column1017_07

乾燥シーズンになると、静電気に悩まされる機会が増えますよね。
「パチっと感じるだけなので、特に気にしていない」という人もいるかもしれません。
けれど、意外と知られていませんが、静電気は肌にもダメージを与えているのです。
静電気が肌にどのような影響を与えるのか、対策方法と共に詳しくご紹介します♪

静電気は肌を傷つけている!?

静電気が髪にダメージを与えることは有名ですが、実は肌にもダメージを与えているのです。
パチっと放電する時に角質層を傷つけて、肌のバリア機能を低下させてしまうのです。
最悪の場合、そこから細菌が侵入し、肌荒れや炎症を起こしてしまう可能性もあります。

また、静電気はダニなどのハウスダストを吸着する作用が。
つまり肌や粘膜にハウスダストを吸い寄せて、アトピーや目のかゆみ、鼻炎などの症状を引き起こす恐れがあるのです。
これらのことから、肌が弱い人やアレルギー体質の人は、静電気を甘く見るべきではないといえますね!

静電気から肌を守る対策方法

静電気から肌を守る対策方法

≪肌を十分に保湿する≫
肌が乾燥していると、静電気もおのずと起こりやすくなります。
まずは十分に保湿をして、乾燥肌を防ぐようにしましょう♪
化粧品が肌に強すぎる場合は、ワセリンの使用もおすすめ!

≪帯電しにくい衣類を身につける≫
化学繊維やウールの衣類は帯電しやすく、静電気が発生してしまいます。
綿やシルクなど、天然繊維の衣類を身につけるようにしてください♪
なお、衣類を重ね着する場合、素材の組み合わせにも注意が必要です!
ウールとポリエステルなど、電位差が大きい組み合わせは静電気が起きやすいため、できるだけ避けることをおすすめします。

≪衣類に柔軟剤を使用する≫
衣類に柔軟剤を使用することで、静電気の発生を抑えることができます。
ただし肌が弱い人の場合、柔軟剤が肌荒れの原因になってしまうことも……。
不安な場合は、アトピーや敏感肌にも使えるオーガニック成分のものを使うようにしましょう♪

≪加湿器を使用する≫
暖房などで空気が乾燥していると、静電気が起きやすくなります。
乾燥した室内では加湿器を使って、適度な湿度を保つようにしてくださいね。
職場が乾燥している場合は、デスクの上にも置ける携帯加湿器がおすすめですよ♪

≪静電気防止グッズを使用する≫
「今すぐに静電気を抑えたい!」という時には静電気防止グッズを使うのも一つの手。
キーホルダーやスプレー、ブレスレットなどさまざまな形状のグッズがあるので、使いやすいものを使用してみましょう♪

冬の静電気は痛いだけでなく、肌にダメージを与えてしまうならできるだけ防ぐようにしたいですよね。
今から静電気対策をしっかりと行って、乾燥に備えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です