいものいっぱい食べちゃいますよね~。
運動だって忙しい年末年始はサボリがち。
仕事も家事も休んでゴロゴロできちゃうのがお正月の魅力でもあります。

年も明けたことですし、今日から心も身体もすっきり参りましょう♪

ということで、緊急コラム★

『正月太り解消!ぽっこりお腹に効く!家事の合間にだってできちゃうながらダイエット♪』を紹介します!

これは私も実践しているものなので、特に1番は効果あると思いますよ~^^

 

1.どこへ行った?!ウエストのくびれを短期間で呼び戻すその名も『エアフラフープ』

a1180_014655

足を肩幅位に開き、安定した姿勢を保ちます。
背筋を伸ばしたまま、フラフープを回すようにウエストを意識して、腰を回します。
回しやすい方だけでOK!
お風呂上りのドライヤーをかけているときや、洗い物をする時など、
ただ”立っている”瞬間にこれを取り入れるようにしてみてください。
劇的にウエストがこんにちは!しますよ♪

ポイントはただ腰を回すのではなく、お尻全体で円を描く様にまわすことです!

2.天井と自分自身を見つめる『ぽっこりお腹撃退エクサ

サイズ』

私の子供達が通っている空手道場でも基礎体力作りでみっちりやる腹筋エクササイズです!

仰向けになって手のひら下にして両腕を伸ばし、背中をしっかりと床につけます。
膝を伸ばしたまま両足をゆっくりと垂直になるまで持ち上げます。
その後、息を吐きながらゆっくりと床につくぎりぎりまで足を下ろします。
これを30回繰り返します。

このとき、首や肩に力はいれずお腹を意識して行うのがポイント♪
やりはじめはつらいので、手をお尻の下に置き、身体を支えるようにしてもOK!

天井を見つめながら、お正月にグータラしすぎてついてしまったお肉との決別を誓ってください(笑)
もちろん!テレビを見ながらでも、スマフォでゲームをしながらでもできるので是非毎日やってみてくださいね。

 

さらに、エクササイズやダイエット時に是非気をつけて欲しいのが「水分」です。

寝る前の水は浮腫みの原因ってホント?

冬は汗の分泌量も少なくのどの渇きもそれほど感じないため、夏場に比べ体内の水分が不足しがちです。
翌日の浮腫みを気にして、寝る前に水分を摂るのを避けている方も多いのではないでしょうか?

しかし実は、翌朝の浮腫みがでるのは寝る直前に水分を摂った場合なのです!

人間は、寝ている間腎機能が低下しているため水分を上手く体外へ排出することができません。
そのため、”寝る直前”に水を飲むと翌朝むくむ原因になってしまうのです。
しかし、寝ている間に人はコップ1杯分の汗をかくといわれています。
また、睡眠中に血液の循環が悪くなったり、血液の濃度が濃くなることで起こる
心筋梗塞や脳卒中などの予防にもなるので、寝る30分前に水分を摂ることは良いとされています。

8379640786_baca4bf8ae_b

さらに起床後に常温水をコップ1杯飲むのも、身体が目覚め、一日の始まりを身体と脳に知らせることにもつながります。
起きた直後の血液は酸欠状態でドロドロになっているので、血液循環を良くするためにもよい方法です。
日頃から水分を多く摂るのは、デトックス効果にもなり、便秘解消にも効果がありますので、
寝る前と起きた後の水分補給は是非毎日行ってください。

ポイントは、冷たい水ではなく、常温でゆっくり飲むことです。
便秘がちの方はマグネシウムを多く含んだ「硬水」と言われる水を寝起きに1杯飲むと良いでしょう♪

コメントを残す