切れ毛が悪化する原因とヘアケア方法

美しく艶のある滑らかな髪の毛は、女性を輝かせてくれる重要な要素のひとつ!
髪の毛のコンディションが、1日のポテンシャルを左右するという女性も多いはず♪
けれど、切れ毛が多いと髪の毛先がパサついたり、髪型が決まらないことも……。
そこで、今回は切れ毛が悪化する原因とヘアケア方法について紹介します!

切れ毛が悪化する原因とは

● 髪の毛の栄養不足
切れ毛ができてしまう原因のひとつとして考えられるのが、髪の毛の栄養不足。
女性ホルモンの乱れや過度なダイエット・食生活の偏りなどにより髪の栄養が足りなくなると、髪の毛の内部がスカスカに……。
それにより、少しの力が加わっただけでも髪の毛が切れてしまうのです。

● 蓄積された髪の毛のダメージ
パーマやカラーリングなどを繰り返すことにより、髪の毛へのダメージが増えて切れ毛が起こることも。
さらに、ドライヤーやコテ・ヘアアイロン・紫外線などによるダメージも、髪の毛を弱く切れやすくしてしまうので注意してくださいね。

● 髪質や髪の毛の長さ
直毛よりも「くせ毛」の方が、太い毛よりも「細い毛」の方が髪内部の水分量を保持しにくいので、ダメージを受けやすく切れ毛が起こりやすいといわれています!
さらに、髪の長い人はダメージの蓄積や頭皮への負担が大きいため、切れ毛になりやすいので気をつけてくださいね。

切れ毛のケア方法は?

切れ毛のケア方法は?

できてしまった切れ毛をケアする最も有効な対処法は、切れ毛をカットすること!
切れ毛や枝毛が起こっている髪の毛があった場合は、毛先から3センチくらいの位置で水平にカットしていけば切れ毛を減らしていくことができますよ。
切れ毛が多い場合は、やはりプロの美容師さんにカットしてもらう方が効果的♪
なるべくこまめに美容室に通って、健康的で艶やかな髪の毛を取り戻しましょう!

できる前のケアが重要! 切れ毛を予防する方法

切れ毛はできてしまったら髪をカットするしかありません。
そのため髪の健康を損なわないよう、普段からダメージを予防するよう気をつけてください!

● 髪の毛の洗い方
毎日の洗髪は髪の状態を大きく左右します。特にゴシゴシ髪を摩擦するような乱暴な洗い方をしてしまうと髪の毛に強いダメージを与えてしまいNG!
まず髪を洗う前には丁寧にブラッシングを行ってから、頭皮・髪の毛をしっかり濡らしシャンプーをしましょう♪
シャンプー中やすすぎ中も、なるべく髪の毛同士をこすり合わせないのもポイントです☆

● 髪の乾かし方
ドライヤーも髪を傷める原因のひとつ。
タオルドライ後のドライヤーの前には流さないトリートメントなどを使い、熱風から髪を保護しましょう♪
80%ほど乾いたら後は冷風で乾かすことで、髪の乾かしすぎを防ぐことができます。

● 生活習慣の見直し
バランスのとれた食事は、健康な髪の毛を作るための重要な要素。
さまざまな食材を食べて、バランス良く栄養素をとりいれてくださいね!
なかでも卵や魚に含まれる「タンパク質」や、牡蠣・レバーなどに含まれる「亜鉛」は髪を作る重要な栄養素なので、意識的に食べることが大切です☆

自ら回復することができない髪だからこそ、日々のお手入れが髪質を大きく左右します!
切れ毛を防いで、毛先まで自信が持てる髪を目指しましょう♪

Comments are closed.