汗をかくと美肌になる!?正しい汗のかき方とケア方法

汗をかくとニキビができると思われがちですが、汗のかき方や前後のケア方法を間違えなければ改善を促すこともできます。
どのような汗のかき方がニキビを予防するのか、正しいケア方法と共に詳しくご紹介します♪

汗には「良い汗」と「悪い汗」がある?

無色透明の汗ですが、実は大きく分けて2つに分類できます。
それは「サラサラとした良い汗」と「ドロドロとした悪い汗」です。

サラサラとした良い汗は塩分があまり含まれておらず、ほとんどが水分でできています。
そのため肌の水分量を上げて乾燥を防ぎ、ニキビも防いでくれます。
それに対してドロドロとした悪い汗は塩分や老廃物を含んでいて、肌荒れやニキビを招いてしまいます。
つまり肌をキレイにするためには、サラサラとした良い汗をかく必要があるのです!

肌をキレイにする汗のかき方とは

では、どうしたら良い汗をかけるのでしょうか?
そのヒントは汗を排出させる『汗腺』にあります。
日頃から運動不足などで汗をかかないでいると、汗腺が衰えて汗が排出されにくくなり、悪い汗が出るようになってしまいます。
つまり良い汗をかくためには、汗をたくさん排出させて汗腺を鍛えておくことが大切♪

だからと言って、常に汗をかいている必要はありません。
以下のような方法で一時的にたくさんの汗を排出し、日頃から良い汗を出せる体質を作っておきましょう♪

≪有酸素運動≫
有酸素運動は代謝を促進し、良い汗をかく手助けになってくれます。
体内のエネルギーを使うことで肌の新陳代謝もアップし、肌荒れやニキビの予防にもつながります。
ウォーキングや軽めのジョギングなど、続けやすいものを20~30分、週に2~3回実践するようにしましょう!

≪半身浴≫
運動が苦手な人には半身浴がおすすめ!
38℃ぐらいのゆるめのお湯に20~30分浸かって、じわじわ汗を排出させましょう。
老廃物を排出しながら大量の汗をかくことで汗腺が鍛えられて、サラサラとした良い汗をかけるようになりますよ。

ニキビや肌荒れを防ぐ、汗をかく前後のケア方法

ニキビや肌荒れを防ぐ、汗をかく前後のケア方法

≪汗をかく前後……水分補給をする≫
運動前後、入浴前後は必ず水分補給を行いましょう。
水分をあらかじめ飲んでおくことで代謝がアップしますし、汗をかいた後に飲むことで疲労回復・水分不足解消効果をもたらしますよ。
これを忘れると良い汗をかけないうえに体調不良も招いてしまうので、十分に注意してくださいね!

≪汗をかいた後……汗を洗い流す≫
たとえ良い汗であっても、汗をかいた後に放置していると雑菌が繁殖して肌が荒れてしまいます。
汗をかいた後は必ずシャワーを浴びて、汗を洗い流すことが大切です。
運動後に急いで洗い流せない場合は、清潔なタオルで汗を吸い取っておきましょう!

いかがでしたか?
正しい方法でしっかりと汗をかいて、ツヤツヤ美肌を手に入れましょう♪

コメントを残す