月別: 2016年3月

シャンプーしない「湯シャン」本当はどうなの?!

シャンプーしない「湯シャン」本当はどうなの?!

髪の毛や頭皮に負担が少なく、頭髪の健康を維持することができるとして話題の、シャンプーを使わずにお湯だけで汚れをオフする『湯シャン』。
してみたことのある方も少なくないのでは?

しかし実は、この「湯シャン」だけにすると髪の毛や頭皮にあまりいい影響を与えない場合があることがわかっています。
では湯シャンだけの場合、髪や頭皮にどんな影響があるのでしょうか?詳しくお話しします!

フケや皮脂などの汚れが十分落とせない……

シャンプーには界面活性剤などの化学成分も多く含まれるため、毎日シャンプーをするのはあまりよくない、ということも言われてきました。
2日に1回程度のほうがいい、なんてこともよく聞く話でしたね。

先に紹介した『湯シャン』も、こういったことが理由でお湯だけで汚れを落としたほうがいい、といわれるようになったのではないでしょうか。
お湯でしっかりと洗えば、確かにある程度の汚れを落とすことは可能です。
しかし、頭皮はほかの体の部位と比べて代謝が活発!皮脂の分泌も盛んで、フケもたまりやすいです。

シャンプーを使わないと汚れを十分に落とすことができないため、皮脂やフケはどんどんたまり、においやかゆみの原因のひとつになってしまうのです……!

抜け毛の原因にも

毎日シャンプーをしないと、どんどん汚れが溜まることで頭皮の毛穴が詰まりやすくなってしまいます。
毛穴が詰まると健康な髪の毛を維持することができなくなり、細く弱々しい髪の毛になってしまったり、抜け毛や薄毛の原因になってしまうことも少なくありません……。

シャンプーを使わないことよりも、肌にやさしい成分で作られているシャンプーを使用し、きちんと汚れを落とすことが大切なのです!

頭皮ニキビになってしまうことも

頭皮ニキビになってしまうことも

頭皮の毛穴が詰まりやすくなってしまうことで、頭皮にニキビができやすくなってしまう人も少なくありません。
ニキビのほかにも吹き出物や炎症などが起こる可能性もあります。
こういった症状は、湯シャンを始めてしばらくたったころに起こりやすく、まさしく毛穴が詰まり始めている証拠です。

湯シャンにしてからこういった頭皮トラブルが起こってしまった場合は、すぐに湯シャンはやめて今までどおり、頭皮を清潔に保つためにシャンプーを使うようにしてください!

肌にやさしいシャンプーなら問題ない!

シャンプーは髪の毛や頭皮に悪影響だと言われていたのは昔の話で、最近市販されているシャンプーは、ほとんど影響のないものだと言われています。
しかし、洗浄成分が強すぎたり、界面活性剤の種類によっては頭皮に悪影響を与えるものもあるので正しい知識が必要です!
お湯だけではオフしきれない皮脂や汚れは、シャンプーを使ってやさしく洗い流してあげることが大切です。

シャンプーをしたら、洗浄成分が頭皮に残らないように、しっかりと時間をかけてすすぎをすることもポイント♪
正しくきちんとシャンプーして、頭皮と髪の毛の美と健康をキープしましょうね♪

頭皮に優しく、安心安全の成分設計でおすすめなREVISHシリーズ!
市販のシャンプーと違って、“洗い流ししすぎない“ことができるサロンでも使用されているシャンプー&コンディショナーです!
肌に安心の成分で作られているので、赤ちゃんからお年寄り、ペット(10倍に薄める)まで使えます。

column0127_06

髪の毛を結ぶ習慣が頭皮に与える影響とは?

髪の毛を結ぶ習慣が頭皮に与える影響とは?

ロングヘアの女性は、仕事の都合上やファッションのひとつとして、髪の毛を結ぶ習慣があるという人も多いでしょう。
しかしこの髪の毛を結ぶという習慣が、実は頭皮や髪の毛に大きな負担となってしまうこともあるのです。
髪の毛を結ぶとなぜ頭髪にダメージが与えられるのか、また髪の毛を結ぶ習慣はどのような影響を頭髪に与えるのかを紹介します。

頭皮に大きな負担となる

髪の毛を結ぶことは、頭皮にとって大きな負担となってしまいます。

特に1か所でギュッと強く引っ張ってまとめるポニーテールのようなヘアスタイルは、頭皮はもちろん髪の毛にとっても大きな負担となります。
ポニーテールなどは常に頭皮が引っ張られている状態になり、この状態が長時間続くことが頭皮に大きなダメージを与えるのです。

毎日長時間髪の毛を結んでいれば、それだけ負担も大きくなり、結果頭皮の炎症や肌トラブルにつながる場合もあります。

抜け毛や薄毛の原因にも

健康な頭髪をキープするポイントとして、頭皮の血行を健康に保つことはとても重要なことです。

そのため、食生活やマッサージなどで頭皮のケアをしていても、髪の毛を結んで頭皮が引っ張られた状態を長く続けていると、頭皮の血行が悪くなってしまいます。

血行不良が続くと、健やかな頭髪をキープするために必要な栄養が十分に供給できなくなってしまいます。
栄養不足の状態が続くと髪の毛は次第に細く弱々しくなってしまい、切れ毛や抜け毛、さらには薄毛の原因になってしまうことも珍しくありません。

脱毛症を引き起こすことも

髪の毛を結ぶと、頭皮のどこかしら圧迫された状態になります。
頭皮が圧迫された状態が続くと、その圧迫されたところが少しずつ薄くなり、脱毛症を引き起こしてしまいます。

特にポニーテールは1か所で強く結ぶことも多いですよね。
ポニーテールの結び目になる頭頂部から後頭部や、前髪も全てまとめているという人は生え際から脱毛症が進行し始めてしまう恐れがあります。

毎日結ぶ人は注意が必要

毎日結ぶ人は注意が必要

髪の毛を毎日結ぶことは、頭髪にとっては負担が大きいとわかってはいても、仕事柄どうしても結ばなければいけないという人もいるでしょう。
毎日結ばなければいけない場合は、ちょっとした工夫で対策を取ることができます。

まずは強く引っ張るようなヘアスタイルは避けましょう。
もし1日そのようなヘアスタイルをとった場合は次の日は頭皮を休ませてあげることが大切です。
これだけでもダメージを減らすことができます。

もうひとつは、結ぶ時間を短くすることです。
結ぶ時間が短くなれば、それだけ頭髪への負担は少なくて済みます。
終業したらすぐ髪の毛をほどいたり、必要な時間帯だけ結ぶようにしましょう。

また、毎日同じヘアスタイルにならないようにするということも、対策のひとつです。
圧迫される場所が変われば、脱毛症のリスクを減らすことができますよ。

髪を結んだときは、しばらくしたらほどいたり、翌日は別の場所で結ぶなどで髪の毛のダメージを減らすことができます。
髪の毛が多く長い人ほど、髪は重く頭皮を引っ張ってしまうので注意してくださいね。

美しい髪のために! 覚えておきたい紫外線ケアテクニック

美しい髪のために! 覚えておきたい紫外線ケアテクニック

気候もぽかぽかと暖かくなって、過ごしやすい季節になりましたね。
でも、暖かくなってくると気になるのが紫外線の影響。
お肌は抜かりなく対策していても、髪はついつい忘れがちなのでは?
お肌と同じように、髪にも早め早めの紫外線対策で1年中ツヤツヤの状態をキープしましょう♪

知ってた? 紫外線の髪への影響

「髪が日焼けするなんて聞いたことない!」
「ちょっと茶色くなったりしてる気もするけど、大して問題ないでしょう?」
なんて思っている方は多いのではないでしょうか?
でも、それは大間違い! 髪の日焼けは髪に重大なダメージを与えてしまうのです。

髪を黒々と美しく見せているメラニン色素は、非常に紫外線の影響を受けやすいものです。
紫外線を浴びると、分解されて髪の色が変わってしまうことがあります。
さらに紫外線には髪を乾燥させる働きもあるので、パサパサに乾いてキューティクルがはがれ、枝毛や切れ毛の絶えないまとまりのない髪になってしまうのです……。

また、紫外線は頭皮にも悪影響を及ぼします。
頭皮が日焼けをすると乾燥して硬くなってしまいます。
水分をキープすることが難しくなり、これから生えてくる髪にも影響が……。

髪の紫外線ケアを行うことは美しい髪をキープするだけでなく、健康な髪を育てるためにも大切なことなのです!

紫外線対策ヘアケアテクニック

column0315_02

■ お出かけ前にはUVカット効果のあるヘアスプレーをワンプッシュ
お出かけ前にお肌に日焼け止めを塗るように、髪にもUVカット効果のあるヘアスプレーなどを使うようにしましょう。

トリートメント効果のあるものなどを選ぶようにすれば、髪にツヤを与えることもできるので一石二鳥ですよ♪

■ バスタイムにはトリートメントケアを忘れずに!
スプレーで保護していても、外の日差しに晒されれば髪は多かれ少なかれ傷んでしまいます。
バスタイムにはダメージケア用のシャンプーやコンディショナーで洗い、トリートメントで十分にケアしてあげてください。

ブラッシングやブロー時にも洗い流さないトリートメントを使い、摩擦やドライヤーの熱から守ってあげましょう♪

■ 濡れた髪のブラッシングは優しく&頭皮のクールダウンを
シャンプー後の濡れた髪はとても繊細な状態です。
強くブラッシングせず、毛先から優しくブラッシングしながらブローしてくださいね♪
さらに、日焼けによって頭皮が赤くなっている場合には水を入れたビニール袋を当てたり、シャンプーの前に水でクールダウンするようにしましょう。

帽子や日傘などの紫外線帽子グッズを活用するのも効果的です。
髪や頭皮が紫外線に当たる面積を小さくしてあげることが大切なので、ロングの方は髪をまとめるだけでも十分紫外線対策になりますよ♪
髪と頭皮をきちんといたわって、紫外線に負けない美しい髪を手に入れてくださいね♪

フケが増える3つの原因とオススメ対策方法

フケが増える3つの原因とオススメ対策方法

どんなに髪を清潔に保っているつもりでも、気がついたら肩の辺りにパラパラと落ちてくるのが「フケ」。
不潔に見えるし洋服も汚れるし、困りますよね。
色々なヘアケアを試しているのに解消されない……と困っている方も多いと思います。

でも実は、フケはとても基本的なヘアケアで解消することができるかもしれないのです!
困ったフケの原因と解消法をご紹介します♪

困った「フケ」3つの原因

■ シャンプーのしすぎ
フケの一番の原因は頭皮の乾燥です。
頭皮がパサパサになると状態が悪化し、フケを発生させる原因菌が増殖してしまうのです。
本来、頭皮には適度な皮脂が分泌されていて、表面をコーティングすることによって水分の蒸発を防いでいます。

ですが、洗浄力の強いシャンプーで頭皮を洗いすぎてしまうと必要な皮脂が取り除かれてしまいます!
これが頭皮の乾燥の原因に。

■ 頭皮の栄養不足
食べ物などから体の中に取り入れられた栄養素は血液に乗って頭皮にまで運ばれます。
でも、偏った食生活などによって栄養素が不足してしまうと頭皮の環境も悪化してしまうのです!

また、睡眠不足やストレス、運動不足などによる血流の悪化も頭皮の栄養不足の原因に……。
栄養不足の頭皮は免疫力が低下し、原因菌の増殖を招いてしまうのです。

■ シャンプー・ヘアケア剤が合わない
適度に髪を洗い、栄養もきちんと取っているのにフケが出るという場合は、シャンプーやヘアケア剤が頭皮に合っていない可能性があります。
合っていないヘアケアグッズによるケアは髪を整えるどころか、かえって頭皮に大きな負担をかけてしまうのです!

ただでさえフケの出ている頭皮はとても繊細な状態です。
自分に合ったヘアケアアイテムを使うようにしてくださいね♪

フケを予防! オススメ対策方法

フケを予防! オススメ対策方法

■ 毎日のシャンプーを見直す
頭皮の乾燥を防ぐためには、まずシャンプーの仕方を見直すことが大切です。
洗いすぎは頭皮の皮脂を奪うことになります。
シャンプーの使用は2日に1回、その他の日はお湯だけで丁寧にすすぐようにしてくださいね♪
シャンプー自体を低刺激のものに変える、爪を立てないように優しく洗うなどの気配りも大事ですよ♪

■ ブローの際は頭皮に長時間当てない
シャンプー後のブローは、なるべく髪や頭皮から離して温風を当てるようにしましょう!
ドライヤーの風を長時間当て続けると頭皮の乾燥が進み、フケの原因になってしまいます。
冷風を使って乾かすのも、頭皮をいたわりながらブローできるのでオススメです♪

■ 食生活・生活リズムを整える
野菜をあまり食べない、油っぽいものを好むなどの食生活の乱れは頭皮の栄養不足の原因になります。
また、睡眠を十分にとることや適度なストレスの発散、運動なども頭皮の血流を促し、食べ物から取り入れた栄養素を頭皮まできちんと届ける手助けをしてくれます♪

頭皮環境もお肌と同じで、丁寧なケアや生活習慣の改善によって十分に改善することができるのです!
きちんと対策をして、フケを防ぎましょうね♪

静電気が髪にダメージを与える!? その理由と対策方法

唐辛子が髪に良いって本当? カプサイシンの効果とは

静電気で髪がフワフワと広がってしまいまとまらないのは、冬の大きな悩みのひとつですね。
でも、「ただパチンとなるだけだから」「髪がまとまらないだけだから」とついつい静電気を軽視してしまいがちではありませんか?

実は静電気というものは、髪に深刻なダメージを与えてしまう可能性を持っているのです!
本当は怖い静電気が髪に与える影響と、手軽にできる対策法についてお話しします!

静電気が起こるしくみとは?

静電気は、空気が乾燥している冬ほど起こりやすいものです。
ものには必ずプラスとマイナスの電子が存在しています。
静電気は、ものとものがこすれ合うことによって電子のプラスとマイナスのバランスが崩れることが原因となり、発生するのです。

そもそも静電気はいつでも発生しているものなのですが、乾燥していると逃げ場を失って蓄積されやすくなってしまいます。
クシで髪をとかしたり、ニットの重ね着をしたりすることでも、静電気は起きやすくなります。

静電気が髪に与えるダメージとは?

冬場に髪がパサつきがちになったり、まとまりにくくなったりしませんか?
それは、静電気によってダメージを受けているせいかもしれません。

髪に静電気がたまると、髪の水分が奪われたり、髪のキューティクルが剥がされたりという悪影響が起こります。
毛先が静電気でこすれると髪はもつれてからまりやすくなり、これが切れ毛や折れ毛、枝毛の原因になってしまうことも……。

また、乾燥して帯電した頭皮には目に見えないチリやホコリが付着しやすくなります。
こういった汚れは頭皮に雑菌としてたまりやすくなり、かゆみや腫れなどの頭皮トラブルを引き起こす原因になってしまうのです!

静電気による髪のダメージを防ぐ方法

静電気による髪のダメージを防ぐ方法

《1》加湿をする
静電気は湿度が35%以下になると発生しやすくなります。
加湿器を生活に上手に取り入れて、常に湿度を一定に保つようにしましょう!

ほかにも濡れタオルを部屋干しするなど、湿度を下げない工夫が大切になります!
身の回りを加湿して静電気を防ぐことが、健康な髪を守ることにつながるのですよ♪

《2》静電気防止グッズを取り入れる
ブレスレットやスプレーなど、静電気を除去してくれるグッズを使ってみましょう!
髪や洋服がまとわりついてきた時に使えば、静電気のお悩みから解放されますよ。
パッと使えてすぐに静電気を除去することができるのは便利ですよね♪

《3》洗い流さないトリートメントを使う
静電気で髪が傷んでしまう大きな原因は、髪が乾燥していること! 乾燥でパサパサになってしまったキューティクルを補うことでも、静電気対策ができます♪

静電気対策にオススメなのは、洗髪後に洗い流さないトリートメントを使うこと。
トリートメントを髪になじませることで、髪が乾燥しにくくなるため静電気も発生しにくくなります!
静電気対策をしながら髪の健康も守ることができる嬉しいアイテムですね♪

おすすめ洗い流さないトリートメントはこちら!
ドライヤー前の塗れた髪につければドライヤー熱からも髪を守ります。
日常の紫外線や乾燥を防ぎ、静電気を抑制!

http://revol-club.jp/aqua/lp/index.htm

「たかが静電気……」と見くびらずに、きちんと対策していくことが快適に美しい髪を保つために大切なことなのです!
早速今日から試してみましょう♪

毎朝の洗顔で肌トラブルを防ぐ! 「朝洗顔」のポイント

毎朝の洗顔で肌トラブルを防ぐ! 「朝洗顔」のポイント

夜には「メイク落としと洗顔がセット」という方がほとんどかと思いますが、朝は洗顔料を使って洗顔をしないという方は意外と多いですよね。

ところが、朝洗顔をしないとお肌に深刻なダメージが起きてしまう可能性が!
朝の丁寧な洗顔が、肌トラブルを防ぐカギになるのです。
「朝洗顔」の正しい方法をご紹介します♪

「朝洗顔」をしないと肌トラブルや老け顔の原因に?

眠っている間、顔からはどんどん皮脂が分泌されています。
さらに、眠る前にお肌に塗ったスキンケア剤の油分が朝までに酸化してしまったり、汚れが付着して不衛生な状態になっていることも!

酸化した脂や汚れを放置したままにすると、毛穴が詰まってうまくお肌のターンオーバーが働かなくなります。
不衛生な状態のまま過ごすと、肌荒れや乾燥などの肌トラブルの原因
になってしまうのです……。

また、朝洗顔をせずメイクをしてしまうと、お肌にどんどんダメージが蓄積され、老け顔の原因になってしまいます。
丁寧な洗顔は夜だけでなく朝にも必要なのですね!

普段のスキンケア用品選びももちろん重要です♪
例えばアルガンオイルは、エイジングケアをサポートしてくれるビタミンE (トコフェロール) が、一般的な美容オイルの3~5倍含まれています。

また、アーデのアルガンオイルはその大自然そのままのチカラを存分に活かすため酸化防止剤などの防腐剤は一切入っておらず、100%手搾りのオーガニックオイルとしてお使い頂けます。
「美しく年齢を重ねたい」という方には特にオススメなケア商品です!

「朝洗顔」をしないと肌トラブルや老け顔の原因に?

朝洗顔で気をつけるべきポイント

朝入念に洗顔をするのは、お肌を清潔に保つのにとても重要です。
しかし、キレイにしたい一心でゴシゴシと落とし過ぎるとお肌に負担がかかってしまいます。

また、お肌を守る上で必要な皮脂まで洗顔で取り除いてしまうことになるため、お肌のバリア機能が低下してしまう危険性も……。

「必要な皮脂を守るために朝の洗顔はぬるま湯だけ」という人もいますが、お湯だけでは汚れが落としきれません。
洗浄力が強いタイプの洗顔料を避け、お肌に優しいタイプのものを選んできちんと洗顔しましょう!
朝時間がないという人は、ジェルタイプの洗顔料を取り入れるとお手軽になりますよ♪

朝洗顔の正しい手順とは?

朝洗顔の正しい手順とは?

朝洗顔をするときには、洗顔料をしっかりと泡立てて、優しく洗顔しましょう。
たっぷりと泡立て、顔に手が直接触れないように洗うのが、肌に負担をかけない洗顔のコツです♪

しっかり泡立てて優しく汚れを落としたら、時間をかけて確実に洗顔料をすすぐようにしましょう。
洗顔料がお肌に残っていると肌トラブルを招いてしまうことがあるので、20回から30回程度はすすぐようにしてくださいね!

また、洗顔のあとはタオルでゴシゴシと拭くのではなく、押さえるようにして優しく水分を取りましょう。
お肌にたっぷりと保湿を施すことも忘れずに♪

朝洗顔を習慣化することによって、肌トラブルが改善しやすくなります。
さっそく明日の朝から始めて、健康的なすべすべお肌をキープしましょう♪