カテゴリー: 美容雑学

シャンプーと洗顔、どちらを先にするのが正解?

シャンプーと洗顔、どちらを先にするのが正解?

毎日お風呂の中で何気なく行っているシャンプーや洗顔ですが、実は順番を間違えるとニキビや乾燥肌を招く原因になってしまいます!
あなたはどちらから先に行っていますか?
なぜ洗う順番が大切なのか、実際に髪や顔を洗う際の注意ポイントとあわせて詳しくご紹介します。

シャンプーと洗顔、どちらが先?

お風呂に入った時は、先にシャンプーをして、その後に洗顔をするのが正解です♪
なぜなら洗顔をした後に髪を洗うと、シャンプーやコンディショナーなどが顔に付着したままになってしまうため。
そのままお風呂から上がった場合、顔の毛穴詰まりや肌荒れを招く恐れが……!

また、顔を洗った後にシャンプーをすると、その最中に肌が乾燥してしまいます。
お風呂場は湿気があるため乾燥しにくいように思えますが、それでも肌の水分は徐々に蒸発してしまうのです。
ニキビや肌荒れ、乾燥対策のために、「シャンプー(コンディショナーなどを含む)→洗顔」の順番を守るようにしましょう♪

髪や顔を洗う際のポイント・注意点は?

髪や顔を洗う際のポイント・注意点は?

≪クレンジングは入浴前に≫
一般的なクレンジング料は顔や手が濡れた状態で使用すると、洗浄効果が弱まってしまいます。
汚れ落ちを良くするために、クレンジングは入浴前にしておいたほうが良いですね!
事前にクレンジングをしておくことで、メイクが毛穴に入り込むことも防ぐことができますよ♪
なお、マスカラなどの頑固なポイントメイクは、専用のリムーバーで落としておきましょう。

≪シャンプー中は顔にお湯がかからないようにする≫
顔にシャワーのお湯がかかると、肌の乾燥を早めてしまいます。
シャンプーは顔にお湯がかからない体勢で行うように!
もちろんコンディショナーやトリートメントをすすぎ流す際も、お湯が顔に流れないように気をつけてくださいね♪

≪洗顔はお風呂から出る直前に≫
洗顔後は、乾燥を防ぐためにできるだけ早くスキンケアを行うことが大切です。
そのため、洗顔はお風呂から出る直前がおすすめ!
つまり入浴中は「シャンプー(コンディショナーなどを含む)→身体を洗う→洗顔」という順番がベストなのです。
この順番なら背中やお尻などにもシャンプーが残らず、全身のニキビ防止につながりますよ♪

入浴前後の動作を含めると、「(入浴前)ポイントメイク落とし」
→「顔全体のクレンジング」
→「(入浴中)シャンプー・コンディショナーなど」
→「身体を洗う」
→「洗顔」
→「(入浴後)顔のスキンケア」
→「身体のスキンケア”」

という順番がおすすめです。
もちろん、自分がやりやすい方法を選択することが大切ですが、順番に悩んでいる方、乾燥肌や繰り返すニキビにお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね♪
正しい順番で、トラブル知らずの肌を目指しましょう!

いつも一緒は危険? 髪の分け目を変えることのメリット

いつも一緒は危険? 髪の分け目を変えることのメリット

できることなら、年齢に関係なくふわっとボリュームのある髪型をいつまでもキープしたいですよね♪
そこでおすすめなのが、「髪の分け目」を定期的に変えること!
分け目を変えるとどのようなメリットがあるのか、実際のスタイリング方法とあわせて詳しくご紹介しちゃいます。

髪の分け目を変えることのメリット

≪薄毛防止になる≫
「毎日ポニーテールをしていると、生え際が後退しやすくなる」なんて話、聞いたことがありませんか?
これはあながち嘘ではなく、いつも同じ方向に髪を引っ張っていると一部分の薄毛が進行しやすくなってしまうのです。
そしてこの話は、分け目についても同じことがいえるのです。
分け目を定期的に変えて、髪型を変えることで薄毛防止を目指しましょう!

≪頭皮の紫外線対策になる≫
分け目部分の頭皮はいつも露出した状態。
そのため、紫外線を浴びやすく毛根にダメージが蓄積されがち。
けれど、分け目をこまめに変えることで一部分にかかる負担を分散して、結果的に薄毛を予防することができちゃうのです♪

≪髪にボリュームが出る≫
いつも同じ分け目にしていると毛根に癖がつき、髪がペタッと寝やすくなることも……。
けれど分け目を変えると、髪を逆の方向から起こすことになるのです。
すると髪の根元からボリュームが出て、若々しい印象に♪

髪の分け目を変えるスタイリング方法

髪の分け目を変えるスタイリング方法

≪1.髪を根元から濡らす≫
髪が乾いたままスタイリングしても、いつもの癖がついているために上手く分け目を変えることができません。
まずは髪を水で全体的に濡らすか、寝癖直し用のウォータースプレーを髪の根元にふきかけてから、スタイリングを始めてみて!
ただ、トリートメント効果のあるウォータースプレーだと根元がペタッとなりやすいので、サラッとしたスプレーや水を使うことをおすすめします♪

≪2.いつもと逆の方向からドライヤーを当てる≫
いつもの分け目と逆の方向からドライヤーの風を当てて、根元を立ち上げていきましょう。
いつも真ん中分けにしていた人は、左右のどちらかに分け目を作るつもりでドライヤーを当ててくださいね。

≪3.新しい分け目を作る≫
髪全体が乾いたら、粗めのコームを使って新しい分け目を作ります。
髪の根元を押さえつけず、かき上げるようにコームを当てるのがコツ!

≪4.ハードスプレーで固定する≫
分け目を作ったら、生え際にハードスプレーを噴きかけて固定。
前髪を固定する際は、前髪の裏側に薄くスプレーすると自然な仕上がりになりますよ♪

長年同じ髪型をしていると、少し雰囲気を変えるのにも勇気がいるかもしれません。
しかし、年齢とともに似合う髪型も変わるのです!
新しい自分の魅力を再発見するためにも、分け目を変えてイメージチェンジしてみてください!!

肌の乾燥が毛穴の開きを悪化させる!? 理由と対策方法とは

肌の乾燥が毛穴の開きを悪化させる!? 理由と対策方法とは

肌を汚く見せてしまう「毛穴の開き」は、女性にとって深刻な肌悩みのひとつ。
毛穴レスな美肌を作るために様々なケア方法を行う方は多いですが、思ったような効果が得られずガッカリしてしまうことも多いのでは?
そんな毛穴の開きを作ってしまう大きな原因のひとつが「肌の乾燥」!
なぜ乾燥肌が毛穴の開きにつながってしまうのか、その理由と対策方法についてお話しします♪

乾燥肌が毛穴の開きにつながってしまう理由とは

毛穴開きの主な原因は、肌の「乾燥」と「たるみ」。
実は「毛穴の開き」は毛穴が大きくなったわけではなく、肌が乾燥することで皮膚がたるみ、毛穴の形が変形することによって大きくみえてしまっている状態
なのです!
たるみによって変形した毛穴は、下に引っ張られしずくのような形になり、毛穴を目立たせてしまいます……。

また、乾燥は肌のキメを乱れさせる原因にも!
肌のキメが整っている肌は表面がツルンとして見え、潤いにより皮丘が盛り上がっているため毛穴が目立たなくなります。
そのため乾燥により肌のキメが乱れてしまうと、毛穴が大きく拡張されて見えてしまうのです!

毛穴の開きを防ぐ方法は「保湿」

毛穴の開きを防ぐ方法は「保湿」

乾燥肌は毛穴を目立たせる原因になってしまうため、毛穴レスな素肌を手に入れるためにはしっかりとした「保湿」ケアが必要になります。

特に気をつけたいのは「洗顔後」のケア。
洗顔後は肌の皮脂が失われ皮膚の水分が蒸発しやすくなっているため、特に肌が乾燥しやすい状況になっています!
洗顔後にはなるべく3分以内に、化粧水などでしっかり保湿をしていきましょう。
化粧水の後は美容液などを使って、水分が蒸発してしまわないようケアを行うことも大切!

またお肌の乾燥が気になる時には、コットンなどでパックを行うのも良い方法。
コットンに化粧水をしみこませて気になる箇所に当て、パックをしていきましょう♪
コットンパックの上からラップなどをかけると、コットンの水分が蒸発しにくくなるのでより効果的ですよ♪

オススメの保湿成分は「セラミド」

毛穴の開きの改善にオススメな保湿成分は「セラミド」です。
セラミドはただ肌の表面の水分を補うだけではなく、肌の水分保持力をアップさせて蒸発を防いでくれる保湿成分です。
そのため乳液やクリームなどの油分によるケアを行わなくても、しっかりと肌の潤いを長くキープしてくれます。
セラミドは私たちの肌に元々存在している保湿成分なので、肌に塗った時にも即効性を感じられるのも嬉しいポイント♪

セラミドは角質層の水分をキープしてくれるため、キメを整え毛穴を目立たなくしてくれる効果も期待できます。
体内のセラミドは年齢とともに減ってしまうため、毎日の保湿ケアの中で補っていきましょう♪

シャンプーブラシを効果的に使うには? 方法と注意点

シャンプーブラシを効果的に使うには? 方法と注意点

頭皮の健康のために、シャンプーブラシを使用しているという人は少なくありませんよね♪
いろいろな形状や材質のシャンプーブラシがありますが、使用法によってはかえって頭皮や頭髪の健康を損なう原因となってしまう場合があるのです!
シャンプーブラシを効果的に使用するための手順や、注意点などをご紹介します♪

どんなシャンプーブラシを選んだらいい?

シャンプーブラシには様々な種類がありますよね♪→。
頭皮の汚れを効果的に取り去るためには、どんなシャンプーブラシを選んだらいいのでしょうか?

シャンプーブラシを使用するメリットのひとつとして、指先では届かない細かい部分などを洗えという点があります。
頭皮の隅々まで汚れをかき出したいと考えるなら、ブラシの毛の密度が高く、毛先が細かいタイプがおすすめ♪
頭皮のマッサージを目的とするなら、ブラシの毛の部分の密度が薄いもの頭皮のマッサージを目的とするなら、ブラシの毛の部分の密度が薄いものでもいいですね!

また、ネイルを保護する目的でシャンプーブラシを使用している人は、ブラシをつかむとっての部分の形状にもこだわることが必要!
指の間に挟んだ時に、滑りにくくつかみやすいシャンプーブラシを選びましょう♪

その他にも、カビや雑菌の繁殖を防ぐために、乾燥しやすいブラシを選ぶことも大切!
フックにひっかけられる形状のシャンプーブラシを選ぶと乾かしやすくて便利ですよ♪

間違った使い方で起こる頭皮のトラブルとは?

シャンプーブラシは頭皮の汚れを取り去ることができる一方で、使用法を間違えると頭皮を傷つけてしまったり、切れ毛などのトラブルを生んでしまいます。

髪は、濡れているときに強く圧迫したり摩擦による刺激を受けると、切れたり傷んだりしやすい特徴があります。
そのため、シャンプーブラシを使用するときは力加減に気を配ることが大切!
シャンプーブラシを使用している際に、髪がひっかかるようであれば、無理に動かさないようにしましょう♪

また、毎日シャンプーブラシを使用すると頭皮に大きな刺激を与えたり、皮脂を落としすぎて乾燥を招いてしまう可能性が!
頭皮の状態を見て、使用頻度を調節することが大事です♪

シャンプーブラシの正しい使い方

シャンプーブラシの正しい使い方

シャンプーブラシを使う際の正しい手順をご紹介します♪

(1) 髪を濡らす前に、目の粗い櫛を使って毛先をときほぐす
(2)40度程度のぬるま湯で、予洗いを行う
(少なくとも30秒~1分程度はしっかりと予荒いをしましょう! シャンプーブラシを使用する前に、ほこりや汚れを浮かせることが大事です。)
(3) てのひらでシャンプーを泡立て、頭皮全体になじませる
(4) シャンプーブラシをしっかりとつかんで、髪の生え際から洗う
(左右に小刻みに動かしながら洗いましょう!)
(5) 中央と左右の生え際を洗い終えたら、耳の後ろから後頭部を洗う
(洗浄成分を頭皮や髪に残さないように、しっかりとすすぎましょう♪)

シャンプーブラシは便利ですが、使用法によってはかえって頭皮や頭髪の健康を損なう原因となってしまう場合があります。
正しい使い方をマスターして、サラサラの髪と健康な頭皮をキープしましょう♪

紫外線が強い季節に取り入れたい夜のスキンケア方法

紫外線が強い季節に取り入れたい夜のスキンケア方法

夏は紫外線量が増える季節ですね!
紫外線による肌ダメージは蓄積することが特徴です。
普段とは違ったお手入れを取り入れて、紫外線で疲れた素肌をケアしてあげましょう♪
紫外線が強い季節の夜に行いたいスキンケアについてご紹介します♪

紫外線は受けたその日のうちにケアすることが大事

夏に日焼けをした後に何もせずに放置しておくと、秋が深まる頃にシミやそばかすとなって肌の表面に浮き出てきてしまいます!
シミやそばかすは肌の新陳代謝により自然に薄れていきますが、年齢を重ねるとともに肌がダメージから回復する力は弱まっていくため、注意が必要。
シミやそばかすをつくらないことにこしたことはないですよね……。

肌の奥でシミやそばかすの元になるメラニンが生成され、表面に浮かび上がってくるまでには時間がかかります。
日焼けをしてしまった後は、すぐにメラニンの発生を抑制するタイプのローションや美容液を使用して、紫外線ダメージをケアすることが大事!

夏の終わりに肌ダメージとなって現れてから慌ててケアをするよりも、夏のうちから集中的に美白ケアを行いましょう♪
普段より外にいる時間が長かったり、紫外線による影響が気になった日は、できるだけ時間をおかずその日の夜の間に日中のダメージを軽減することが大切です!

夏の夜は保湿ケアを重点的に

column0720_04

夏場は気温の上昇に伴い、汗をかく量が増えます。そのため、肌がうるおっていると誤解しがち。
実は、汗は乾く際に肌の水分を奪ってしまうため、汗をたくさんかけばかくほど素肌のうるおいは不足しがちになってしまうのです!

気温が高くなると皮脂の分泌量が増えるため、つい皮脂を取り去ることだけに注意がむいてしまいがちですが、目の周囲や頬などの乾燥しがちな部位に目を向けて、肌が乾燥していないか注意してチェックしてみましょう!

普段よりも乾燥していると感じたときは、保湿ケアを重点的に行うようにしてくださいね♪
皮膚が薄く、乾燥によるダメージを受けやすい目元にはアイクリームの使用が効果的です!

しつこい乾燥にはコットンパックがおすすめ

夏場は汗をかく量が増えることによって体内の水分バランスが乱れやすくなったり、空調の効き過ぎなどで肌が乾燥しやすくなります。
また、日焼けをした後の肌は水分が不足しがち。
紫外線は肌の奥にある細胞の核にダメージを与えて、水分を奪ってしまうのです!

普段通りのスキンケアを行っているのに肌の乾燥が止まらない場合は、入浴後にコットンパックを行うのがおすすめ♪
精製水と化粧水をたっぷりとしみこませたコットンを、入浴後の素肌の上にパックするだけの簡単なケアです。

途中でコットンが乾くとかえって肌の水分が奪われてしまうため、5分以上はパックしないようにしましょう。
パック後、乳液やクリームなどを使用すれば乾燥防止に役立ちますよ♪

夏のスキンケアで大切なのは、紫外線を受けて弱ったお肌をいたわってあげること!
丁寧なケアで、紫外線に負けないキレイなお肌をキープしてくださいね♪

日光を沢山浴びたなぁとい日のスキンケアはこれ!
“肌に優しい“にこだわったPERMIRASローション。海洋深層水と天然成分から作った素肌力UPのための基礎化粧品シリーズです。
独自のローション洗顔で冬場や夏の室内乾燥にも効果テキメン♪
使い続けてツッパリしらずの潤い肌に導きます。

column0525_03

乾燥による頭皮の痒みを抑える5つの対策

乾燥による頭皮の痒みを抑える5つの対策

「毎日欠かさずシャンプーしているのに、頭皮がすぐ痒くなる……」
「清潔にしているはずなのにフケが出る!」
このようなしつこい頭皮のトラブルに悩んでいる方は多いですよね。
実はこれ、頭皮の乾燥によって引き起こされている可能性があるのです。
しかも、頭皮の乾燥の原因は普段のヘアケア習慣にあるのだそう…!?
乾燥による頭皮の痒みやフケを抑えるために知っておきたい対策法を5つご紹介します!

対策1:シャンプーのしかたを見直す!

まず気を付けるべきなのがシャンプーのしかた!
皆さんは「洗顔の際には指先に力を入れずに優しく洗うようにしないとお肌の乾燥を引き起こしやすくなる」という話を聞いたことはありませんか?
顔と同様頭皮もお肌の一部ですので、力を入れてゴシゴシと洗ってしまうと角質が傷つき、乾燥しやすくなってしまうのです!

シャンプーする時には頭皮に爪を立てたりせずに、指の腹で下から上へ向かうようにして優しく洗ってあげるようにしましょう♪
また、シャンプーのすすぎ残しも頭皮に刺激を与えて乾燥や炎症を引き起こす原因となることがあります。しっかり洗い流すようにしてくださいね♪

対策2:自分に合ったシャンプーを選ぶ♪

シャンプーにおいて気を付けるべきことは、シャンプーのしかただけではありません!
敏感肌の方が刺激の強いスキンケアアイテムを使うとお肌が乾燥しやすくなったり炎症を起こしたりするのと同じように、自分に合わない刺激の強いシャンプーを使っていると頭皮が乾燥してしまうことがあるのです!

シャンプーを選ぶ時はデリケートな頭皮にも優しい、洗浄力がマイルドなものを選ぶのがオススメ♪
必要な油分は洗い流さずに、優しく清潔にすることができますよ♪

マイルドな洗浄力で頭皮に優しいシャンプーはREVISH ViTAがおすすめです!
REVISHに配合されているラウレス-4酢酸Naは、「酢」を原料とした皮膚に対してとても優しく、洗浄力や泡立ちも良いアミノ酸系界面活性剤です。

また、「ココイル」とアミノ酸の名前が含まれているものは低刺激で安全性が高く、泡立ちもよく洗浄力も高いです。
成分名に「ベタイン」がついているものはベタイン系界面活性剤といわれ、アミノ酸系活性剤よりも刺激や洗浄力が弱いため肌が弱い方でも安心な成分です。
REVISHは頭皮と髪にはとても優しく適度な洗浄力もあるのです。

column0127_06

対策3:頭皮の血行を促す♪

乾燥肌の改善に欠かせないのがターンオーバーを整えること!
これは頭皮においても同様です♪
ターンオーバーを整えるためには血行を促進してあげることが大切。
日頃からジョギングやウォーキングのように手軽な運動を生活に取り入れるようにして、できる限り体を動かすようにしてくださいね♪

もちろん頭皮マッサージも血行改善には効果的ですが、あまり指先に力を入れてしまうと逆効果になってしまいます!
手のひらで頭を包み込むようにして、優しく動かすだけでOKです。
シャンプー中の濡れた頭皮は傷つきやすいので、マッサージは髪を乾かした後に行ってくださいね♪

対策4:ドライヤーのしかたにも工夫する!

ドライヤーのしかたにも工夫する!

ドライヤーの熱によっても頭皮は乾燥しやすくなります。
ブローの際にはなるべく髪から離した所からドライヤーを当てるようにしましょう♪

目安としては髪から約10cm~20cm程度離した所あたりから当てるのが理想的♪
キューティクルの方向に合わせて、髪の根元から毛先に向かって当てるようにしてくださいね!
冷風での仕上げも忘れずに!

対策5:生活習慣を見直す♪

頭皮の健康には生活習慣も大きくかかわってきます。
ストレスをため込んでいると、ターンオーバーが乱れやすくなって頭皮の乾燥が悪化、角質が剥がれてフケのように落ちてくることも!
さらに、食事のバランスが乱れてビタミンが不足することも頭皮の乾燥に悪影響を与えます!

日頃から食事のバランスや睡眠などに気を配り、ストレスを適度に発散することが大切です♪

頭皮の健康をキープするためには、体の中と外からいたわってあげることが重要!
ぜひ参考にして、気になる痒みを解消しましょうね♪

梅雨のジメジメに負けない! うねりを防ぐドライヤーのかけ方

column0608_03

雨の日や湿気が強い日が続く梅雨の時期は、天気とともに気分まで少しどんよりとしてしまいますよね。
とくに、梅雨のジメジメとした季節は、湿気のせいで髪が広がったりうねったりしてしまいがち……。
せっかく朝にしっかりブローをしても、湿気のせいでボサボサヘアになってしまったら、気分も落ち込んでしまうのも仕方がありません。

しかし、湿気による髪のお悩みは、ドライヤーのかけ方や、ヘアケアの仕方次第で緩和させることができます♪
ゴワゴワと広がりを見せる手ごわい梅雨時期の髪をしっかりと抑えこんで、まとまりのあるサラサラヘアを手に入れましょう!
ジメジメの梅雨シーズンに取り入れたいヘアケアの方法をご紹介いたします♪

梅雨に髪のうねりが出てしまう原因とは?

ジメジメとした梅雨の時期に髪がうねってしまう大きな原因の1つとして、髪のダメージがあります。
髪のキューティクルがはがれていたり、枝毛になっていたりすると、その傷んだ部分から水分が侵入して髪が膨張し、うねりとして現れてしまうのです……!

また、湿気によって髪がゴワゴワと広がってしまうことがありますが、これも髪のうねりが影響しています。
髪のうねり方は1本1本異なるため、それぞれの髪が違う形にうねってしまうことで、どんどんと広がりが強くなるのです。

梅雨の時期でもサラサラツヤツヤの髪をキープするためには、スタイリングやヘアアレンジで工夫をすることよりも、毎日のヘアケアがとても大切なポイントになります♪
梅雨に受けるストレスを少しでも緩和させるためにも、日々のヘアケアを徹底して、湿気に負けない強く美しい髪を目指しましょう♪

梅雨シーズンに取り入れたいヘアケアとは?

髪のうねりを防ぐためには、髪のダメージを修復してあげることが大切です。
キューティクルを修復してくれるトリートメントを使って、傷みのない美しい髪を目指しましょう♪
3日に1回のペースでスペシャルケアとして、ヘアパックを取り入れるのもオススメ! 毛先を中心にトリートメントを塗って、タオルやラップで頭を包み込みます。
そのまま10~15分ほど放置をすることで、髪の芯にまでトリートメントの成分を届けることができます♪

キューティクルを修復し、毛髪内部からダメージを改善する洗い流さないトリートメントにはREVISH AiLAがおすすめ!
毛髪表面に皮膜を形成し、スタイリング剤やワックスなどのコーティング剤や紫外線から髪を守ります。
有効成分は髪に浸透し、洗髪時に皮膜ごと洗い流すことで、表面に付着した残留物(ダメージの原因となる)も洗い流します。
お手持ちのスタイリング剤と併用することをオススメします!

Aila

梅雨時のうねり悩みを防ぐ! ドライヤーのかけ方とは?

梅雨時のうねり悩みを防ぐ! ドライヤーのかけ方とは?

髪のダメージ修復と同時に重要になってくるのが、ドライヤーのかけ方!
面倒だからとドライヤーをサボっていると、髪は湿気によってゴワゴワと爆発したような状態になってしまいます……。
湿気に負けない髪を作りだすドライヤーのかけ方をご紹介いたします♪

1. 洗い流さないトリートメントを髪の中間~毛先になじませる
2. 髪から20cmほど離してドライヤーを持ち、同じところに温風が当たらないようにドライヤーを振りながら根元を中心に乾かす
3. 7~8割程度乾いてきたらヘアブラシで髪をとかしてブローをしていく
4. 最後は冷風で乾かし、髪を整える

ポイントとなるのは、はじめは高温で一気に乾かし、最後は冷風で髪を冷ますということ。
高温の風は髪を乾燥させてしまうので、乾ききる前に冷風に切り替えることがポイントです♪
また、濡れた状態でのブラッシングも絶対にNGです。
濡れている髪はダメージを受けやすいので、優しく扱うことを心掛けましょう!

ベタベタジメジメとした梅雨の時期はどうしても不快感が襲ってきますが、髪をサラサラにキープすることで、気分を軽くすることができます♪
うねりや広がりを防いで、梅雨の湿気に負けない髪を目指しましょう♪

頭皮マッサージが顔のたるみを改善する!? その理由と方法とは

column0608_01

年齢とともに顔や体などのお悩みは増えていきますが、とくに女性が気になることといったら顔の「たるみ」ではないでしょうか?

顔のたるみを放置してしまうと、目元や口元など、顔のいたるところに深いシワが刻まれてしまったり、それが原因で実年齢よりも上に見られてしまったりすることも……!
しかし「顔のたるみの改善の方法が分からない……。」とお困りの方もいるはずです。

顔のたるみを改善させるためには、日頃のスキンケアの仕方を見直したり、顔の筋トレを行ったりなど、さまざまな方法がありますが、中でもとくにオススメなのが「頭皮マッサージ」。

顔のたるみ改善に頭皮マッサージ!? と少し驚きますが、実は頭皮と顔のたるみには深い関係があるのです。
今回は、頭皮とたるみの関係や、顔のたるみの改善方法をご紹介していきます♪

「顔のたるみ」と「頭皮のハリ」の関係って?

頬や目元、口元などのたるみが気になりはじめると、リフトアップを目指してフェイスマッサージを行う方は多いのではないでしょうか?
確かに、たるんでしまったフェイスラインや、垂れ下がった目元を元に戻すためには、マッサージによるケアは欠かせません。

しかし、たるみ改善をより実感するためには、フェイスマッサージだけでなく頭皮のマッサージを行うことが大切です♪
なぜなら、顔のお肌と頭皮は1枚の皮膚でつながっているから。
顔のたるみを改善しようとして、いくら顔だけを集中的にマッサージしていても、頭皮にもハリを与えてあげないと、顔のリフトアップは望めないのです……!

さらに、頭皮は顔の皮膚と比べて皮脂と汗の分泌が多い部分。皮脂や汗が過剰に分泌することで、頭皮の毛穴は詰まりやすくなります。
毛穴が詰まると皮膚は硬くなったり、弾力が失われたりして、結果的に頭皮のたるみを引き起こすのです。
頭皮がたるめば、もちろん顔にも影響を及ぼして、肌のたるみとして現れてしまいます。

ハリのある肌を目指して! 頭皮マッサージの方法

顔のたるみを改善するためには、まず硬くなってしまった頭皮を柔らかくしてあげることが重要です!
簡単にできる頭皮マッサージを取り入れて、滞ってしまった血流やリンパの流れを促し、ハリのある頭皮を目指しましょう♪

・シャンプーしながらできる簡単たるみ改善マッサージ
1. 額の生え際に両手の指を当てて、頭頂部に向かって20秒持ち上げる
2. 耳の上の部分に手の平を当てて、頭頂部に向かって20秒持ち上げる
3. 頭の上で両手を組んで、手の平で頭頂部をはさみ20秒持ち上げる

・スッキリとしたフェイスラインを手に入れる! お手軽頭皮マッサージ
 
スッキリとしたフェイスラインを手に入れる! お手軽頭皮マッサージ

1. 指の腹をつかい、痛気持ちいと感じるくらいの少し強めの力でこめかみを指圧する
2. 1と同様に指の腹をつかって、耳たぶのうしろを指圧する
3. 首のうしろの髪の生え際に両手を当ててじっくりと指圧する
4. 頭全体を両手で包み込み、顔を引っ張るようなイメージで頭頂部に向かって引き上げる

顔のたるみは、いつまでも美しさをキープしておきたい女性にとっての大敵です。
毎日のシャンプー時や、寝る前のリラックスタイムに少し取り入れるだけでも、これまで悩まされ続けていた顔のたるみを改善することができます♪

もちろん、今はまだたるみのお悩みがないという方にも、頭皮マッサージはオススメ!
頭皮マッサージは顔のたるみを改善するだけでなく、リフレッシュ効果や肩こり解消など嬉しい効果がたくさんあります♪

毎日のスキンケア同様、頭皮マッサージも日々の日課にして、ハリのあるフェイスラインと頭皮を手に入れましょう!

花粉の脅威は通年!? 肌を労わるスキンケアポイント6つ

花粉の脅威は通年!? 肌を労わるスキンケアポイント6つ

みなさんご存知ですか?
花粉は春というイメージが強いかもしれませんが、今では年間を通してさまざまな花粉に悩まされている方が増えているのです!

たとえば春ならスギやヒノキ、夏はホソムギやカモガヤ、秋のブタクサとヨモギ、冬になるとセイタカアワダチソウやハンノキなど。

このように年中花粉が飛んでいるため、いつ花粉症の症状が出てもおかしくはありません!
そこで花粉症にならないうちから、スキンケアのポイントを押さえておきましょう♪

ポイント1、クレンジングや洗顔は肌に優しいものを

外から家に戻った際は、クレンジングと洗顔でメイクや肌についた花粉や汚れをしっかりと落としましょう!

ただし、ゴシゴシ肌を指で擦るのは肌に負担になるので厳禁です。
クレンジングシートやスクラブ入りの洗顔料といった刺激の強い製品ではなく、肌に優しくて汚れをキチンとオフしてくれるものを選んでくださいね♪。

そして肌の必要な皮脂までを洗い流さないために30℃前後のぬるま湯をつかって、しっかりとクレンジング料や洗顔料を洗い流します。

ポイント2、基礎化粧品はシンプル&保湿力がカギ

column0525_02

肌の土台作りをサポートしてくれる基礎化粧品選びは大切になってきます!
花粉対策としては肌にとって余計な負担がないこと、保湿力があるものを選んでください。
また、花粉により肌のコンディションが良くないときは複数の基礎化粧品を塗り重ねるのではなく、化粧水や乳液などの機能が1つになったアイテムを使うと◎

基礎化粧品がしみた場合は、配合されているアルコールが原因の場合も……。
その時はアルコールフリーの基礎化粧品を選ぶのもひとつの方法ですよ♪

ポイント3、外出する時は肌をパウダーで覆う

外出する時は、メイクで肌を覆いましょう!
花粉で肌が敏感になっている時は、リキッドやクリームファンデーションではなく、パウダーファンデーションやルースパウダーを使用してください♪
肌をメイクでサラサラにしておくことで花粉がつきにくくなりますよ♪♪

ポイント4、肌にあたる髪にも花粉をつけないようにする

肌だけでなく、髪に花粉が付着することを防ぎましょう。
外気に触れさせないために、髪をまとめて帽子のなかにしまうのもgood!

ポイント5、花粉を体内に入れないようにマスクをする

マスクをつけるのはもちろんのこと、それだけでなく清潔な状態のマスクを使う、屋内にいるときは適度にマスクを外して蒸れさせないことも大切です!

また、肌に合わないマスクを使うと肌荒れしてしまう場合が。
ガーゼマスクを使ってみる、マスクと肌が触れるところに保湿クリームを塗り摩擦を減らすなどしてみましょう♪

ポイント6、鼻周りのケアも

花粉症だと鼻水に悩まされるため、ティッシュが手放せない方も少なくありません。
鼻の周辺を荒れさせないために、鼻をかむときは擦りとるのではなく優しく押さえるようにかみましょう!
その際は、柔らかいタイプのもの、しっとりしたタイプのティッシュを使うと肌荒れ防止に役立ちますよ。
もし、鼻の周辺があれてしまった時は洗顔時に洗顔料をつけずにお湯で洗い流す程度にとどめてくださいね♪

花粉に悩まされているシーズンは、ポイントをおさえたスキンケアが欠かせません。
花粉で肌トラブルを引き起こさないために、キレイな素肌をキープしてくださいね!

花粉で肌があれ、敏感な状態になってしまった肌にも安心して使えるのはこちら!

column0525_03

母なる海の恵み、ミネラル豊富な知床羅臼の海洋深層水と天然成分にこだわって作られたPERMIRASシリーズの基礎化粧品です。

リンス・コンディショナーはどうして頭皮につけちゃいけないの?

column0510_03

シャンプーに欠かせないアイテムとして、リンスやコンディショナーなどがありますね♪
美しい髪のために大切な役割を果たしてくれるリンスやコンディショナーですが、同時に「頭皮につくとトラブルの原因になる」ともいわれることがあります。
美しい髪の味方・リンスやコンディショナーが頭皮に与える悪影響とは一体どのようなものなのでしょうか?

リンス・コンディショナーを頭皮につけると何がダメなの?

リンスやコンディショナーは、シャンプー後の髪の表面をコーティングしてしなやかに保つ働きを持っています。
リンス・コンディショナーには「ジメチコン」「ポリジメチルシロキサン」といったシリコンが含まれていて、これが髪の表面を覆うことによってシャンプー後のきしみや水分の蒸発を抑えることができるのです♪

しかし、一方でこのシリコンが頭皮に付着してしまうと頭皮のトラブルの原因に!
シリコンが頭皮を覆ってしまうことで皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、フケやかゆみ、臭いなどの原因となってしまうのです……!

「コンディショナーは頭皮の保湿に効果的」は間違い!

「コンディショナーを頭皮につけると皮脂が毛穴に詰まりやすくなる」ということはすでにお話ししましたね。
このことから、頭皮がオイリーぎみの方にとってはコンディショナーは大敵であることがわかると思います!

一方、頭皮が乾燥しやすい方の中には「コンディショナーでコーティングしたほうが保湿効果がありそう♪」と考える方も多いようです。
しかし、実はこれは間違い!

スカルプケアなど頭皮専用のコンディショナー以外のものには、基本的に保湿効果はありません。
むしろ汚れが毛穴に蓄積されることによって頭皮環境が悪化する危険性のほうが高いので、どんな肌質の方であってもリンスやコンディショナーは頭皮につけないように気をつけてくださいね!

頭皮を守る! 正しいリンス・コンディショナーの使い方

頭皮を守る! 正しいリンス・コンディショナーの使い方

■ コンディショナーはノンシリコンを選んで
現在はリンスやコンディショナーもシャンプーと同じく「ノンシリコン」のものが主流になってきています♪
ノンシリコンのものであってもリンス・コンディショナーには油分が含まれているため、やはり頭皮についてしまえば毛穴詰まりの原因になることはあります。
ですが、一般的なコンディショナーをチョイスするよりは毛穴が詰まる可能性を大幅に抑えることができますよ♪

■ 髪の根元には絶対につけない! 毛先を重点的にケア
頭皮にリンス・コンディショナーをつけないようにするために、髪の中頃より少し根元寄りのあたりからつけるように心がけましょう♪
手のひらに適量のリンスやコンディショナーを広げたら、髪の中頃より少し根元寄りの辺りを両手で挟み、ゆっくり毛先に向かって伸ばすようにしてください。
毛先は特に傷みやすいので、重点的につけるようにしましょうね♪
すすぎの際には入念に、頭皮も一緒に洗うようなイメージで洗い流してくださいね!

正しい使い方でリンス・コンディショナーの効果を最大限に引き出しましょう♪

シャンプーしない「湯シャン」本当はどうなの?!

シャンプーしない「湯シャン」本当はどうなの?!

髪の毛や頭皮に負担が少なく、頭髪の健康を維持することができるとして話題の、シャンプーを使わずにお湯だけで汚れをオフする『湯シャン』。
してみたことのある方も少なくないのでは?

しかし実は、この「湯シャン」だけにすると髪の毛や頭皮にあまりいい影響を与えない場合があることがわかっています。
では湯シャンだけの場合、髪や頭皮にどんな影響があるのでしょうか?詳しくお話しします!

フケや皮脂などの汚れが十分落とせない……

シャンプーには界面活性剤などの化学成分も多く含まれるため、毎日シャンプーをするのはあまりよくない、ということも言われてきました。
2日に1回程度のほうがいい、なんてこともよく聞く話でしたね。

先に紹介した『湯シャン』も、こういったことが理由でお湯だけで汚れを落としたほうがいい、といわれるようになったのではないでしょうか。
お湯でしっかりと洗えば、確かにある程度の汚れを落とすことは可能です。
しかし、頭皮はほかの体の部位と比べて代謝が活発!皮脂の分泌も盛んで、フケもたまりやすいです。

シャンプーを使わないと汚れを十分に落とすことができないため、皮脂やフケはどんどんたまり、においやかゆみの原因のひとつになってしまうのです……!

抜け毛の原因にも

毎日シャンプーをしないと、どんどん汚れが溜まることで頭皮の毛穴が詰まりやすくなってしまいます。
毛穴が詰まると健康な髪の毛を維持することができなくなり、細く弱々しい髪の毛になってしまったり、抜け毛や薄毛の原因になってしまうことも少なくありません……。

シャンプーを使わないことよりも、肌にやさしい成分で作られているシャンプーを使用し、きちんと汚れを落とすことが大切なのです!

頭皮ニキビになってしまうことも

頭皮ニキビになってしまうことも

頭皮の毛穴が詰まりやすくなってしまうことで、頭皮にニキビができやすくなってしまう人も少なくありません。
ニキビのほかにも吹き出物や炎症などが起こる可能性もあります。
こういった症状は、湯シャンを始めてしばらくたったころに起こりやすく、まさしく毛穴が詰まり始めている証拠です。

湯シャンにしてからこういった頭皮トラブルが起こってしまった場合は、すぐに湯シャンはやめて今までどおり、頭皮を清潔に保つためにシャンプーを使うようにしてください!

肌にやさしいシャンプーなら問題ない!

シャンプーは髪の毛や頭皮に悪影響だと言われていたのは昔の話で、最近市販されているシャンプーは、ほとんど影響のないものだと言われています。
しかし、洗浄成分が強すぎたり、界面活性剤の種類によっては頭皮に悪影響を与えるものもあるので正しい知識が必要です!
お湯だけではオフしきれない皮脂や汚れは、シャンプーを使ってやさしく洗い流してあげることが大切です。

シャンプーをしたら、洗浄成分が頭皮に残らないように、しっかりと時間をかけてすすぎをすることもポイント♪
正しくきちんとシャンプーして、頭皮と髪の毛の美と健康をキープしましょうね♪

頭皮に優しく、安心安全の成分設計でおすすめなREVISHシリーズ!
市販のシャンプーと違って、“洗い流ししすぎない“ことができるサロンでも使用されているシャンプー&コンディショナーです!
肌に安心の成分で作られているので、赤ちゃんからお年寄り、ペット(10倍に薄める)まで使えます。

column0127_06

フケが増える3つの原因とオススメ対策方法

フケが増える3つの原因とオススメ対策方法

どんなに髪を清潔に保っているつもりでも、気がついたら肩の辺りにパラパラと落ちてくるのが「フケ」。
不潔に見えるし洋服も汚れるし、困りますよね。
色々なヘアケアを試しているのに解消されない……と困っている方も多いと思います。

でも実は、フケはとても基本的なヘアケアで解消することができるかもしれないのです!
困ったフケの原因と解消法をご紹介します♪

困った「フケ」3つの原因

■ シャンプーのしすぎ
フケの一番の原因は頭皮の乾燥です。
頭皮がパサパサになると状態が悪化し、フケを発生させる原因菌が増殖してしまうのです。
本来、頭皮には適度な皮脂が分泌されていて、表面をコーティングすることによって水分の蒸発を防いでいます。

ですが、洗浄力の強いシャンプーで頭皮を洗いすぎてしまうと必要な皮脂が取り除かれてしまいます!
これが頭皮の乾燥の原因に。

■ 頭皮の栄養不足
食べ物などから体の中に取り入れられた栄養素は血液に乗って頭皮にまで運ばれます。
でも、偏った食生活などによって栄養素が不足してしまうと頭皮の環境も悪化してしまうのです!

また、睡眠不足やストレス、運動不足などによる血流の悪化も頭皮の栄養不足の原因に……。
栄養不足の頭皮は免疫力が低下し、原因菌の増殖を招いてしまうのです。

■ シャンプー・ヘアケア剤が合わない
適度に髪を洗い、栄養もきちんと取っているのにフケが出るという場合は、シャンプーやヘアケア剤が頭皮に合っていない可能性があります。
合っていないヘアケアグッズによるケアは髪を整えるどころか、かえって頭皮に大きな負担をかけてしまうのです!

ただでさえフケの出ている頭皮はとても繊細な状態です。
自分に合ったヘアケアアイテムを使うようにしてくださいね♪

フケを予防! オススメ対策方法

フケを予防! オススメ対策方法

■ 毎日のシャンプーを見直す
頭皮の乾燥を防ぐためには、まずシャンプーの仕方を見直すことが大切です。
洗いすぎは頭皮の皮脂を奪うことになります。
シャンプーの使用は2日に1回、その他の日はお湯だけで丁寧にすすぐようにしてくださいね♪
シャンプー自体を低刺激のものに変える、爪を立てないように優しく洗うなどの気配りも大事ですよ♪

■ ブローの際は頭皮に長時間当てない
シャンプー後のブローは、なるべく髪や頭皮から離して温風を当てるようにしましょう!
ドライヤーの風を長時間当て続けると頭皮の乾燥が進み、フケの原因になってしまいます。
冷風を使って乾かすのも、頭皮をいたわりながらブローできるのでオススメです♪

■ 食生活・生活リズムを整える
野菜をあまり食べない、油っぽいものを好むなどの食生活の乱れは頭皮の栄養不足の原因になります。
また、睡眠を十分にとることや適度なストレスの発散、運動なども頭皮の血流を促し、食べ物から取り入れた栄養素を頭皮まできちんと届ける手助けをしてくれます♪

頭皮環境もお肌と同じで、丁寧なケアや生活習慣の改善によって十分に改善することができるのです!
きちんと対策をして、フケを防ぎましょうね♪

静電気が髪にダメージを与える!? その理由と対策方法

唐辛子が髪に良いって本当? カプサイシンの効果とは

静電気で髪がフワフワと広がってしまいまとまらないのは、冬の大きな悩みのひとつですね。
でも、「ただパチンとなるだけだから」「髪がまとまらないだけだから」とついつい静電気を軽視してしまいがちではありませんか?

実は静電気というものは、髪に深刻なダメージを与えてしまう可能性を持っているのです!
本当は怖い静電気が髪に与える影響と、手軽にできる対策法についてお話しします!

静電気が起こるしくみとは?

静電気は、空気が乾燥している冬ほど起こりやすいものです。
ものには必ずプラスとマイナスの電子が存在しています。
静電気は、ものとものがこすれ合うことによって電子のプラスとマイナスのバランスが崩れることが原因となり、発生するのです。

そもそも静電気はいつでも発生しているものなのですが、乾燥していると逃げ場を失って蓄積されやすくなってしまいます。
クシで髪をとかしたり、ニットの重ね着をしたりすることでも、静電気は起きやすくなります。

静電気が髪に与えるダメージとは?

冬場に髪がパサつきがちになったり、まとまりにくくなったりしませんか?
それは、静電気によってダメージを受けているせいかもしれません。

髪に静電気がたまると、髪の水分が奪われたり、髪のキューティクルが剥がされたりという悪影響が起こります。
毛先が静電気でこすれると髪はもつれてからまりやすくなり、これが切れ毛や折れ毛、枝毛の原因になってしまうことも……。

また、乾燥して帯電した頭皮には目に見えないチリやホコリが付着しやすくなります。
こういった汚れは頭皮に雑菌としてたまりやすくなり、かゆみや腫れなどの頭皮トラブルを引き起こす原因になってしまうのです!

静電気による髪のダメージを防ぐ方法

静電気による髪のダメージを防ぐ方法

《1》加湿をする
静電気は湿度が35%以下になると発生しやすくなります。
加湿器を生活に上手に取り入れて、常に湿度を一定に保つようにしましょう!

ほかにも濡れタオルを部屋干しするなど、湿度を下げない工夫が大切になります!
身の回りを加湿して静電気を防ぐことが、健康な髪を守ることにつながるのですよ♪

《2》静電気防止グッズを取り入れる
ブレスレットやスプレーなど、静電気を除去してくれるグッズを使ってみましょう!
髪や洋服がまとわりついてきた時に使えば、静電気のお悩みから解放されますよ。
パッと使えてすぐに静電気を除去することができるのは便利ですよね♪

《3》洗い流さないトリートメントを使う
静電気で髪が傷んでしまう大きな原因は、髪が乾燥していること! 乾燥でパサパサになってしまったキューティクルを補うことでも、静電気対策ができます♪

静電気対策にオススメなのは、洗髪後に洗い流さないトリートメントを使うこと。
トリートメントを髪になじませることで、髪が乾燥しにくくなるため静電気も発生しにくくなります!
静電気対策をしながら髪の健康も守ることができる嬉しいアイテムですね♪

おすすめ洗い流さないトリートメントはこちら!
ドライヤー前の塗れた髪につければドライヤー熱からも髪を守ります。
日常の紫外線や乾燥を防ぎ、静電気を抑制!

http://revol-club.jp/aqua/lp/index.htm

「たかが静電気……」と見くびらずに、きちんと対策していくことが快適に美しい髪を保つために大切なことなのです!
早速今日から試してみましょう♪

唐辛子が髪に良いって本当? カプサイシンの効果とは

唐辛子が髪に良いって本当? カプサイシンの効果とは

「カプサイシン」とは、唐辛子に含まれている辛味成分のこと。
ダイエット効果があることで知られていますが、実は育毛や発毛にも効果があると言われています。
どのような作用が髪にメリットをもたらすのか、効果的な摂取方法とあわせてご紹介します。

カプサイシンが髪に良い理由とは

カプサイシンには、エネルギー代謝を活発にさせ血行を促進する作用があります。
唐辛子が使われた料理を食べると体がポカポカと温まるのは、血行が良くなるからなのです。

この作用は、頭皮や髪にもメリットをもたらします。
血液の流れが頭皮に必要な栄養素を運びこみ、髪の成長を促してくれるのです。
冷え性を改善し、白髪や薄毛を予防する効果も期待できると言われています。

また、意外と知られていませんが、カプサイシンには便秘を解消する効果もあります。
腸の動きを活発化させ、便の排出を促してくれるのです。
腸内環境が整うことで、より健康な頭皮と髪の成長につながります。

唐辛子料理が多い国=薄毛率が低い?

日本の料理では、あまり唐辛子を使うことがありませんよね。

それに対して中国では麻婆豆腐、韓国ではキムチなど、唐辛子を多く使う料理が食卓にのぼります。
そのためか、日本より中国や韓国のほうが薄毛率が低いと言われているのです。

カプサイシンの効果だけが理由とは言い切れませんが、多少は各国の薄毛率に関係しているのかもしれませんね♪

イソフラボンと一緒に摂れば効果アップ!

イソフラボンと一緒に摂れば効果アップ!

「早速カプサイシンの効果を得たい!」と思った方も多いはずです。
しかし、ただ単に唐辛子を食べるだけでは効果的な摂取方法とは言えません。
より育毛・発毛効果を高めたいなら、「イソフラボン」と一緒に摂取しましょう!

イソフラボンとは大豆製品に多く含まれる成分で、女性ホルモンと似た働きをすることで注目されています。
このイソフラボンとカプサイシンを同時に摂取することで、成長因子である「IGF-1」を増加させ、育毛・発毛効果を高めると言われているのです。
納豆とキムチ、豆腐と豆板醤など、大豆製品と唐辛子の相性はとても良いので、ぜひ一緒に摂るようにしてみてください♪

髪や体にさまざまなメリットを与えてくれるカプサイシンですが、過剰摂取すると胃腸に負担をかけてしまいます。
胃腸が荒れると肌トラブルや下痢などを引き起こし、育毛・発毛どころではありません。
唐辛子の食べ過ぎには注意し、サプリメントでカプサイシンを摂る場合は適切な摂取量を守りましょう。

カンタン習慣で変わる「朝の口臭」を防ぐ3つのケア方法

カンタン習慣で変わる「朝の口臭」を防ぐ3つのケア方法
寝起きの口臭が気になるという方は多いのではないでしょうか?
恋人や友達が家に泊まりにきた時など、朝顔を合わせるのが憂鬱になってしまいますよね……。

誰もが一度は経験したことのある「朝の口臭」。
これを防ぐための3つのケア方法をご紹介します♪

朝の口内は細菌だらけ!?

寝起きの口臭がキツくなるのは、眠っている間に唾液の分泌が減ることが原因です。
起きている間、唾液が分泌されることによって口の中の細菌は流し出され、口内はキレイな状態に保たれています。

でも、眠っている間は唾液が減ってしまうので細菌が流し出されることがなく、どんどん増殖していってしまいます。
目が覚める頃には口の中は、増殖し放題の細菌だらけ……。

さらに、歯の間に食べかすなどが挟まっていると細菌に分解されて発酵することによってよりいっそう口臭が強くなってしまうのです!

朝の口臭がキツくなる生活習慣

朝の口臭を強くしてしまう口内環境は、生活習慣によって作られていることがあります。
口臭がキツくなる生活習慣とは一体何なのでしょうか?

眠る前に歯磨きをしない

すでにお話したように、歯の間に食べかすなどが挟まっているとそれを細菌が分解してニオイの原因を作ってしまいます。
歯磨きをしないで眠ってしまうと食べかすをそのままにすることになってしまうため、口臭を強くする原因になってしまうのです!

口を開けて眠っている

眠っている時に口呼吸になってしまう人は意外と多いようです。
口呼吸になると口を開けて眠るため、口の中が乾燥しやすくなります。
ただでさえ唾液の少ない口の中が乾燥してしまうと細菌がよりいっそう増殖してしまうことに……。

ストレスの多い生活をしている

ストレスが溜まると唾液の分泌が減りやすくなります。
また、ストレスを感じている時の唾液はネバネバした状態になってしまうため、せっかく分泌されても口の中を潤す力が弱くなってしまうのです!

朝の口臭を防ぐ! 3つのカンタンケア方法

朝の口臭を防ぐ! 3つのカンタンケア方法

寝る前は徹底的に歯磨きを

眠る前に歯磨きをしないなんて言語道断! 徹底的に歯を磨きましょう。
細菌にえさを与えないよう、デンタルフロスなども使って歯と歯の間の食べかすも取り除くようにしてください。

さらに、歯だけでなく舌の汚れも一緒に取り除くようにしましょう。
舌専用のブラシを使って優しくブラッシングしたらマウスウォッシュなども活用して、口の中を清潔に保つようにしてくださいね♪

ベッドに入る前に水分補給

ベッドに向かう前にコップ1杯の水を飲んで乾燥を防ぎましょう!
寝起きの口臭の一番の原因は、口内の乾燥です。
特に冬などは気温が低いため、あまり喉が渇かないからと水分をとらずに眠ってしまう人が多いようです。
きちんと水分補給をすることで、細菌の増殖を抑えることができるのです♪

眠る時はマスクをつける

十分な水分補給の後は、口の中から水分を蒸発させないように保湿を徹底します!
マスクをつけて眠ればうっかり口を開けて眠ってしまったとしても保湿状態をキープすることができるため、乾燥を防ぐことができるのです♪

さらに、加湿器などを置いて部屋の湿度を一定に保っておけばより十分な効果を感じることができますよ!
喉の乾燥を防ぐこともできるので風邪予防にもなります。
一石二鳥ですね♪

日頃の生活習慣をちょっぴり見直すだけで、寝起きの口臭を抑えることができるのです!
今日からさっそく実践して、さわやかな朝を迎えましょうね♪