切れ毛が悪化する原因とヘアケア方法

切れ毛が悪化する原因とヘアケア方法

美しく艶のある滑らかな髪の毛は、女性を輝かせてくれる重要な要素のひとつ!
髪の毛のコンディションが、1日のポテンシャルを左右するという女性も多いはず♪
けれど、切れ毛が多いと髪の毛先がパサついたり、髪型が決まらないことも……。
そこで、今回は切れ毛が悪化する原因とヘアケア方法について紹介します!

切れ毛が悪化する原因とは

● 髪の毛の栄養不足
切れ毛ができてしまう原因のひとつとして考えられるのが、髪の毛の栄養不足。
女性ホルモンの乱れや過度なダイエット・食生活の偏りなどにより髪の栄養が足りなくなると、髪の毛の内部がスカスカに……。
それにより、少しの力が加わっただけでも髪の毛が切れてしまうのです。

● 蓄積された髪の毛のダメージ
パーマやカラーリングなどを繰り返すことにより、髪の毛へのダメージが増えて切れ毛が起こることも。
さらに、ドライヤーやコテ・ヘアアイロン・紫外線などによるダメージも、髪の毛を弱く切れやすくしてしまうので注意してくださいね。

● 髪質や髪の毛の長さ
直毛よりも「くせ毛」の方が、太い毛よりも「細い毛」の方が髪内部の水分量を保持しにくいので、ダメージを受けやすく切れ毛が起こりやすいといわれています!
さらに、髪の長い人はダメージの蓄積や頭皮への負担が大きいため、切れ毛になりやすいので気をつけてくださいね。

切れ毛のケア方法は?

切れ毛のケア方法は?

できてしまった切れ毛をケアする最も有効な対処法は、切れ毛をカットすること!
切れ毛や枝毛が起こっている髪の毛があった場合は、毛先から3センチくらいの位置で水平にカットしていけば切れ毛を減らしていくことができますよ。
切れ毛が多い場合は、やはりプロの美容師さんにカットしてもらう方が効果的♪
なるべくこまめに美容室に通って、健康的で艶やかな髪の毛を取り戻しましょう!

できる前のケアが重要! 切れ毛を予防する方法

切れ毛はできてしまったら髪をカットするしかありません。
そのため髪の健康を損なわないよう、普段からダメージを予防するよう気をつけてください!

● 髪の毛の洗い方
毎日の洗髪は髪の状態を大きく左右します。特にゴシゴシ髪を摩擦するような乱暴な洗い方をしてしまうと髪の毛に強いダメージを与えてしまいNG!
まず髪を洗う前には丁寧にブラッシングを行ってから、頭皮・髪の毛をしっかり濡らしシャンプーをしましょう♪
シャンプー中やすすぎ中も、なるべく髪の毛同士をこすり合わせないのもポイントです☆

● 髪の乾かし方
ドライヤーも髪を傷める原因のひとつ。
タオルドライ後のドライヤーの前には流さないトリートメントなどを使い、熱風から髪を保護しましょう♪
80%ほど乾いたら後は冷風で乾かすことで、髪の乾かしすぎを防ぐことができます。

● 生活習慣の見直し
バランスのとれた食事は、健康な髪の毛を作るための重要な要素。
さまざまな食材を食べて、バランス良く栄養素をとりいれてくださいね!
なかでも卵や魚に含まれる「タンパク質」や、牡蠣・レバーなどに含まれる「亜鉛」は髪を作る重要な栄養素なので、意識的に食べることが大切です☆

自ら回復することができない髪だからこそ、日々のお手入れが髪質を大きく左右します!
切れ毛を防いで、毛先まで自信が持てる髪を目指しましょう♪

毎日洗う方が良い? 冬のシャンプーポイント

毎日洗う方が良い? 冬のシャンプーポイント

夏は汗をかくことが多いため毎日シャンプーをする方が多いですが、夏と違って寒い冬は人によってシャンプーの頻度に違いがでてきます。
ここでは、冬は毎日シャンプーをする必要があるのかどうかを見ていきましょう♪

シャンプーの役割を知ることで適切なケアを

シャンプーは、頭皮の余分な汚れや皮脂を取り除き、頭皮を健やかに保ってくれる働きがあります!
髪の成長をサポートするためには、毎日のシャンプーで毛穴に余分な皮脂や汚れが詰まらないようにすることが大切です♪
しかし、シャンプーをし過ぎると頭皮が乾燥することもあるため、頭皮の水分と油分のバランスが崩れてしまうことも……。
美しい髪を保つためにも、頭皮の状態に合わせて適度にシャンプーをすると良いでしょう☆

冬に毎日シャンプーをした方が良い場合とそうでない場合がある?

冬に毎日シャンプーをした方が良い場合とそうでない場合がある?
夏と違って冬は汗をかきにくい季節ですが、皮脂は分泌されています。
人によっては、毎日シャンプーをしないと、髪や頭皮がべっとりしたように感じる方もいるかもしれません。

もしくはこれとは逆に、毎日シャンプーをすることで頭皮が乾燥したようになる方もいるでしょう。

冬は皮膚が乾燥しやすい季節ですが、頭皮の皮脂の分泌量が多くべたつくような場合には、毎日シャンプーをしても良いですね♪

しかし、頭皮が乾燥しやすい場合にはシャンプーの回数を減らして、頭皮の水分と油分のバランスを整えるようにしてください☆

頭皮の状態によって冬のシャンプーの方法を変える

● 頭皮が脂っぽくなりやすい時
頭皮の皮脂の分泌が活発な時、冬だからといってシャンプーの回数を減らしてしまうと、頭皮がべたつくことがあります。
このような場合、乾燥しやすい冬の季節に合わせて、天然由来の原料から作られた頭皮に優しいシャンプーなどを使用して、毎日シャンプーしてみましょう♪

また、シャンプーを使用する日とお湯だけで汚れを流す日を交互に繰り返すことで、頭皮のべたつきの対策になりますよ!

● 頭皮が乾燥しやすい時
頭皮が乾燥しやすい時は、冬に毎日シャンプーをするのは控えた方が良いでしょう。
さらに、冬は1年の中で最も乾燥しやすい季節なので、頭皮のうるおいを保つためにも刺激の少ないアミノ酸系などのシャンプー剤で頭皮をいたわってください☆
シャンプーの回数を減らすことで適度に皮脂の分泌が促されるので、頭皮の水分と油分のバランスが整いますよ!

毎日シャンプーをすることが生活習慣のひとつになっている方にとって、冬のシャンプーはどうして良いのか悩んでしまうこともあるでしょう。
大切なのは頭皮の状態に合わせてシャンプーをすること!
ぜひ今日からはシャンプーの頻度にも注目したケアを行ってみてくださいね♪

温めて美しく! 内側から綺麗を作る「温め美容」の方法とは

温めて美しく! 内側から綺麗を作る「温め美容」の方法とは

私達の身体は、一定の体温を保ちながら健康を維持していますね。
理想的な体温は36.5℃といわれていて、この体温を維持することで免疫力の働きが活発になるだけではなくて、美容にもさまざまな影響を与えることができるのです♪
現代の女性は、運動不足や筋力低下により低体温の方が少なくありません……。
ここでは、体温を上げることが美容や健康にどのような影響を与えるのかを見ていきながら、温め美容の方法について紹介します!

体温を上げると美容や健康にどんな影響を与えるの?

体温を上げると免疫力の働きが活発になり、健康を維持しやすくなります。
そして、人間が活動する上で欠かせない体内酵素の量を十分に保つことができるように♪

ちなみに、体内酵素は食べ物を消化したり、不必要なものを外に排出するための活動を支えているものです。
体内酵素の量を十分に保つことで栄養の吸収を高めることができれば、美しいお肌や髪を維持するのに役立ちます☆

さらに、身体にとって不必要な老廃物が外に排出されやすくなるので、体内に余分なものを溜め込まない、すっきりとした状態を保つことも可能になるのです!

毎日の中で簡単にできる温め美容の方法

毎日の中で簡単にできる温め美容の方法

● 入浴の際に湯船にゆっくりと浸かって身体を温める!
入浴をシャワーで済ますのではなく、ゆっくりと湯船に浸かって身体を温めるようにしましょう♪この時、身体を温めたいからといって熱すぎるお湯に浸かると、身体に負担を与えてしまう場合があるので注意しましょう!
40℃くらいのお湯にゆっくりと浸かることで、身体を芯から温めることができます♪

● 温かい飲み物や腹巻の使用でお腹を温める!
お腹を温めることで、腸の働きをサポートすることができます。
腸は食べ物の消化を担っているだけではなく、身体の免疫を左右する大切な部分でもあるので、しっかりと温めるようにしましょう!
お腹を温めるには、温かい食べ物や飲み物をとることが大切♪
そして、腹巻で外側からお腹を温めることも忘れずに。腹巻には女性用のオシャレなデザインのものが多くあるので、お持ちでない方は冬用に1枚購入してみてはいかがでしょうか☆

● 適温のお湯で足湯をすることで足を温める!
足や足裏にあるツボはさまざまな臓器と関連性があることから、足全体を温めることで臓器に良い影響を与えることができます。
足湯をするなら足首まで温めることができる、ある程度の深さがある洗面器やバケツを使用してください♪
そして、40℃くらいのお湯を張ってゆっくりと足を温めてくださいね!

身体を温めるには、毎日の中でこまめに対策をとることが大切です♪
無理のない方法を楽しみながら実践して、内側からキレイを目指しましょう!

潰すのはNG!?「黄ニキビ」の原因と解決方法とは?

潰すのはNG!?「黄ニキビ」の原因と解決方法とは?
 
 

ニキビの炎症が悪化し膿を持ってしまった黄ニキビは、目立つだけでなく痛みを感じることも多い深刻な皮膚トラブルのひとつ。

潰したり間違ったケアを行うと色素沈着を起こしたり、肌にクレーター状のニキビ跡が残ってしまう原因にも……。

黄ニキビの原因や、できてしまった黄ニキビの対処方法について紹介します!

黄ニキビができる原因とは

黄ニキビとは炎症を起こした赤ニキビが悪化し、毛穴の中に膿を持ってしまった状態のニキビのこと。
なぜこのようなことが起こるのかというと、炎症を起こすアクネ菌が白血球を攻撃し、壊れた白血球が膿として毛穴に残ってしまうため。
赤ニキビから黄ニキビになる原因には、間違ったスキンケアや乱れた食生活・睡眠不足など生活習慣の乱れなどが考えられます!

黄ニキビを治すためには?

黄ニキビにまで悪化してしまったニキビは、セルフケアを行うことによりかえって悪化させてしまったり、ニキビ跡になったり色素沈着を引き起こすリスクを高める場合も……。
そのため炎症の強い赤ニキビや黄ニキビができてしまった場合は、自分では触らずに皮膚科の医師に診てもらい治療を受けることが大切♪
「ニキビくらいで病院!?」と思うかもしれませんが、クレーターなどの目立つニキビ跡は一生残ることもありますし、残ってしまった色素沈着も改善するのはとっても大変!
ニキビがあるうちに治療を行うことで、これらのリスクを減らしていくことができるのです☆

黄ニキビの治療では、まず溜まった膿を取り除きそこに抗生物質を塗っていく方法が一般的。
その後、自宅で処方された薬を塗ったり、内服薬を服用したりして黄ニキビを改善していきましょう!
皮膚科で処方される薬は、市販薬では使えない有効成分などが配合されているため高い効果が期待できますよ♪
さらに、保険が適用されるため料金もそれほどかからないので、一度受診してみてはいかがでしょうか☆

スキンケアや生活習慣の見直しも重要なポイント

スキンケアや生活習慣の見直しも重要なポイント

皮膚科での治療を進めながらも忘れてはいけないのが、毎日のスキンケアや生活習慣の改善!

まず、スキンケアで注意すべきは洗顔です。
ニキビができるとつい洗顔の回数を増やしたり、洗浄力の強い洗顔料を使いたくなってしまうけど、実はこれらがニキビ悪化の要因のひとつ!
過剰な洗顔は、皮脂を必要以上に取り除き肌のバリア機能を低下させて、外部からの雑菌や刺激によってニキビや肌荒れを悪化させてしまうの。

さらに、スキンケア以上に重要なポイントとなるのが食生活の見直し♪
腸内環境の悪化により、ニキビや肌荒れが起こっていることも珍しくないの。
健康な肌を守るために、タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルなどの栄養素をバランスよく摂取しましょう!
またニキビの改善には代謝をアップさせる「ビタミンB2」や「ビタミンB6」、抗酸化作用の高い「ビタミンC」、血行を促進する「ビタミンE」などを意識して摂るようにしてくださいね☆

睡眠もニキビを改善するために必要不可欠な要素。
ダメージを受けた肌は睡眠中に修復・再生されているため、睡眠不足に陥ると肌の再生力は大きくダウンしてしまいます。
肌を修復する成長ホルモンは、睡眠後3時間で最も分泌が多くなるので、なるべく寝る前の環境を整え、質の良い睡眠をとるようにしてね♪

くせ毛は改善できる!?「波状毛」の原因とケア方法

くせ毛は改善できる!?「波状毛」の原因とケア方法

波状毛とは、ウェーブ状に波打った状態の毛のこと。
いわゆる「くせ毛」に当たり、断面は楕円形になっています。
では、なぜこのような波状毛が生えてきてしまうのでしょうか?
くせ毛を少しでも改善するために、波状毛の原因とケア方法を詳しく探ってみましょう!

波状毛の原因

≪原因1.遺伝≫
くせ毛は優性遺伝のため、両親のどちらかがくせ毛だと、子供もくせ毛になる確率が高くなります。
毛根の形が親から子へと遺伝することで、同様のくせ毛が現れるように……!
この場合、セルフケアで改善するのは難しく、縮毛矯正に頼る必要があります。

≪原因2.ホルモンバランスの影響≫
女性の場合、思春期や出産後、更年期に髪質が変化しやすくなります。
これは女性ホルモンのバランスが変化し、毛髪に影響を与えるため。
今までまっすぐだった髪が、突然くせ毛に変化することも少なくありません!

≪原因3.頭皮のケア不足≫
頭皮のケアを怠っていたり、間違ったケアをしていると、くせ毛になりやすくなります。
毛穴にシャンプーや皮脂などが詰まることで毛根の形が変わり、髪の成長にも悪影響を与えてしまうのです。

≪原因4.栄養不足≫
普段から偏った食事をしていたり、無理なダイエットを続けていると、髪に十分な栄養が行き渡りません。
その結果、髪の毛がもろく弱くなり、うねった状態の波状毛が生えやすくなるように……。

波状毛の改善方法・ケア方法

波状毛の改善方法・ケア方法

セルフケアで波状毛を完全にまっすぐにすることは困難ですが、普段の生活習慣やケアに気を配っていれば、くせ毛を目立たなくさせることは可能♪
以下の方法を生活に取り入れて、扱いやすい素直な髪の毛を手に入れましょう!

≪質の良い睡眠をとる≫
睡眠が不足しているとホルモンバランスが乱れて、髪の毛にも悪影響を与えてしまいます。
新陳代謝が活発になる午後10時~午前2時に深く眠りについて、身体の中から健康的な髪の毛を育てましょう♪

≪バランスの良い食事を心がける≫
髪の成長にはタンパク質・ビタミン・ミネラルが必要不可欠!
インスタント食品や菓子類は控えて、さまざまな食材を使ったバランスの良い食事を摂るようにしましょう。
特に大豆製品、レバー、貝類、ナッツ類は、髪の成長をサポートする栄養素が豊富なので、積極的に食べるようにしてくださいね♪

≪アミノ酸系シャンプーを使う≫
育毛のためには頭皮の毛穴を詰まらせないことが大切ですが、だからといって洗浄力の強いシャンプーで洗いすぎることは禁物!
頭皮を洗いすぎるとかえって皮脂が分泌され、波状毛が悪化することも考えられます。
できるだけ肌に負担をかけないために、洗い上がりがマイルドなアミノ酸系シャンプーを使用してみてくださいね♪

≪週に1度は頭皮のクレンジングをする≫
頭皮の皮脂詰まりを解消するためには、週に1度ほどの頭皮クレンジングがおすすめです。
頭皮用のクレンジング料を使って、毛穴の汚れをすっきりと落としましょう♪
同時に頭皮のマッサージを取り入れると効果的ですよ!

「髪がうねるのは遺伝だから仕方ない」
そんな風に諦める前に、生活習慣を見直して改めてみましょう♪
もしかしたら、今までのお悩みとさよならすることができるかもしれませんよ!

毛穴の開きも招く? 肌の新陳代謝が悪くなる原因と改善策

毛穴の開きも招く? 肌の新陳代謝が悪くなる原因と改善策

肌質や毛穴の開き・詰まりには、「新陳代謝」が大きく関わっているってご存じでしたか?
この新陳代謝とは一体何なのか、肌を美しく生まれ変わらせるスキンケア方法や生活習慣と共に詳しくご紹介します。

肌の新陳代謝とは?

新陳代謝とは、古いものが新しいものへと入れ替わることを指しています。
つまり肌の新陳代謝とは、古い角質が自然と剥がれ、新しい肌へと再生されるサイクルのことを表しているの♪
このサイクルはターンオーバーといって、美容用語としてもよく使われていますよ!
きっと耳にしたことがある方は多いはず!

新陳代謝が悪いと毛穴状態も悪くなる?

古い角質が残りやすくなり、新しい肌が生まれてこないことを、「肌の新陳代謝が悪くなる」といいます。
そうなれば、肌質が悪化することは目に見えていますよね。
肌のキメは乱れますし、古い角質によって毛穴が詰まり、ニキビや肌荒れを招いてしまいます……。

また、肌の細胞が古いままだとうるおいを保つことが難しくなるの。
肌が乾燥することで弾力がなくなり、毛穴の開きが目立つようになってしまうのです。
その他にも新陳代謝の低下は、シワ、くすみ、たるみなど、ありとあらゆる肌トラブルを招く原因にもなるのです!

新陳代謝が悪くなる原因とは

新陳代謝が悪くなる原因には、以下のようなことが挙げられます。
● 加齢
● ストレス
● 間違ったスキンケア
● 睡眠不足
● ホルモンバランスの乱れ など
では、これらを防ぐ方法を具体的に見ていきましょう♪

新陳代謝を良くするスキンケア・生活習慣

新陳代謝を良くするスキンケア・生活習慣

≪肌を洗いすぎない≫
肌を洗いすぎると乾燥して硬くなり、新しい皮膚への生まれ変わりを遅らせてしまいます。
1日に何度も洗顔したり、ゴシゴシと強くこするような洗顔は避けるようにしましょう!

≪丁寧に保湿する≫
保湿をして肌の乾燥を防ぐことで、ターンオーバーを正常に保つことができます。
基礎化粧品で水分と油分の両方をバランス良く補いましょう♪

≪質の良い睡眠をとる≫
午前10時~午前2時は成長ホルモンが分泌され、ターンオーバーが活発になる時間帯。
この時間にしっかり寝ておくことで、肌の生まれ変わりを促進し、毛穴の目立たないキメの整った肌を作ることができますよ!

≪紫外線対策をする≫
紫外線を浴びると肌細胞が傷つき、ターンオーバーの周期を早めてしまいます。
すると、刺激に弱い未熟な肌になったり、メラニンが残ってシミができやすい肌になってしまいます。
日焼け止めをこまめに塗ったり、日傘などの日除けグッズを使用して、紫外線をブロックするようにして下さいね♪

≪バランスの良い食事を摂る≫
肌の新陳代謝を正常化するためには、食べ物から栄養を補給することも大切です。
美肌効果を持つビタミンA・B群・C・Eを積極的に摂って、身体の中から肌質を改善していきましょう♪
また、健康的な肌の土台となるタンパク質も、動物性・植物性の両方からバランス良く摂取してくださいね!

化粧水などで肌にうるおいを与えることは大切だけど、肌の土台となる新陳代謝の周期を整えるのも同じくらい大切なこと。
体の機能である新陳代謝にも目を向けて、肌の状態を整えるようにしてくださいね♪

【静電気が肌を傷つける】今すぐできる対策方法とは

column1017_07

乾燥シーズンになると、静電気に悩まされる機会が増えますよね。
「パチっと感じるだけなので、特に気にしていない」という人もいるかもしれません。
けれど、意外と知られていませんが、静電気は肌にもダメージを与えているのです。
静電気が肌にどのような影響を与えるのか、対策方法と共に詳しくご紹介します♪

静電気は肌を傷つけている!?

静電気が髪にダメージを与えることは有名ですが、実は肌にもダメージを与えているのです。
パチっと放電する時に角質層を傷つけて、肌のバリア機能を低下させてしまうのです。
最悪の場合、そこから細菌が侵入し、肌荒れや炎症を起こしてしまう可能性もあります。

また、静電気はダニなどのハウスダストを吸着する作用が。
つまり肌や粘膜にハウスダストを吸い寄せて、アトピーや目のかゆみ、鼻炎などの症状を引き起こす恐れがあるのです。
これらのことから、肌が弱い人やアレルギー体質の人は、静電気を甘く見るべきではないといえますね!

静電気から肌を守る対策方法

静電気から肌を守る対策方法

≪肌を十分に保湿する≫
肌が乾燥していると、静電気もおのずと起こりやすくなります。
まずは十分に保湿をして、乾燥肌を防ぐようにしましょう♪
化粧品が肌に強すぎる場合は、ワセリンの使用もおすすめ!

≪帯電しにくい衣類を身につける≫
化学繊維やウールの衣類は帯電しやすく、静電気が発生してしまいます。
綿やシルクなど、天然繊維の衣類を身につけるようにしてください♪
なお、衣類を重ね着する場合、素材の組み合わせにも注意が必要です!
ウールとポリエステルなど、電位差が大きい組み合わせは静電気が起きやすいため、できるだけ避けることをおすすめします。

≪衣類に柔軟剤を使用する≫
衣類に柔軟剤を使用することで、静電気の発生を抑えることができます。
ただし肌が弱い人の場合、柔軟剤が肌荒れの原因になってしまうことも……。
不安な場合は、アトピーや敏感肌にも使えるオーガニック成分のものを使うようにしましょう♪

≪加湿器を使用する≫
暖房などで空気が乾燥していると、静電気が起きやすくなります。
乾燥した室内では加湿器を使って、適度な湿度を保つようにしてくださいね。
職場が乾燥している場合は、デスクの上にも置ける携帯加湿器がおすすめですよ♪

≪静電気防止グッズを使用する≫
「今すぐに静電気を抑えたい!」という時には静電気防止グッズを使うのも一つの手。
キーホルダーやスプレー、ブレスレットなどさまざまな形状のグッズがあるので、使いやすいものを使用してみましょう♪

冬の静電気は痛いだけでなく、肌にダメージを与えてしまうならできるだけ防ぐようにしたいですよね。
今から静電気対策をしっかりと行って、乾燥に備えましょう。

腹ペコタイムが若返りのチャンス

先日行われた勉強会で興味深い話を聞きました。
腹ペコになった時は”若返りのチャンス!
”空腹の状態で何故若返るのか?
別名「長寿遺伝子」とも呼ばれるサーチュイン遺伝子が、人間の体にはもともと備わっているようです。

それは空腹時や寒さなど、いわゆる体の危機的状況に「サーチュイン遺伝子」が活性化され若返りの遺伝子が目覚めるのだそうです。
スイッチが入ると体内の細胞内にあるミトコンドリアが活性化し結果…

・肌のツヤ
・アンチエイジング
・不妊
・長生き
・ED
・薄毛
・若返り

などに関係しているデータが多く報告されています。
腹七分目のカロリー制限で効果は出るのですが、継続しないとやめた時点でサーチュイン遺伝子はオフになってしまいます、口寂しさなどでついつい食べ過ぎてしまう傾向にある場合はなかなか難しそうです…。

因みに鳥は、サーチュイン遺伝子が常に働いていると考えられ「鳥は老化しない」とのこと、その理由は体重が増えると飛びづらくなり、もともとフリーラジカルの漏出が少ないミトコンドリアをもっているからカモメは70年、オウムは100年以上!
「癌・心臓病・脳卒中・糖尿病」と言う4大疾患はいずれも、食生活の食べ過ぎによる肥満やバランスが要因となるケースが多く思います。

ストイックにダイエットをするよりも、いつまでも健康で若々しさを保つには腹七分目の食生活・睡眠・ストレスを抱え込まないよう長く続けていくことが他ならず大切な事かと感じます。
最初はなれないかもしれませんが、今一度ライフスタイルを見直しながら腹ペコタイムを上手く使ってミトコンドリアを活性化しちゃいましょう!
gedeckter-table-600x445px

シャンプーと洗顔、どちらを先にするのが正解?

シャンプーと洗顔、どちらを先にするのが正解?

毎日お風呂の中で何気なく行っているシャンプーや洗顔ですが、実は順番を間違えるとニキビや乾燥肌を招く原因になってしまいます!
あなたはどちらから先に行っていますか?
なぜ洗う順番が大切なのか、実際に髪や顔を洗う際の注意ポイントとあわせて詳しくご紹介します。

シャンプーと洗顔、どちらが先?

お風呂に入った時は、先にシャンプーをして、その後に洗顔をするのが正解です♪
なぜなら洗顔をした後に髪を洗うと、シャンプーやコンディショナーなどが顔に付着したままになってしまうため。
そのままお風呂から上がった場合、顔の毛穴詰まりや肌荒れを招く恐れが……!

また、顔を洗った後にシャンプーをすると、その最中に肌が乾燥してしまいます。
お風呂場は湿気があるため乾燥しにくいように思えますが、それでも肌の水分は徐々に蒸発してしまうのです。
ニキビや肌荒れ、乾燥対策のために、「シャンプー(コンディショナーなどを含む)→洗顔」の順番を守るようにしましょう♪

髪や顔を洗う際のポイント・注意点は?

髪や顔を洗う際のポイント・注意点は?

≪クレンジングは入浴前に≫
一般的なクレンジング料は顔や手が濡れた状態で使用すると、洗浄効果が弱まってしまいます。
汚れ落ちを良くするために、クレンジングは入浴前にしておいたほうが良いですね!
事前にクレンジングをしておくことで、メイクが毛穴に入り込むことも防ぐことができますよ♪
なお、マスカラなどの頑固なポイントメイクは、専用のリムーバーで落としておきましょう。

≪シャンプー中は顔にお湯がかからないようにする≫
顔にシャワーのお湯がかかると、肌の乾燥を早めてしまいます。
シャンプーは顔にお湯がかからない体勢で行うように!
もちろんコンディショナーやトリートメントをすすぎ流す際も、お湯が顔に流れないように気をつけてくださいね♪

≪洗顔はお風呂から出る直前に≫
洗顔後は、乾燥を防ぐためにできるだけ早くスキンケアを行うことが大切です。
そのため、洗顔はお風呂から出る直前がおすすめ!
つまり入浴中は「シャンプー(コンディショナーなどを含む)→身体を洗う→洗顔」という順番がベストなのです。
この順番なら背中やお尻などにもシャンプーが残らず、全身のニキビ防止につながりますよ♪

入浴前後の動作を含めると、「(入浴前)ポイントメイク落とし」
→「顔全体のクレンジング」
→「(入浴中)シャンプー・コンディショナーなど」
→「身体を洗う」
→「洗顔」
→「(入浴後)顔のスキンケア」
→「身体のスキンケア”」

という順番がおすすめです。
もちろん、自分がやりやすい方法を選択することが大切ですが、順番に悩んでいる方、乾燥肌や繰り返すニキビにお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね♪
正しい順番で、トラブル知らずの肌を目指しましょう!

いつも一緒は危険? 髪の分け目を変えることのメリット

いつも一緒は危険? 髪の分け目を変えることのメリット

できることなら、年齢に関係なくふわっとボリュームのある髪型をいつまでもキープしたいですよね♪
そこでおすすめなのが、「髪の分け目」を定期的に変えること!
分け目を変えるとどのようなメリットがあるのか、実際のスタイリング方法とあわせて詳しくご紹介しちゃいます。

髪の分け目を変えることのメリット

≪薄毛防止になる≫
「毎日ポニーテールをしていると、生え際が後退しやすくなる」なんて話、聞いたことがありませんか?
これはあながち嘘ではなく、いつも同じ方向に髪を引っ張っていると一部分の薄毛が進行しやすくなってしまうのです。
そしてこの話は、分け目についても同じことがいえるのです。
分け目を定期的に変えて、髪型を変えることで薄毛防止を目指しましょう!

≪頭皮の紫外線対策になる≫
分け目部分の頭皮はいつも露出した状態。
そのため、紫外線を浴びやすく毛根にダメージが蓄積されがち。
けれど、分け目をこまめに変えることで一部分にかかる負担を分散して、結果的に薄毛を予防することができちゃうのです♪

≪髪にボリュームが出る≫
いつも同じ分け目にしていると毛根に癖がつき、髪がペタッと寝やすくなることも……。
けれど分け目を変えると、髪を逆の方向から起こすことになるのです。
すると髪の根元からボリュームが出て、若々しい印象に♪

髪の分け目を変えるスタイリング方法

髪の分け目を変えるスタイリング方法

≪1.髪を根元から濡らす≫
髪が乾いたままスタイリングしても、いつもの癖がついているために上手く分け目を変えることができません。
まずは髪を水で全体的に濡らすか、寝癖直し用のウォータースプレーを髪の根元にふきかけてから、スタイリングを始めてみて!
ただ、トリートメント効果のあるウォータースプレーだと根元がペタッとなりやすいので、サラッとしたスプレーや水を使うことをおすすめします♪

≪2.いつもと逆の方向からドライヤーを当てる≫
いつもの分け目と逆の方向からドライヤーの風を当てて、根元を立ち上げていきましょう。
いつも真ん中分けにしていた人は、左右のどちらかに分け目を作るつもりでドライヤーを当ててくださいね。

≪3.新しい分け目を作る≫
髪全体が乾いたら、粗めのコームを使って新しい分け目を作ります。
髪の根元を押さえつけず、かき上げるようにコームを当てるのがコツ!

≪4.ハードスプレーで固定する≫
分け目を作ったら、生え際にハードスプレーを噴きかけて固定。
前髪を固定する際は、前髪の裏側に薄くスプレーすると自然な仕上がりになりますよ♪

長年同じ髪型をしていると、少し雰囲気を変えるのにも勇気がいるかもしれません。
しかし、年齢とともに似合う髪型も変わるのです!
新しい自分の魅力を再発見するためにも、分け目を変えてイメージチェンジしてみてください!!

冷房から肌を守る! 乾燥対策スキンケア術

冷房から肌を守る! 乾燥対策スキンケア術

「暑い日は冷房の効いた部屋にずっといる……」という人も少なくないはず。
けれど冷房は、意外と肌を乾燥させてしまうのです!
乾燥肌を防ぐために、冷房対策となるスキンケア方法を詳しく探っていきましょう♪

乾燥肌を防ぐ残暑のスキンケアテクニック

乾燥肌を防ぐスキンケアテクニック

≪クリームを使用する≫
暑い日は肌がベタつきがち。そのため、化粧水や軽めの乳液だけで保湿を完了している人も多いですよね。
でも、それでは乾燥肌を守りきれず、肌の水分がどんどん蒸発していってしまうのです!
化粧水で水分を補った後はクリームを使用して、乾燥や刺激から肌を守ってあげましょう♪
ベタベタするクリームではなく、サラッとしたクリームを薄く塗ることがベタつきを防ぐポイントになりますよ。

≪メイク用品は部分別に使い分ける≫
テカリが気になるからといって、皮脂を抑制する下地やファンデーションを使いがち。
けれど、それを顔全体に使ってしまうと、乾燥しやすい部分はさらにカラカラに……。
たとえその下にクリームを塗っていたとしても、皮脂を吸収するパウダーなどの影響で乾燥してしまうのです!
テカリ防止効果のあるメイク用品はTゾーンのみに使用し、Uゾーンは高保湿のものを使うのがベター♪

≪あぶらとり紙を使い過ぎない≫
顔のテカリをサッと取り除いてくれるあぶらとり紙ですが、使い過ぎると乾燥を促してしまいます。
あぶらとり紙は油分を吸収する力が強い分、皮脂を取り過ぎて冷房に弱い肌を作ってしまうのです。
しまうと、乾燥が始まり再び皮脂が分泌されることになります。

1日1回程度なら問題ありませんが、何度も頻繁に使うのはNG!
頻繁にメイク直しをする場合は、あぶらとり紙ではなくティッシュを使うように♪
ティッシュなら適度に皮脂を取り除いてくれるのでおすすめですよ。

≪日焼け止めの種類に注意する≫
紫外線が強い夏場は日焼け止めが必須!
でも、紫外線吸収剤配合の日焼け止めは肌を乾燥させやすくするため、冷房対策にはNGなのです。
乾燥を防ぐためには、紫外線吸収剤が使われていない「ノンケミカル」の日焼け止めを使うことが大切♪
どれか分からない時は「敏感肌用」、「赤ちゃんにも使える」と表記されているものを選ぶと良いですよ!

≪水分補給を忘れずに≫
肌の乾燥状態には、口から摂取する水分も大きく関係しています。
体の中が水分不足になると、代謝も落ちて肌が乾燥しやすい状態に……。
そのため、動かない時でも、汗をかかない時でもこまめに水分を補給するようにしましょう。
ただし冷たい水だと胃腸に負担をかけるため、常温の水が◎

肌の乾燥は冬だけでなく、一年中起こりやすい症状のひとつ。
本格的な秋を迎えるころまでに肌の調子を整えておくと、その後の乾燥する季節も乗り越えやすくなりますよ♪

睡眠不足が毛穴の開きを招く!? 効果的な改善方法とは

睡眠不足が毛穴の開きを招く!? 効果的な改善方法とは

毛穴の開きが気になる人は、普段の睡眠習慣を見直す必要があります。
実は睡眠が不足していると、毛穴の開きを悪化させてしまうのです!
その理由と、毛穴の開きを改善する生活習慣やスキンケア方法をご紹介します♪

睡眠不足が毛穴の開きを招く3つの理由

≪肌の新陳代謝が低下するため≫
肌の生まれ変わりを促す成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されています。
そのため、睡眠不足になれば成長ホルモンが減少し、肌の新陳代謝が低下することに。
結果的にターンオーバーが乱れることで肌質が悪くなり、毛穴が開いてしまうのです!

≪皮脂の量が増えるため≫
睡眠が不足するとホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンが優位な状態になります。
男性ホルモンは皮脂の分泌量を増やす
ため、皮脂が排出される毛穴も広がってしまいます!

≪肌がたるむため≫
上でお伝えした通り、睡眠不足は新陳代謝の低下とホルモンバランスの乱れを招きます。
これらの要因は肌を老化させ、たるみを生み出します。
肌がたるむことで毛穴が引っ張られ、ぽっかりと開いた状態になってしまうのです!

毛穴の開きを改善する方法

睡眠不足が毛穴の開きを招く!? 効果的な改善方法とは

≪質の良い睡眠をとる≫
睡眠不足はお肌の大敵ですから、やはり日頃から十分に睡眠をとることが第一!
しかし、ただたくさん寝れば良いというわけではありません。
肌や毛穴のためには、成長ホルモンが活発化する”午後10時~午前2時”の間に深く眠っておくことが大切なのです。
できれば日付が変わる前には就寝し、午前6~7時に起きるような規則正しい生活を心がけましょう。

≪ストレスを避ける≫
ストレスもまた、ホルモンバランスの乱れを招く原因になります。
普段からストレスを避けた生活を心がけ、イライラや鬱憤を溜めてしまった時は運動や趣味などで発散させるようにしましょう。
適度な運動は成長ホルモンを活発化させるため、美肌づくりにも最適ですよ。

≪脂っぽい食事は控えめに≫
脂っぽい食事を続けていると皮脂の量が増えて、毛穴も広がってしまいます。
特にバターやマーガリン、肉類の脂肪は肌質を悪化させるので摂り過ぎには注意しましょう。

≪保湿+ビタミンC誘導体でのスキンケア≫
毛穴の開きをスキンケアで改善していくためには、まず肌の保湿を行うことが大切です。
保湿をすることで肌が内側からふっくらと盛り上がり、毛穴を目立たなくさせることができます。
そのためには「セラミド」や「ヒアルロン酸」などが配合された、保湿効果の高い化粧品を使いましょう。
それにプラスして、毛穴を引き締める効果のある「ビタミンC誘導体」配合のコスメを使うとさらに効果的!

睡眠は何よりの美容液。
上質な眠りをしっかりと摂って、毛穴レスなお肌をキープしてくださいね♪

汗をかくと美肌になる!?正しい汗のかき方とケア方法

汗をかくと美肌になる!?正しい汗のかき方とケア方法

汗をかくとニキビができると思われがちですが、汗のかき方や前後のケア方法を間違えなければ改善を促すこともできます。
どのような汗のかき方がニキビを予防するのか、正しいケア方法と共に詳しくご紹介します♪

汗には「良い汗」と「悪い汗」がある?

無色透明の汗ですが、実は大きく分けて2つに分類できます。
それは「サラサラとした良い汗」と「ドロドロとした悪い汗」です。

サラサラとした良い汗は塩分があまり含まれておらず、ほとんどが水分でできています。
そのため肌の水分量を上げて乾燥を防ぎ、ニキビも防いでくれます。
それに対してドロドロとした悪い汗は塩分や老廃物を含んでいて、肌荒れやニキビを招いてしまいます。
つまり肌をキレイにするためには、サラサラとした良い汗をかく必要があるのです!

肌をキレイにする汗のかき方とは

では、どうしたら良い汗をかけるのでしょうか?
そのヒントは汗を排出させる『汗腺』にあります。
日頃から運動不足などで汗をかかないでいると、汗腺が衰えて汗が排出されにくくなり、悪い汗が出るようになってしまいます。
つまり良い汗をかくためには、汗をたくさん排出させて汗腺を鍛えておくことが大切♪

だからと言って、常に汗をかいている必要はありません。
以下のような方法で一時的にたくさんの汗を排出し、日頃から良い汗を出せる体質を作っておきましょう♪

≪有酸素運動≫
有酸素運動は代謝を促進し、良い汗をかく手助けになってくれます。
体内のエネルギーを使うことで肌の新陳代謝もアップし、肌荒れやニキビの予防にもつながります。
ウォーキングや軽めのジョギングなど、続けやすいものを20~30分、週に2~3回実践するようにしましょう!

≪半身浴≫
運動が苦手な人には半身浴がおすすめ!
38℃ぐらいのゆるめのお湯に20~30分浸かって、じわじわ汗を排出させましょう。
老廃物を排出しながら大量の汗をかくことで汗腺が鍛えられて、サラサラとした良い汗をかけるようになりますよ。

ニキビや肌荒れを防ぐ、汗をかく前後のケア方法

ニキビや肌荒れを防ぐ、汗をかく前後のケア方法

≪汗をかく前後……水分補給をする≫
運動前後、入浴前後は必ず水分補給を行いましょう。
水分をあらかじめ飲んでおくことで代謝がアップしますし、汗をかいた後に飲むことで疲労回復・水分不足解消効果をもたらしますよ。
これを忘れると良い汗をかけないうえに体調不良も招いてしまうので、十分に注意してくださいね!

≪汗をかいた後……汗を洗い流す≫
たとえ良い汗であっても、汗をかいた後に放置していると雑菌が繁殖して肌が荒れてしまいます。
汗をかいた後は必ずシャワーを浴びて、汗を洗い流すことが大切です。
運動後に急いで洗い流せない場合は、清潔なタオルで汗を吸い取っておきましょう!

いかがでしたか?
正しい方法でしっかりと汗をかいて、ツヤツヤ美肌を手に入れましょう♪

肌トラブルを防止! 皮脂を落とし過ぎない洗顔のポイント

肌トラブルを防止! 皮脂を落とし過ぎない洗顔のポイント

汗をかきやすいこの時期、ベタベタしているのが嫌……と、ついつい顔を洗い過ぎていませんか?
しかし、行き過ぎた洗顔で皮脂を落とし過ぎると、かえって肌に負担をかけてしまうことも!?
皮脂を落とし過ぎることで、一体どんな肌トラブルを招いてしまうのでしょうか?
肌に優しい洗顔方法と一緒に詳しく探ってみましょう!

皮脂を落とし過ぎると肌はどうなる?

実は適度な皮脂には、肌のバリア機能を保ち、外部の刺激から守る役割があります!
また、肌の水分が蒸発するのを防いで、乾燥を予防する働きも。
つまり、皮脂を洗顔で落とし過ぎてしまうと肌のバリア機能が低下し、乾燥しやすい肌になってしまう可能性があるのです……!
肌の乾燥でキメが乱れて肌が硬くなったり、細かなシワができてしまったりと、皮脂の落とし過ぎが招く肌トラブルはさまざま。
さらに、皮脂を落とし過ぎることで、逆に皮脂の過剰な分泌を招いてしまう可能性も!

だからと言って、一切顔を洗わずに皮脂を放置してしまうのもNGです。
いくら肌を守ると働きがあるとはいえ、長時間放っておくと肌の上で酸化して、黒ずみや吹き出物などの原因に変化してしまうのです!
肌の皮脂は適度に落とし、適度に残すことが大切なのですね♪

では、皮脂を落とし過ぎなない、肌の潤いを守る洗顔方法を見ていきましょう!

皮脂を落とし過ぎない洗顔のポイント

適度な皮脂を残しつつ顔を洗うためのポイントは、以下の4つです!

1. 洗顔の回数は1日2回まで
顔がベタつくからと言って、洗顔回数を増やしてしまえば皮脂を落とし過ぎることに。
洗顔料を使っての洗顔は、1日2回までに留めましょう!
もし乾燥肌でお悩みなら、朝はぬるま湯だけの洗顔でもOKですよ♪

2. 肌をこすり過ぎない
洗顔やクレンジングの際に肌をこすり過ぎると、皮脂を落とし過ぎるだけではなく、必要な角質まで剥がしてしまいます!
皮脂を適度に残すため、またバリア機能を正常に保つために、肌はこすり過ぎずに優しく扱うように心がけましょう。
洗顔中は泡をクッションにして肌に直に触れないこと、クレンジング中は何度も肌を往復してこすらないのがポイントです!

3. 洗顔料・クレンジング料は適量を
顔をすっきり洗いあげたいから……と、洗顔料やクレンジング料を一度にたくさん使っていませんか?
しかし、適量を守らないと、洗浄力が高くなり過ぎて皮脂が全て洗い流されてしまうことに……。
洗顔料やクレンジング料はパッケージを確認し、適量を守って使用するようにしましょう!

4. 洗顔はTゾーンを重点的に
皮脂が多い部分と言えば、Tゾーンですよね!
そのため洗顔時は、Tゾーンを重点的に洗うことを心がけましょう♪
洗顔料で作った泡を肌の上に転がすように、指先をクルクルと動かすと効果的です。
なお、皮脂の分泌の少ないUゾーンは適度に皮脂を残すために、洗顔料の泡でサッと撫でる程度にしておきましょう。
洗う順番も、Tゾーン→Uゾーンの順にしておくと安心ですよ♪

肌トラブルを防止! 皮脂を落とし過ぎない洗顔のポイント

いかがでしたか?
洗顔のあとはしっかりと保湿をすることも、肌の乾燥や皮脂の過剰な分泌を防ぐポイントです!
ポイントを押さえた洗顔で適度な皮脂量を保ち、しっかりと肌を守ってあげてくださいね♪

若白髪が生える原因って? 覚えておきたい若白髪対策方法

若白髪が生える原因って? 覚えておきたい若白髪対策方法

まだそんな年齢でもないのに、白髪が増えてきた……!? なんて悩みを抱えている方はいませんか?
若白髪は見た目年齢を急激に引き上げてしまうため、できるだけ増やしたくないもの!
そこで今回は、若白髪が生える原因や、若々しい黒髪をキープするための白髪対策をご紹介します♪

若白髪が生える原因

若白髪が生える主な原因は、以下の4つだと言われています。

■ストレス
ストレスは自律神経を乱れさせ、体の血行を悪くさせる原因に!
それによって頭皮に血液が行き渡らなくなり、健康な黒髪が生えなくなってしまうのです。

■急激なダイエット
急激なダイエットをすると栄養不足になり、髪を黒くするためのミネラルも不足してしまいます!
また、ダイエットのための無理な運動はストレスとなるため、白髪の原因になる可能性も……。

■体の冷え
体が冷えると全身の血液循環が悪くなってしまうため、栄養が滞って白髪が生えやすくなります!
季節を問わず冷えやすい環境にいる人、またもともと冷え性の人は要注意。

■疾患
上記の原因に心当たりのない人は、「甲状腺機能低下症」や「成長ホルモン分泌不全症」などといった病気が原因となって白髪を招いている可能性も……。
体に不調が見られた場合は早めに病院へ行き、診察を受けるようにしてくださいね!

若白髪を増やさない対策方法

若白髪が生えてしまったら、まずは普段の生活を振り返って思い当たる原因を探すことです。
まずは、以下の4つのポイントを意識して対策を行っていきましょう!

≪食生活の改善≫
私たちの髪は、毎日の食事を原料として生え変わっています。
ですから、バランスの良い食事で栄養をしっかり摂ることを心がけましょう♪
なお、白髪対策にオススメの栄養素と食材は下記のとおり。
下記の食材を取り入れつつ、さまざまな食材を適量ずつ食べることが大切です。

・タンパク質…魚、肉、卵、納豆など
・チロシン…チーズ、大豆など
・ビタミンB12…貝類、魚など
・亜鉛…牡蠣、豚レバー、卵など
・銅…ココア、アーモンド、クルミなど
・ビオチン…あさり、ししゃも、青のりなど

≪良質な睡眠≫
睡眠時に分泌される成長ホルモンは、健康な黒い髪の成長に欠かせません♪
健康な髪の成長を促す良質な睡眠をとるためには、ただ睡眠時間を増やすだけでなく、成長ホルモンが活発になる午後10時~午前2時の間に深い眠りにつくことが大切なのですよ!

≪体を温める≫
入浴や適度な運動などで体を温めると、新陳代謝が活発になり、髪の成長が促進されます!
どちらも体の冷えやストレスを軽減する効果があるため、白髪防止には最適です♪

≪ストレスを避ける≫
白髪の原因となるストレスは、できるだけ避けて生活することが第一!
どうしてもストレスが溜まってしまったときは、人と会話をしたり、好きなことに没頭したりして、気持ちを軽くするように心がけましょう♪

若白髪が生える原因って? 覚えておきたい若白髪対策方法

若白髪の原因と、改善のための対策方法をご紹介いたしました!
健康な髪で若々しさを保つために、今回ご紹介した対策をぜひ行ってみてくださいね。