月別: 2016年1月

カンタン習慣で変わる「朝の口臭」を防ぐ3つのケア方法

カンタン習慣で変わる「朝の口臭」を防ぐ3つのケア方法
寝起きの口臭が気になるという方は多いのではないでしょうか?
恋人や友達が家に泊まりにきた時など、朝顔を合わせるのが憂鬱になってしまいますよね……。

誰もが一度は経験したことのある「朝の口臭」。
これを防ぐための3つのケア方法をご紹介します♪

朝の口内は細菌だらけ!?

寝起きの口臭がキツくなるのは、眠っている間に唾液の分泌が減ることが原因です。
起きている間、唾液が分泌されることによって口の中の細菌は流し出され、口内はキレイな状態に保たれています。

でも、眠っている間は唾液が減ってしまうので細菌が流し出されることがなく、どんどん増殖していってしまいます。
目が覚める頃には口の中は、増殖し放題の細菌だらけ……。

さらに、歯の間に食べかすなどが挟まっていると細菌に分解されて発酵することによってよりいっそう口臭が強くなってしまうのです!

朝の口臭がキツくなる生活習慣

朝の口臭を強くしてしまう口内環境は、生活習慣によって作られていることがあります。
口臭がキツくなる生活習慣とは一体何なのでしょうか?

眠る前に歯磨きをしない

すでにお話したように、歯の間に食べかすなどが挟まっているとそれを細菌が分解してニオイの原因を作ってしまいます。
歯磨きをしないで眠ってしまうと食べかすをそのままにすることになってしまうため、口臭を強くする原因になってしまうのです!

口を開けて眠っている

眠っている時に口呼吸になってしまう人は意外と多いようです。
口呼吸になると口を開けて眠るため、口の中が乾燥しやすくなります。
ただでさえ唾液の少ない口の中が乾燥してしまうと細菌がよりいっそう増殖してしまうことに……。

ストレスの多い生活をしている

ストレスが溜まると唾液の分泌が減りやすくなります。
また、ストレスを感じている時の唾液はネバネバした状態になってしまうため、せっかく分泌されても口の中を潤す力が弱くなってしまうのです!

朝の口臭を防ぐ! 3つのカンタンケア方法

朝の口臭を防ぐ! 3つのカンタンケア方法

寝る前は徹底的に歯磨きを

眠る前に歯磨きをしないなんて言語道断! 徹底的に歯を磨きましょう。
細菌にえさを与えないよう、デンタルフロスなども使って歯と歯の間の食べかすも取り除くようにしてください。

さらに、歯だけでなく舌の汚れも一緒に取り除くようにしましょう。
舌専用のブラシを使って優しくブラッシングしたらマウスウォッシュなども活用して、口の中を清潔に保つようにしてくださいね♪

ベッドに入る前に水分補給

ベッドに向かう前にコップ1杯の水を飲んで乾燥を防ぎましょう!
寝起きの口臭の一番の原因は、口内の乾燥です。
特に冬などは気温が低いため、あまり喉が渇かないからと水分をとらずに眠ってしまう人が多いようです。
きちんと水分補給をすることで、細菌の増殖を抑えることができるのです♪

眠る時はマスクをつける

十分な水分補給の後は、口の中から水分を蒸発させないように保湿を徹底します!
マスクをつけて眠ればうっかり口を開けて眠ってしまったとしても保湿状態をキープすることができるため、乾燥を防ぐことができるのです♪

さらに、加湿器などを置いて部屋の湿度を一定に保っておけばより十分な効果を感じることができますよ!
喉の乾燥を防ぐこともできるので風邪予防にもなります。
一石二鳥ですね♪

日頃の生活習慣をちょっぴり見直すだけで、寝起きの口臭を抑えることができるのです!
今日からさっそく実践して、さわやかな朝を迎えましょうね♪

髪の毛にも注意!? Uラインに角栓・ニキビが出来る理由と肌ケア方法

髪の毛にも注意!? Uラインに角栓・ニキビが出来る理由と肌ケア方法
顎や顔のサイドの方など、輪郭部分にできるニキビに悩まされてはいませんか?

日頃からきちんとスキンケアしているはずなのに、大量発生しては私たちを悩ませる「Uライン」のニキビや角栓。
繰り返されるUラインのアダルトニキビはなかなか治りにくいのが特徴です。
正しい原因を知れば、効果的な対策を図ることができますよ♪

なぜUラインにニキビができやすいの?

Uラインにできる大人ニキビの原因としては、ターンオーバーサイクルの乱れやお肌の乾燥などが挙げられます。
Uラインはもともとターンオーバーが遅い傾向にあります。
その分古い角質がたまりやすく、毛穴に詰まって角栓になりやすい
のです。

また、皮膚が薄いために乾燥しやすいという理由もあります。
乾燥したお肌はバリア機能を失い、外的刺激によってニキビや吹き出物などの肌荒れを起こしやすくなってしまうのです……。

あなたは日頃、無意識のうちに髪の毛を顔に触れさせてしまったり、頬杖をついたりしていませんか?
常に外気に触れている髪の毛には私たちが想像している以上の雑菌や汚れが付着しています。

さらにワックスなどの整髪料を使ってセットしていた場合には、それらがすべて顔に触れてしまうことになります。
雑菌や刺激物に触れたUラインはよりいっそう肌荒れを起こしやすくなり、ニキビの大量発生を引き起こしてしまうのです!

また、頬杖をつく、クレンジングや洗顔の際にゴシゴシと摩擦をするなどの外的刺激もニキビの原因になります。
できてしまったニキビが気になってついつい触ってしまう、などの行動も悪化につながってしまうので注意してくださいね!

Uラインのニキビにとって、乾燥と刺激は大敵なのです!

Uラインのニキビ撲滅! 肌ケア方法

Uラインのニキビ撲滅! 肌ケア方法

保湿

まずはとにかくしっかり保湿! 外部刺激からお肌を守るために、常に十分水分を補充しておくようにしましょう♪

この時、乳液や保湿クリームはくれぐれも塗り過ぎないように気をつけてください!
ニキビの原因菌であるアクネ菌のエサになるのは毛穴に詰まった油分です。
乳液やクリームには油分が多く含まれているため、角栓の原因になってアクネ菌を増殖させてしまうかもしれません……。

お肌に潤いを与えるためには油分は必須ですが、余分に与えすぎてしまうと逆効果になってしまいます。
十分注意してくださいね♪

刺激を与えない

クレンジングの際の摩擦や頬杖などによる刺激はできる限り避けるようにしてください。
さらに、眠る時に使っている枕や枕カバーを清潔に保っておくことも大切になります。

すでにお話したとおり、髪の毛には多くの雑菌が付着しています。
そんな髪の毛が触れる枕・枕カバーは雑菌が繁殖しやすく、眠っている間にお肌に悪影響を及ぼすのです!

もちろん髪の毛自体を清潔に保っておくことも大切ですが、寝具のお手入れは意外と盲点。くれぐれも忘れないようにしましょう♪

生活習慣の改善

ターンオーバーを正常にするために一番大切なことは、生活習慣の改善です。
バランスのとれた食生活や十分な睡眠、適度なストレス発散などによって心身ともに健康的な状態をキープすることが必要なのです!

忙しい生活の中ではなかなか難しいかもしれませんが、まずは清潔な寝具で早寝早起きに努めるところから始めてみてはいかがでしょうか?

Uラインのニキビを防ぐためには、日頃のちょっとした心がけが大切なのですね。
今日からさっそく試して、ニキビ知らずのすべすべお肌をキープしましょう♪

お肌の水分と油分のバランスを整え、肌サイクルを整えるには
海洋深層水と天然成分からつくられた基礎化粧品がおすすめです!

permiras01_728×90

正月太り解消!ぽっこりお腹に効く!家事の合間にできるながらエクササイズ♪

-shared-img-thumb-C789_osechiryouridayo_TP_V

お正月が終わり、忙しい毎日の始まり。

のんびりしすぎちゃって見事に正月太りをした方!
ぽっこりお腹になっちゃった!という方も多いのではないでしょうか?

ドコモ・ヘルスケアの統計データによると、なんと1年で一番おデブな日は1月6日という結果がでたそう!

クリスマスから始まって、年末年始はおいしいものいっぱい食べちゃいますよね~。
運動だって忙しい年末年始はサボリがち。
仕事も家事も休んでゴロゴロできちゃうのがお正月の魅力でもあります。

年も明けたことですし、今日から心も身体もすっきり参りましょう♪

ということで、緊急コラム★

『正月太り解消!ぽっこりお腹に効く!家事の合間にだってできちゃうながらダイエット♪』を紹介します!

これは私も実践しているものなので、特に1番は効果あると思いますよ~^^

 

1.どこへ行った?!ウエストのくびれを短期間で呼び戻すその名も『エアフラフープ』

a1180_014655

足を肩幅位に開き、安定した姿勢を保ちます。
背筋を伸ばしたまま、フラフープを回すようにウエストを意識して、腰を回します。
回しやすい方だけでOK!
お風呂上りのドライヤーをかけているときや、洗い物をする時など、
ただ”立っている”瞬間にこれを取り入れるようにしてみてください。
劇的にウエストがこんにちは!しますよ♪

ポイントはただ腰を回すのではなく、お尻全体で円を描く様にまわすことです!

2.天井と自分自身を見つめる『ぽっこりお腹撃退エクサ

サイズ』

私の子供達が通っている空手道場でも基礎体力作りでみっちりやる腹筋エクササイズです!

仰向けになって手のひら下にして両腕を伸ばし、背中をしっかりと床につけます。
膝を伸ばしたまま両足をゆっくりと垂直になるまで持ち上げます。
その後、息を吐きながらゆっくりと床につくぎりぎりまで足を下ろします。
これを30回繰り返します。

このとき、首や肩に力はいれずお腹を意識して行うのがポイント♪
やりはじめはつらいので、手をお尻の下に置き、身体を支えるようにしてもOK!

天井を見つめながら、お正月にグータラしすぎてついてしまったお肉との決別を誓ってください(笑)
もちろん!テレビを見ながらでも、スマフォでゲームをしながらでもできるので是非毎日やってみてくださいね。

 

さらに、エクササイズやダイエット時に是非気をつけて欲しいのが「水分」です。

寝る前の水は浮腫みの原因ってホント?

冬は汗の分泌量も少なくのどの渇きもそれほど感じないため、夏場に比べ体内の水分が不足しがちです。
翌日の浮腫みを気にして、寝る前に水分を摂るのを避けている方も多いのではないでしょうか?

しかし実は、翌朝の浮腫みがでるのは寝る直前に水分を摂った場合なのです!

人間は、寝ている間腎機能が低下しているため水分を上手く体外へ排出することができません。
そのため、”寝る直前”に水を飲むと翌朝むくむ原因になってしまうのです。
しかし、寝ている間に人はコップ1杯分の汗をかくといわれています。
また、睡眠中に血液の循環が悪くなったり、血液の濃度が濃くなることで起こる
心筋梗塞や脳卒中などの予防にもなるので、寝る30分前に水分を摂ることは良いとされています。

8379640786_baca4bf8ae_b

さらに起床後に常温水をコップ1杯飲むのも、身体が目覚め、一日の始まりを身体と脳に知らせることにもつながります。
起きた直後の血液は酸欠状態でドロドロになっているので、血液循環を良くするためにもよい方法です。
日頃から水分を多く摂るのは、デトックス効果にもなり、便秘解消にも効果がありますので、
寝る前と起きた後の水分補給は是非毎日行ってください。

ポイントは、冷たい水ではなく、常温でゆっくり飲むことです。
便秘がちの方はマグネシウムを多く含んだ「硬水」と言われる水を寝起きに1杯飲むと良いでしょう♪

ワカメでは発毛しない? 髪に良いと言われる食材の真実

column1225_03
昔から「わかめなどの海藻を食べると髪の毛が豊かになる」と言われていますが、これは本当なのでしょうか?
実は海藻類には髪の毛に良い栄養素が含まれてはいますが、発毛を促進する効果はないと言われています。
今回は、髪の毛に良い栄養素の正しい知識と健康な髪を育てる方法についてご紹介します♪

海藻類には発毛促進効果がない!?

海藻類には発毛促進効果がない!?

わかめにはヨードやミネラル、そして食物繊維がとても豊富に含まれています。
確かにこれらの栄養素を摂取していれば髪の毛は健康になります。
しかし実は、残念ながら育毛を促進する効果はありません……。

海藻類が髪の毛を増やすと言われてきたのは、海の中で豊かに育つわかめの様子がフサフサの毛髪をイメージさせるからだそう。
このイメージが先行し、「髪が増える」という迷信めいたものが広まったというわけなのですね!

そうは言ってもわかめにもミネラルなどの栄養が豊富ですから、いつも通り食事に取り入れるのはとてもいいことですよ♪

発毛促進効果のある栄養素って?

現在の医学においても「発毛促進効果」が認められている栄養素というのは存在していません。
ですから、「食べれば髪の毛が生えてくる食べ物を探す」という認識を改め、「髪を健康に育成するための栄養素をとる」という考え方をするようにしましょう♪

しっかりした太くて健康した髪、健康な毛根と頭皮、これらをきちんと維持することが豊かな毛髪には必要です。
そのために必要な栄養素は数多くあります。
早速ご紹介します♪

髪を健康に育成するための栄養素3選

髪を健康に育成するための栄養素3選

*タンパク質*

髪の毛はタンパク質で構成されており、その元となる物質は約18種類のアミノ酸です。

アミノ酸の中でも体内で合成されない必須アミノ酸が毛髪の原料となるので、必須アミノ酸を含んだ食べ物が毛髪の育成には必要不可欠!
必須アミノ酸は豆腐などの大豆食品、いも類、玄米などになどに多く含まれています。

普段から和食を中心とした食生活を心がけて、これらの食品を積極的に摂取しましょう。
良質なタンパク質の源を髪に送り届けることができますよ♪

栄養不足により抜け毛や薄毛になっている場合は、髪の素となる良質なタンパク質を補給すれば徐々に改善されるでしょう。

*ビタミンB*

タンパク質は体内でアミノ酸に分解され、もう一度合成されますが、その時に必要なのがビタミンB群。
お肌にもよいビタミンBは当然髪にも必要な栄養素なのです♪

緑黄色野菜、フルーツ、しいたけ、豚肉、レバーなどに多く含まれているので、毎日の食事に取り入れていきましょう。
せっかくタンパク質を摂取してもビタミンB不足では髪の素として合成されにくくなってしまいます。
一緒にとるように注意してくださいね!

*ミネラル*

髪や毛根にしっかり栄養を送り届けるには、血流が良いことが前提条件となります。
ドロドロの血液ではいくら栄養を取っても体の先端にある髪には届かなくなってしまいます。
ミネラル類をしっかり摂取し、血液をサラサラにしておきましょう♪

にんじんやごぼうなどの根菜はミネラルが豊富なので、髪の健康に一役買ってくれますよ!
また、海藻類もカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分がたっぷり。こちらも上手に調理して食べるようにしましょう♪

抜け毛や薄毛を改善し、健康で豊かな髪の毛を維持するには健康的な食生活を送ることがとても大切です。
規則的な生活と栄養バランスの整った食事に気をつけていれば、髪の毛は健やかに成長してくれますよ!