傷んだ髪は戻らない? アイロンで寝癖を直すのは危険!

時間に余裕のない朝には、寝癖を治すためにアイロンを使う人が増えています。
手早くヘアスタイルを整えることができるアイロンは、オシャレに欠かせないアイテムですよね。

でも、そんなアイロンが実は髪に悪影響を与えているということをご存知でしょうか?
朝の強い味方・アイロンがなぜ髪にとって危険なものなのか、解説します!

アイロンの熱がタンパク質を変形させる?

髪の毛の主成分はタンパク質です。
このタンパク質に高熱を加えると、タンパク質が変形して「タンパク変性」を引き起こします。

わかりやすく言い換えると、タンパク質の多いお肉を加熱し続けると焦げてしまい、最終的には真っ黒になってしまうのと同じ。
髪にも同じことが起こり、タンパク質が変形した髪はどんどん硬くなってしまうのです。

焦げたお肉を生のお肉に戻すことができないように、一度タンパク質変性が起こってしまった髪を元に戻すことはできません……。

アイロンを当てている時、髪では水蒸気爆発が起きている!?

濡れている髪にアイロンを当てると「ジュッ」という音と共に湯気が上がって水分が蒸発します。
これは髪に含まれる水分が水蒸気となって膨らみ、髪の毛の中で爆発を起こして破裂している状態です。

水蒸気爆発が起きると髪の毛が破裂し、穴が空いてスカスカになります。
スカスカの髪は水分を上手に保てず、パサパサの傷んだ状態に……。

髪を傷めないようにヘアスタイルをセットするためには、髪をしっかりと乾かした後にアイロンを当てるか、アイロンを水蒸気爆発の起きない100℃以下の温度に設定するようにしましょう。

アイロンを当て続けた髪の中身は、実はボロボロ!

アイロンを当て続けた髪の中身は、実はボロボロ!

アイロンで髪の毛を引っ張って寝癖を直していると、その時は綺麗にスタイルが決まっても、洗髪して乾かすと全く違うボサボサのヘアスタイルになって驚くことがありますよね?

これは、アイロンの熱で髪の毛の内部構造が傷ついてしまったことが原因です。
そのままアイロンを使い続けていると切れ毛や縮れ毛が増え、髪をカットしない限りは元に戻らないという怖い自体に……。

見た目は綺麗にセットできても、髪の中身はボロボロになっているのかもしれません。

髪の水分不足もアイロンが原因だった!?

アイロンで髪の毛に形状を記憶させる際には水分が必要です。
アイロンを髪に当てると髪の内部の水分が蒸発し、この蒸発が起こった部分に形がつく、というのがその仕組み。
つまり、アイロンを使って髪をセットし続けていると髪の内部の水分がどんどんと奪われ、水分不足のパサパサとした髪になってしまうということです。

水分が減少した髪だといくらアイロンを使っても十分な蒸発が起きず、なかなか思うように寝癖が直せなくなります。
こうなると、アイロンの温度を上げてしまったり、さらに長い時間アイロンを使って寝癖を直そうとしてしまったりと、髪の毛をどんどん痛めつけることになってしまいます……。

髪を傷めないように寝癖を直すには?

寝癖を直すときは、高温のアイロンをあまり長い間髪に当てないように心がけることが大切です。

まず髪全体を濡らし、ドライヤーで髪を乾かしながら寝癖を直していきます。
ここである程度の寝癖が直せればアイロンを当てる時間が減り、髪へのダメージを最小限にとどめることができますよ。

髪が乾いたらアイロン専用のスタイリング剤をスプレーし、必要な部分にだけアイロンを当ててスタイルを整えていきます。
ここでスプレーをしておくことによって短時間で形を付けることができ、髪が痛むのを防ぐことができますよ!

アイロンの正しい使い方と髪の毛の構造をよく理解して、いつまでも艶やかな髪を保ちましょう♪

コメントを残す